映画「銀魂」続編、正式タイトル&エピソード解禁 “まさかのハイブリッド作品”に

参照回数:1,095,290

【銀魂/モデルプレス=6月14日】空知英秋氏の人気漫画を小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化した『銀魂』の続編(8月17日公開)のタイトル&ストーリーが明らかになった。
「銀魂2 掟は破るためにこそある」(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
「銀魂2 掟は破るためにこそある」(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」。福田監督のもと小栗を主演に、史上最強の超豪華キャストが結集、2017年実写映画化し、ヒットを記録した。

「銀魂」続編は「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」

今回実写化されるエピソードは、「銀魂」史上最もアツい「真選組動乱篇」、そして隠れ人気キャラの“将ちゃん”が登場する、最も笑える「将軍接待篇」を融合した、まさかのハイブリッド作品に。

福田監督も「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメントした。

正式タイトル「銀魂2 掟は破るためにこそある」に決定

そして、正式タイトルは、原作の「真選組動乱篇」の中のサブタイトルを使用した、「銀魂2 掟は破るためにこそある」に決定。

原作では“掟”と書いて“ルール”と読むが、これまでの常識を覆す作品作りで大成功した実写「銀魂」は、続編でも“掟を破る”映画製作を目指しているため、今作では“掟(おきて)”と読む。これまでも掟を破ってきた原作の「銀魂」の意志を受け継ぐものとなった。

「銀魂2 掟は破るためにこそある」ストーリー

映画の物語は、前作同様かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが行く先々のバイト先でなんと天下の将軍様と遭遇する羽目に…。同じ頃、「真選組」は内紛劇により、近藤たちは「真選組」始まって以来の危機に迫られる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発する。この最大の危機に万事屋は、銀時はどう立ち向かうのかー。

敵と味方を超えた絆、超破格のスケールで繰り広げられる怒濤のアクション、そして、普段は敵対する真選組でも、腐れ縁の彼らのためにいざという時には一肌脱ぐ“真のヒーロー”坂田銀時の男気の魅力。今回も一線を超えた(!?)掟破りのパロディが随所に登場するなど、映画版ならではのオリジナリティを絶妙にミックスした内容になっている。

新キャラクターのシルエットビジュアル公開

また、気になる“新キャラクターたち”のシルエットビジュアルも今回の解禁に合わせて到着。新キャラクター5名それぞれをイメージした、個性が光るこのビジュアルは「銀魂」ファンたちの心を激しくくすぐり、爆発的な反響を呼ぶだろう。新キャラクターのキャスト情報は6月末に解禁される予定。

「銀魂」とは

街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船?!本作は宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期・かぶき町を舞台に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・主人公の坂田銀時(小栗旬)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件が描かれる、笑いあり、感動ありの物語。SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる天下無敵の痛快アクションエンターテイメントとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 映画「銀魂」続編、正式タイトル&エピソード解禁 “まさかのハイブリッド作品”に
今読んだ記事

映画「銀魂」続編、正式タイトル&エピソード解禁 “まさかのハ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事