「知英がすごくキレイ」初共演の稲葉友が絶賛<私の人生なのに>

女優の知英と俳優の稲葉友が18日、都内で行われた映画『私の人生なのに』(7月14日公開)の完成披露試写会に、原桂之介監督とともに出席した。
知英、稲葉友(C)モデルプレス
知英、稲葉友(C)モデルプレス
映画の内容にちなんで「かけがえのないもの」を聞かれた原監督は「こうやって劇場に足を運んでくださるお客様」と模範解答で先手を打つと、知英は「私から答えればよかった~!」と悔しがり「自分の猫と答えるつもりだったのに…どうしよう。2匹の猫を飼っていて、そのことを答えようと思ったら監督が先に素晴らしいことを…でも癒されています」と照れ笑い。それでもすぐさま「(観客の)皆さんにも!…スイマセン、遅くなりました」と言い直すと、稲葉から「とってつけたな!」と意地悪なツッコミを受けていた。

知英(C)モデルプレス
知英(C)モデルプレス
知英(C)モデルプレス
知英(C)モデルプレス
そんな知英は、稲葉との初共演の印象を聞かれると「良かったでしょ?」といきなりの上目線で、稲葉は「めっちゃ良かった!」とあたふたするも「役のことも相談せず、他愛のない話をしていた。現場では役柄の“淳ちゃん”と呼ばれていたので、今日ここにきて敬語で話しかけられて『あれ?』となった。でも新体操をしている知英がすごくキレイ」なので、見どころです」と仲睦まじい様子を見せた。

知英「色々なことに感謝する毎日」

知英(C)モデルプレス
知英(C)モデルプレス
今作は、主人公の金城瑞穂(知英)が、オリンピック候補の新体操スター選手でありながら、不治の病で半身不随となり、絶望の中、音楽と出会うことで人生がふたたび動き出し、新たな夢に向かって歩き始めていく青春サクセスストーリー。

脊髄梗塞で下半身不随になってしまった新体操スター選手役の知英は「映画では新体操をしたり、車椅子に初めて乗ったり、しかも主題歌まで担当して、やる事ばかりの作品でした。不安やプレッシャーもあって、でも改めて感じたのは歌って素晴らしいということ。自分が出演している映画の主題歌を歌うのは初めてなので、役に成り切って歌うことができた」と手応え十分。

原桂之介監督、知英、稲葉友(C)モデルプレス
原桂之介監督、知英、稲葉友(C)モデルプレス
また「今後の夢」を聞かれると「歌手としても女優としてもこうやって作品に参加できて、体がたまたま柔らかく動くので新体操の役もできた。色々なことに感謝する毎日。そして新しい作品に出合い、新しい自分を見つけていくのが夢です」とさらなる成長を口にした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「知英がすごくキレイ」初共演の稲葉友が絶賛<私の人生なのに>
今読んだ記事

「知英がすごくキレイ」初共演の稲葉友が絶賛<私の人生なのに>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事