新津ちせ(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会

「君の名は。」新海誠監督の娘・新津ちせ、映画初主演 オーディションで抜擢<駅までの道をおしえて>

2018.06.13 18:24

直木賞作家・伊集院静氏の小説「駅までの道をおしえて」を映画化することが決定。主演を映画「君の名は。」などの代表作を持つ新海誠監督の娘で子役の新津ちせ(にいつ・ちせ)が務める。

2019年秋公開予定で、今年創立120周年を迎える京急電鉄がタイアップコラボレーションすることも決定。主演には映画「3月のライオン」や、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」などで広く活躍し、話題となっている子役・新津をオーディションで抜擢した。伊集院氏にとって、実に15年ぶりとなる原作作品の映画化を彩る。

「駅までの道をおしえて」ストーリー

原作には、赤い京急電車が象徴的に登場し、物語に重要な役割を与えている。そんなエピソードを踏まえながら、京急電鉄がこの映画のストーリーやコンセプトに深く共感したことから、創立120周年を記念して、全面的な協力が実現した。

主人公・サヤカは、愛犬ルーを亡くしたことを受け入れることができず、いつまでもルーの帰りを待っている少女。そんなサヤカと、幼き息子を亡くした経験を持つ老人・フセコウタローが出会い、互いに胸に抱えた“命の喪失感”を二人の絆で温かい想い出に変えていくといったストーリーを描く。

主人公・サヤカ役のオーディションは、2017年の春に、一般公募という形で告知。各所で大きな話題を呼び、4次審査までおこなわれた。3か月間におよぶオーディションの結果、当時小学1年生だった新津がサヤカ役に決定した。新津にとって、今作が映画初主演となる。撮影は、丸1年という時間をかけて季節を追いながら、時系列でじっくり撮るという、近年の日本映画には珍しいスタイルでおこなっており、少女の成長がリアルタイムに感じられる作品となる。(modelpress編集部)

『駅までの道をおしえて』(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
『駅までの道をおしえて』(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
『駅までの道をおしえて』(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会
『駅までの道をおしえて』(C)2018映画『駅までの道をおしえて』製作委員会

新津ちせ コメント

サヤカ役を演じます、新津ちせです。 

サヤカは、元気いっぱいで、犬が大好きで、心のやさしい女の子です。わたしも、犬が大好きなので、サヤカ役に決まった時は本当にうれしかったです!

撮影中、ルーと一緒に過ごせることがとっても幸せで、毎日いろんな発見があります。

ルーと一緒にいっぱい走りまわっているので、ちょっと足がはやくなったような気がして、楽しいです。元気に、一生けんめいがんばります。
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 「新海誠展」大阪でコラボカフェ 「君の名は。」等6作品をメニュー化
    「新海誠展」大阪でコラボカフェ 「君の名は。」等6作品をメニュー化
    女子旅プレス
  2. 関西初『新海誠展』コラボカフェ展開&「君の名は。」まで15年の軌跡辿る
    関西初『新海誠展』コラボカフェ展開&「君の名は。」まで15年の軌跡辿る
    女子旅プレス
  3. 「君の名は。」新海誠監督、神木隆之介から2日連続でLINE やりとりが「可愛い」と話題
    「君の名は。」新海誠監督、神木隆之介から2日連続でLINE やりとりが「可愛い」と話題
    モデルプレス
  4. 新海誠監督「君の名は。」ハリウッド版実写化にコメント
    新海誠監督「君の名は。」ハリウッド版実写化にコメント
    モデルプレス
  5. 神木隆之介、興奮で質問ど忘れ 新海誠監督も熱い思いに感動
    神木隆之介、興奮で質問ど忘れ 新海誠監督も熱い思いに感動
    モデルプレス
  6. 「ほしのこえ」から「君の名は。」までを完全網羅 新海誠展が国立新美術館で開催
    「ほしのこえ」から「君の名は。」までを完全網羅 新海誠展が国立新美術館で開催
    女子旅プレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. キスマイ宮田俊哉、アニメ好き公言も事務所から「それで大丈夫なの?」心配された過去明かす【ブルー きみは大丈夫】
    キスマイ宮田俊哉、アニメ好き公言も事務所から「それで大丈夫なの?」心配された過去明かす【ブルー きみは大丈夫】
    モデルプレス
  2. キスマイ宮田俊哉、“師匠”と慕う大物声優と初共演に喜び「自分の目標の1つだった」【ブルー きみは大丈夫】
    キスマイ宮田俊哉、“師匠”と慕う大物声優と初共演に喜び「自分の目標の1つだった」【ブルー きみは大丈夫】
    モデルプレス
  3. キスマイ宮田俊哉、“師匠”浪川大輔との共演に感激「同じ作品に出るというのが目標の一つだったので」
    キスマイ宮田俊哉、“師匠”浪川大輔との共演に感激「同じ作品に出るというのが目標の一つだったので」
    WEBザテレビジョン
  4. 「父の日」にパパ奮闘ムービー3選 ウィル・スミス、ダスティン・ホフマン他 “父と子”感動ドラマ
    「父の日」にパパ奮闘ムービー3選 ウィル・スミス、ダスティン・ホフマン他 “父と子”感動ドラマ
    WEBザテレビジョン
  5. SixTONES松村北斗「10年くらい秘めていた」“大泉洋マニア”な夢明かす 本人驚き「それは素晴らしい」【ディア・ファミリー】
    SixTONES松村北斗「10年くらい秘めていた」“大泉洋マニア”な夢明かす 本人驚き「それは素晴らしい」【ディア・ファミリー】
    モデルプレス
  6. 大泉洋、両親とのやり取りを明かすも反省 福本莉子らの話を聞き「心が汚れてました」
    大泉洋、両親とのやり取りを明かすも反省 福本莉子らの話を聞き「心が汚れてました」
    WEBザテレビジョン
  7. 大泉洋“マニア”の松村北斗、次に叶えたい夢を告白「10年くらい秘めてた思い」
    大泉洋“マニア”の松村北斗、次に叶えたい夢を告白「10年くらい秘めてた思い」
    WEBザテレビジョン
  8. 眞栄田郷敦主演「ブルーピリオド」、迫力ある絵画練習風景のメイキング写真を公開
    眞栄田郷敦主演「ブルーピリオド」、迫力ある絵画練習風景のメイキング写真を公開
    WEBザテレビジョン
  9. 新垣結衣、早瀬憩とのW主演作の反応に感激「槙生と朝の生活が今もどこかで続いていると感じてくれてうれしい」<違国日記>
    新垣結衣、早瀬憩とのW主演作の反応に感激「槙生と朝の生活が今もどこかで続いていると感じてくれてうれしい」<違国日記>
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事