芳根京子 (C)モデルプレス

芳根京子、幼少期の「ギャン泣き」エピソード明かす<ボス・ベイビー>

2018.03.21 13:28

映画「ボス・ベイビー」(3月21日公開)の初日舞台挨拶が21日、都内にて開催され、日本語吹替版の声優を担当したムロツヨシ芳根京子乙葉石田明NON STYLE)らが登壇し、子ども時代のエピソードを明かした。


芳根京子、幼少期の大泣きエピソード明かす

芳根京子 (C)モデルプレス
芳根京子 (C)モデルプレス
芳根京子 (C)モデルプレス
芳根京子 (C)モデルプレス
トークで「どんな子どもだったのか」が話題にあがると、芳根は「お兄ちゃんのことが大好きで、小さいときにお兄ちゃんが友達の家に遊びに行くときも、ギャン泣きで、『京子も一緒に行く!』と泣いていました。お兄ちゃんは4つ離れているのですが、連れて行った方が早いと思ったのか、連れて行ってもらって、お兄ちゃんは『今日はおまけを連れてきた』と言っていました。ずっとおまけでした」と笑顔。

石田明 (C)モデルプレス
石田明 (C)モデルプレス
石田は「僕は友達もいなくて暗かったのですよ」と語り始め、「だから独特な遊び方をしていたくらいです。畳の目を数えたり、世界地図にアリを這わせてそれをずっと実況するみたいな。とてつもなく暗い子で、親が本当に心配をしていました。『よくここまで持ち直したな』というのは家族全員が言っています」と振り返った。

乙葉(C)モデルプレス
乙葉(C)モデルプレス
続く乙葉は「私も石田さんと一緒で独特な子どもだったのかなと思います」といい、「学校から帰るときに、“何回、瞬きをするのだろう”と数えたりとか」と続けた。周りの登壇者たちから「畳の目を数えるのを超えていきましたね」との声があがり、石田は「一瞬で超えるの止めてもらえますか!」とツッコミ。

乙葉は「あと、息ってどういうタイミングですればよいのだろうと悩んだり…」とも。瞬きについては「1000回、数えたら疲れてしまって」と照れ笑いを浮かべ、登壇者たちを驚かせていた。

ムロツヨシ、初体験に興奮

ムロツヨシ (C)モデルプレス
ムロツヨシ (C)モデルプレス
イベントの最後にマイクを持ったムロは「映画の主演をやると最後にお客様に向けてひと言、言うという。だって今日、初めてなのですよ。映画主演は初めてなので。このあいさつ自体が初めてなのです!」と大興奮し、「作品を背負っている人間として、堂々と立ち、落ち着きのあるスピーチ、それを私は今からやろうと思っています」とニヤリ。

芳根京子、ムロツヨシ (C)モデルプレス
芳根京子、ムロツヨシ (C)モデルプレス
共演者たちは「早くやれよ!」と突っ込んでいたが、ムロは前に進み出て「色んな問題が取りざたされる昨今でございますが……」と語り始めた。

「そういうのではない!」とさらに突っ込まれていたが、ムロは「“愛を知らない人でも、愛を知る日が来るのだ”と、そういう映画です!」と端的に映画の紹介をし、会場から大きな拍手を浴びた。

映画「ボス・ベイビー」

(左から)石田明、宮野真守、芳根京子、ムロツヨシ、乙葉、山寺宏一 (C)モデルプレス
(左から)石田明、宮野真守、芳根京子、ムロツヨシ、乙葉、山寺宏一 (C)モデルプレス
同作は、両親と3人で幸せに暮らす7歳のティムの元に弟としてやってきた“ボス・ベイビー”の活躍を描くアニメーション映画。“ボス・ベイビー”の日本語吹替版の声をムロが、ティムの日本語吹替版の声を芳根が担当する。

イベントには、ムロ、芳根、乙葉、石田のほか、宮野真守山寺宏一も出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 芳根京子&瀬戸康史のキスシーンに「胸キュンで苦しい」「蔵之介中毒」視聴者悶絶<海月姫 最終話>
    芳根京子&瀬戸康史のキスシーンに「胸キュンで苦しい」「蔵之介中毒」視聴者悶絶<海月姫 最終話>
    モデルプレス
  2. 篠原涼子VS芳根京子、“母娘バトル”実写映画化 「ラスト・シンデレラ」ぶりの共演<今日も嫌がらせ弁当>
    篠原涼子VS芳根京子、“母娘バトル”実写映画化 「ラスト・シンデレラ」ぶりの共演<今日も嫌がらせ弁当>
    モデルプレス
  3. 芳根京子、涙の「海月姫」クランクアップ 瀬戸康史「月海の笑顔に救われていました」
    芳根京子、涙の「海月姫」クランクアップ 瀬戸康史「月海の笑顔に救われていました」
    モデルプレス
  4. 「海月姫」月海(芳根京子)に電撃プロポーズ 蔵之介(瀬戸康史)の“恋人宣言”にも落ちる女子続出<第9話>
    「海月姫」月海(芳根京子)に電撃プロポーズ 蔵之介(瀬戸康史)の“恋人宣言”にも落ちる女子続出<第9話>
    モデルプレス
  5. 芳根京子「パンダになりたくて…」“幼少期の夢”に妻夫木聡が驚き「トークの振り幅がすごい」
    芳根京子「パンダになりたくて…」“幼少期の夢”に妻夫木聡が驚き「トークの振り幅がすごい」
    モデルプレス
  6. 芳根京子、挫折を乗り越える方法とは<ボス・ベイビー>
    芳根京子、挫折を乗り越える方法とは<ボス・ベイビー>
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. <機動戦士ガンダムSEED FREEDOM>ラクスのパイロットスーツ姿など迫力満点の場面写真が解禁
    <機動戦士ガンダムSEED FREEDOM>ラクスのパイロットスーツ姿など迫力満点の場面写真が解禁
    WEBザテレビジョン
  2. Sexy Zone中島健人が語る「アカデミー賞」の魅力「永遠に忘れられない瞬間」とは
    Sexy Zone中島健人が語る「アカデミー賞」の魅力「永遠に忘れられない瞬間」とは
    モデルプレス
  3. Snow Man佐久間大介、内田英治監督にラブコール 続編を望む声に「豪華クルーズ船で」と提案も<マッチング>
    Snow Man佐久間大介、内田英治監督にラブコール 続編を望む声に「豪華クルーズ船で」と提案も<マッチング>
    WEBザテレビジョン
  4. 土屋太鳳、育児との両立の多忙な日々明かす「時間が早すぎ」<マッチング>
    土屋太鳳、育児との両立の多忙な日々明かす「時間が早すぎ」<マッチング>
    モデルプレス
  5. Snow Man佐久間大介、初日舞台挨拶は“吐夢”風スタイルで登場「顔がたまに吐夢ったりする」<マッチング>
    Snow Man佐久間大介、初日舞台挨拶は“吐夢”風スタイルで登場「顔がたまに吐夢ったりする」<マッチング>
    モデルプレス
  6. Snow Man佐久間大介、スタッフと間違えて“知らないおじさん”とご飯「気さくな人だったので」<マッチング>
    Snow Man佐久間大介、スタッフと間違えて“知らないおじさん”とご飯「気さくな人だったので」<マッチング>
    モデルプレス
  7. 土屋太鳳「マッチング」撮影中のハプニング語る “邪悪な一面”も発覚?
    土屋太鳳「マッチング」撮影中のハプニング語る “邪悪な一面”も発覚?
    モデルプレス
  8. 佐久間大介、Snow Manを巻き込んだ“狂気のストーカー”役作り秘話 メンバーからの感想も明かす
    佐久間大介、Snow Manを巻き込んだ“狂気のストーカー”役作り秘話 メンバーからの感想も明かす
    モデルプレス
  9. 山崎賢人・吉沢亮・大沢たかおら一挙集結「キングダム 大将軍の帰還」ティザービジュアル&特報公開
    山崎賢人・吉沢亮・大沢たかおら一挙集結「キングダム 大将軍の帰還」ティザービジュアル&特報公開
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事