欅坂46平手友梨奈が殴る、蹴る、折る?映画「響 -HIBIKI-」新キャストも発表

【平手友梨奈・響/モデルプレス=7月14日】欅坂46平手友梨奈が主演を務める映画「響 -HIBIKI-」(9月14日公開)の予告映像、メインビジュアルが14日に公開。新キャストも発表された。
映画「響 -HIBIKI-」(9月14日公開)メインビジュアル (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会(C)柳本光晴/小学館
映画「響 -HIBIKI-」(9月14日公開)メインビジュアル (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会(C)柳本光晴/小学館
予告映像には、平手演じる主人公・鮎喰響が、不良の指を平気で折り、文芸部の先輩に平手打ちをお見舞いし、さらには芥川賞作家に蹴りを入れる姿。「私は、曲げない」というメインコピーさながらに、自分の信念を絶対に曲げず、大人たちや世間の曲がったルール、常識をぶち壊していく“天才だけどヤバい”響を平手が熱演している。

また、メインビジュアルには、本に囲まれ鋭い視線を送る響(平手)。アヤカ・ウィルソンや北川景子、小栗旬をはじめとする共演陣の姿も描かれている。


平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」

累計部数160万部を突破し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した柳本光晴氏の「響~小説家になる方法~」が原作。出版不況の文学界に現れた、自分の信念に正直で破天荒な女子高生小説家・鮎喰響の圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯。

響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみを北川、響が入部した文芸部の部長・祖父江凛夏をアヤカが演じ、ほか小栗ら豪華俳優陣が脇を固める。

吉田栄作&北村有起哉も出演

吉田栄作 (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会(C)柳本光晴/小学館
吉田栄作 (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会(C)柳本光晴/小学館
そして、予告映像・メインビジュアルの公開とともに、吉田栄作と北村有起哉の出演も発表。

吉田が演じるのは凛夏の父で世界的に絶大な人気を誇る大物小説家・祖父江秋人役。絶対的なオーラを醸しながら、自らと同じ道を歩もうとする娘を優しく見守る。

北村有起哉 (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会(C)柳本光晴/小学館
北村有起哉 (C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会(C)柳本光晴/小学館
一方、北村は響が応募した新人賞の選考委員も務める芥川賞作家・鬼島仁役。響に蹴りを食らわされながらも、彼女の才能を認めていく役どころとなる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 欅坂46平手友梨奈が殴る、蹴る、折る?映画「響 -HIBIKI-」新キャストも発表
今読んだ記事

欅坂46平手友梨奈が殴る、蹴る、折る?映画「響 -HIBIKI-」新キ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事