土屋太鳳&土屋神葉、姉弟揃って登壇 関係性語る「好きですね~」

女優の土屋太鳳が23日、都内で行われた映画『バンブルビー』(公開中)の公開記念舞台挨拶にて、実弟で声優の土屋神葉(しんば)らと登壇した。
土屋太鳳、土屋神葉(C)モデルプレス
土屋太鳳、土屋神葉(C)モデルプレス
“地球外生命体”バンブルビーが地球に来て最初に出会った少女・チャーリー(太鳳)、チャーリーが密かに思いを寄せる同級生・トリップ(神葉)の吹き替えで共演を果たした姉弟。先日行われたジャパンプレミアでは、太鳳がチャーリーと自身の共通点について「『美味しいご飯あげるから、ちょっとこれやってくれない?』というように、弟を利用するところは、ちょっと似ているなって思います」と発言していた。

そこで、今回の舞台挨拶では、神葉が「実際のところどうですか?」と質問され、「こちらとしては、結構切羽詰まっているところで『美味しいもの食べたいな』っていう時に、姉に『お肉食べない?』って美味しいところに連れて行ってもらってるので、持ちつ持たれつですね」と姉弟の関係性を紹介。司会者が「仲良しということで…」と次の話に移ろうとしてところ、太鳳は「好きですね~」としみじみ声を漏らしていた。

フォトギャラリー


土屋太鳳(左)、土屋神葉(右)、姉弟の会話を一歩引いて見守る木村良平(中央)/(C)モデルプレス
土屋太鳳(左)、土屋神葉(右)、姉弟の会話を一歩引いて見守る木村良平(中央)/(C)モデルプレス

土屋神葉、役作りを語る

また、神葉は役作りについて「トリップは、チャーリーに好意を寄せられていることは意識の外にあったので、トリップが持っているノリの良さを出せたらなと思ってやりました」と紹介。「難しくなかったですか?」との問いかけには、「自分はああいったタイプではないので、グルーブ感というか、海外の感じを頑張って表現したつもりです」と語った。

一方、太鳳は主要声優陣揃っての舞台挨拶に「みなさんの作品を観させて頂いて、感動を頂いてきたので嬉しいです」と歓喜。特に初めて声の仕事をしたときにも共演した悠木碧に一際強い思いがあり、「舞台とか映像とかで悩んでいるときも悠木さんの作品を観て乗り越えてきましたし、今回チャーリーの声で悩んだときも悠木さんの声を聞いて、『こういう風にしたほうがいいのかなとか感じることが多くて嬉しい」と喜ぶと、悠木は「よせやい」と照れていた。

土屋太鳳、バンブルビー (C)モデルプレス
土屋太鳳、バンブルビー (C)モデルプレス

土屋太鳳がバンブルビーと再現

なお、舞台挨拶には、志尊淳、木村良平、濱野大輝も登壇。“劇中では言葉を発しないバンブルビーが、もし話せたら…”というスペシャルバージョンで、土屋演じるチャーリーとバンブルビー(木村によるアテレコ)でワンシーンを再現した。(modelpress編集部)

(左から)濱野大輝、悠木碧、志尊淳、土屋太鳳、木村良平、土屋神葉(C)モデルプレス
(左から)濱野大輝、悠木碧、志尊淳、土屋太鳳、木村良平、土屋神葉(C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 土屋太鳳&土屋神葉、姉弟揃って登壇 関係性語る「好きですね~」
今読んだ記事

土屋太鳳&土屋神葉、姉弟揃って登壇 関係性語る「好きですね…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事