ベッキー、色気ある“ママ”役に「脚立に登っても追いつかないくらい」斎藤工主演映画、追加キャスト発表<麻雀放浪記2020>

【ベッキー/モデルプレス=11月20日】俳優の斎藤工が主演をつとめる映画『麻雀放浪記2020』(2019年4月5日公開)にベッキーらが出演することが決定。さらに劇中姿が解禁された。
竹中直人、もも、斎藤工、ベッキー(提供写真)
竹中直人、もも、斎藤工、ベッキー(提供写真)
今作は不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也氏の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」を和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演する。また、“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌氏が監督を務める。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、今作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む。

もも、竹中直人、ベッキー出演決定

この度、キャスト第2弾が、劇中姿で解禁された。2020年、新たな「戦後」、東京オリンピックが中止の“未来”。主人公・坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子を、姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のヴォーカル・ももが務める。原作では強運の持ち主の娼婦だったドテ子を、地下アイドルとして現代風にアレンジ。堂々とした立ち振る舞いで、キュートに、大胆に演じる。

ももは「お話をいただいたときの感情は、あまりにも話が唐突で大きすぎて、とにかくビックリ、それだけでした。これだけ大きな映画出演のお話をいただいたのは初めてだったので」とオファーがきたときの驚きの心境を明かした。

また、その地下アイドルたちを抱える芸能プロダクションの社長で、ドテ子の部屋に転がり混むクソ丸を竹中直人が演じる。そして、原作では加賀まりこが演じた、坊や哲がいた元の時代で哲に麻雀を教えたアパートの大家であり、麻雀クラブ「オックスクラブ」のママでもある・ゆきにはベッキーが扮し、初めての麻雀にも関わらず見事な牌さばきを披露する。

ベッキーは「背伸びしても、いや、脚立に登っても追いつかないくらい色気のある、オトナな女性。試行錯誤しながら、演じさせていただきました」と役柄を説明。さらに斎藤について「私が麻雀の技を披露するシーンの撮影で何度失敗しても、優しくしてくださいました。優しい方です」と紹介した。(modelpress編集部)

もも(ドテ子役)コメント

「映画の出演オファーが来ている」え、私に?お話をいただいたときの感情は、あまりにも話が唐突で大きすぎて、とにかくビックリ、それだけでした。これだけ大きな映画出演のお話をいただいたのは初めてだったので、とにかく参加する以上は自分が足を引っ張る訳にはいかない、どんなにしばかれてもしがみついて乗り越えてみせる!と撮影初日から気合いをいれて撮影に臨みました。

ぶっ飛んだ設定とキャラクターに最初は少し驚きましたが、演じた“ドテ子”というキャラクターに親近感や共感を覚えながら、次第に白石監督のリクエストに応えることにものすごくやり甲斐を感じられるようになって、緊張はいつの間にか消えていました。

主演の斎藤工さんはじめ、共演者のみなさま、白石組のみなさまに支えらながら成長した“ドテ子”と“もも”を観ていただけると嬉しいです。

ベッキー(八代ゆき役)コメント

今回、『麻雀放浪記2020』のお話を頂いた時、すごく嬉しかったです。しかしオリジナル作品を観れば観るほど、役を頂いたことの責任の大きさを感じました。私が演じたクラブオックスのママは、背伸びしても、いや、脚立に登っても追いつかないくらい色気のある、オトナな女性。試行錯誤しながら、演じさせていただきました。

斎藤工さんは、“映画を心から愛している方”という印象があったので、今回映画でご一緒できて本当にうれしかったです。私が麻雀の技を披露するシーンの撮影で何度失敗しても、優しくしてくださいました。優しい方です。白石監督は、周りを緊張させない明るさと元気さがあり、会った瞬間に『あ!これは撮影楽しくなるかも!』と思わせてくださる方でした。笑えるシーンも、シリアスなシーンも、明るい雰囲気で撮影が進んでいったのが印象的です。多くの方に映画を楽しんで頂けますように。

竹中直人(クソ丸役)コメント

クソ丸という強烈なキャラクターを演じてみて、まだまだやり足りない感じです。もっともっとクソになりたかったな…と思っています。共演のたくみ(斎藤工)くん、ももちゃんをもっと地獄に突き落としたかったです。でもね…いっしょうけんめいやりました。

たくみくんとは久しぶりの共演でとても嬉しかったです。そして楽しかった…。たくみくんの見せるあの柔らかな表情とチャーミングなお芝居にしびれながらも、たくみよ!地獄に堕ちろ!と強く念じながら現場を過ごす事が出来たのはまさにたくみくんの存在があったからこそです。再びたくみくんと共演出来る日が 来ることを深く願っています。

そして、初めての白石組に参加する事が出来てかなり嬉しかったですね。白石監督の眼差しはとてもシャープで揺るぎない。かっこいい監督でした。 無駄のない演出エネルギーに満ち溢れた監督ですね。どんどん巨匠になってしまうのかな…やんなっちゃうな…。いつも監督に嫌われないようにといっしょうけんめいやりました。ぼくのクソ芝居にフッと笑ってくれている監督の表情にホッとしたりしていました。また是非次回作も呼んでくれたら良いな…って思っています。

白石和彌監督コメント

【もも(ドテ子)】
チャラン・ポ・ランタンのももさんを最初に見た時、彼女が持っているエネルギーに圧倒されました。これはいつかご一緒したいと思い、今回ヒロインのドテ子をお願いしました。最初にお会いした時「歌を歌ってなかったら、私はドテ子です」と彼女は言いました。この台詞がいかにヤバくて、チャラン・ポ・ランタンのももがどれだけイカれてるか、映画を見たらわかってくれると思います。

【ベッキー(八代ゆき)】
ベッキーはプロになるつもり?という勢いで麻雀を練習してくれました。昭和の女・八代ゆきの妖艶さを高いクオリティで演じてくれています。この映画をまさかの舞台に連れて行ってくれるのは間違いなくベッキーの存在あってのことです。

【竹中直人(クソ丸)】
竹中さんは僕が映画の世界を志した時のアイドルでした。10代の頃、竹中さんの出演作品をVHSテープに録画しては擦り切れるまで繰り返し見ていました。クソ丸という最高の役名で竹中さんにお願い出来たことを嬉しく思っています。ただただ下品でクソな役を喜んで演じて下さいました。

ストーリー

主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!?1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ベッキー、色気ある“ママ”役に「脚立に登っても追いつかないくらい」斎藤工主演映画、追加キャスト発表<麻雀放浪記2020>
今読んだ記事

ベッキー、色気ある“ママ”役に「脚立に登っても追いつかないく…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事