吉沢亮、女子の“顔を舐める” 意を決した瞬間明かす<トモダチゲーム>

俳優の吉沢亮が2日、都内で行われた映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」の初日舞台挨拶に共演する内田理央山田裕貴大倉士門、根本凪、上野優華、浦上晟周久保田悠来、メガホンをとった永江二郎監督とともに登壇した。
共演女優の顔を舐めたことを謝罪した吉沢亮(C)モデルプレス
共演女優の顔を舐めたことを謝罪した吉沢亮(C)モデルプレス

吉沢亮、お気に入りのシーンは?

吉沢亮(C)モデルプレス
吉沢亮(C)モデルプレス
吉沢亮(C)モデルプレス
吉沢亮(C)モデルプレス
初日に多くの観客が駆けつけたことについて、吉沢は「すごく嬉しいですね。撮影期間はドラマ版も劇場版の1もFINALも一緒に撮ったんですけど、やっぱり話の流れとしてそれ全部で1つの作品なので、それぞれの素の顔がどんどん明らかになって、友情とは何ぞやみたいな『トモダチゲーム』のテーマをそのまま描いているFINALです。僕らも自信があるし、本当に早く見てもらいたいという気持ちが強かったので、ついにこの日が来たかという感じですね」と声を弾ませた。

吉沢亮(C)モデルプレス
吉沢亮(C)モデルプレス
さらに、お気に入りのシーンを尋ねられると、吉沢は「僕のお気に入りのシーンは…シルクロードさんをボッコボコにするシーンはお気に入りですね」と打ち明けて笑いを誘い、「1番楽しかったですし、基本的にゲスいんですけど、(そのシーンが)ゲスい部分がMAX」とコメント。

吉沢亮に顔をなめられた上野優華(C)モデルプレス
吉沢亮に顔をなめられた上野優華(C)モデルプレス
続けて吉沢は、「(上野演じる)マリアちゃんの顔を舐めるシーンがあるじゃないですか。あれ、すいませんね、本当に」と謝罪。「1回、僕が本当に舐めるのか、ビビッて監督に相談したんですけど、そうしたら彼女(上野)が『あっ、そうなんですか。分かりました』ってサラッと受け入れている感じが“負けた…”って思って、『監督、舐めましょう』って意を決しました」と明かした。

大倉士門、上野優華、久保田悠来(C)モデルプレス
大倉士門、上野優華、久保田悠来(C)モデルプレス
監督も舐めさせるか悩んでいたそうだが、「段取りのときに上野さんが、舐められずに寂しそうにしていたから、『舐めよう!』ってした」と話すと、上野は「違う、違う!そんな変態じゃない」と全力で否定し、会場の笑いを誘った。

山田裕貴、吉沢亮への思いを明かす

山田裕貴(C)モデルプレス
山田裕貴(C)モデルプレス
最後に、締めのコメントを求められると、山田は「僕がこの作品に関わって1番熱く燃えたのが、この作品が企画の段階のときに、吉沢亮君から『美笠天智は山田裕貴君でお願いしたいんですけど』という話をいただいて、かなり燃え上がりました」と撮影秘話を告白。

山田裕貴、吉沢亮(C)モデルプレス
山田裕貴、吉沢亮(C)モデルプレス
「同じ俳優に、やってほしいって言われるのは光栄なことですし、それがこの作品に携わらせてもらって、お芝居を超えたところで友だちとして仲良くなれたし、亮を支えられてよかったなと思っています」と感慨深げに語った。

映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」

永江二郎監督、浦上晟周、根本凪、山田裕貴、吉沢亮、内田理央、大倉士門、上野優華、久保田悠来(C)モデルプレス
永江二郎監督、浦上晟周、根本凪、山田裕貴、吉沢亮、内田理央、大倉士門、上野優華、久保田悠来(C)モデルプレス
同作は、『別冊少年マガジン』にて連載される原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生の同名人気漫画をドラマ、映画2作の全3部作で実写化。主人公の高校生・片切友一(吉沢)が仲の良い友達とともに多額の借金がかかった“究極の心理戦”に巻き込まれるさまを描くストーリーで、シリーズ完結編となる今作は友一自ら最も過酷な最終ゲーム「友情かくれんぼ」にコマを進め、男子高校生5人組と対戦する。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉沢亮、女子の“顔を舐める” 意を決した瞬間明かす<トモダチゲーム>
今読んだ記事

吉沢亮、女子の“顔を舐める” 意を決した瞬間明かす<トモダチゲ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事