上白石萌音 (C)モデルプレス

上白石萌音が感激「私には大きすぎる」

2017.04.13 23:36

13日、都内にて「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式が行われ、女優の上白石萌音らが出席した。

上白石は、映画「溺れるナイフ」、映画「ちはやふる-上の句-」、映画「ちはやふる-下の句-」での演技が評価され、新進女優賞を受賞した。

上白石萌音「とても感激しております」

花束プレゼンターとして登壇した映画「ちはやふる」の小泉徳宏監督は、「オーディションの最後の最後に制服姿で小汗をかきながら駆け込んできて、一生懸命演じてくださって、出会ってしまったなって、最後にビシッと決まりました」と上白石との出会いを回顧。歌手としての活躍にも触れ、「正直ここまで跳ねるとは思っていなかったんですけど、これからも期待しています」と吐露して笑いを誘った。

その後、受賞した感想を聞かれた上白石は、「小泉監督に私には大きすぎる言葉をいただき、とても感激しております」と目を輝かせ、「今回、『ちはやふる』と『溺れるナイフ』という2作品で、奇しくも呼び名が同じ『カナちゃん』(溺れるナイフ:松永カナ/ちはやふる:大江奏)という役で賞をいただけたことも何かのご縁に感じています」とニッコリ。「“新進”という言葉に恥じぬように、これからも誠実に役に向き合ってお芝居をしていきたいと思います」と意気込んだ。

上白石萌音、小泉徳宏監督 (C)モデルプレス
上白石萌音、小泉徳宏監督 (C)モデルプレス

成長の中で変わったこと・変わらないこと

また、第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞などを受賞した「舞妓はレディ」(2014年公開)で主演を務めた当時と現在で変わったと感じることについての質問も。

上白石は「お芝居が好きな気持ちとか向き合い方は、初心を忘れずにいたいなと思っている」と変わらぬ思いを打ち明けた上で、「出会う役によって自分のあり方みたいなものもまったく違ってきますし、出会った役に学ぶことも多いですし、私の中では毎回違う自分でいたいなという思いはあります」と語った。

(前列左より)間宮夕貴、上白石萌音、真利子哲也監督、菅田将暉、森達也監督(後列左より)大高宏雄実行委員長、小路紘史監督、佐野和宏監督、宮川朋之氏(C)モデルプレス
(前列左より)間宮夕貴、上白石萌音、真利子哲也監督、菅田将暉、森達也監督(後列左より)大高宏雄実行委員長、小路紘史監督、佐野和宏監督、宮川朋之氏(C)モデルプレス

「日本映画プロフェッショナル大賞」とは

1992年に創立された同賞は、既成の映画賞とは一線を画しつつ、高い評価を得た作品や個人を中心に、映画関係者30名による選考委員の投票および、実行委員会の独自の評価で贈賞を決定。

このほか、真利子哲也監督(作品賞/「ディストラクション・ベイビーズ」)、森達也監督(監督賞/「FAKE」)、小路紘史監督(新人監督賞/「ケンとカズ」)、菅田将暉(主演男優賞/「セトウツミ」、「溺れるナイフ」)黒木華(主演女優賞・授賞式欠席/「リップヴァンウィンクルの花嫁」)、間宮夕貴(新進女優賞/「風に濡れた女」)、佐野和宏監督(特別賞/「バッド・オンリー・ラブ」)、故 荒戸源次郎監督(特別功労賞・阪本順治監督が登壇)がそれぞれ受賞した。(modelpress編集部)

上白石萌音 (C)モデルプレス
上白石萌音 (C)モデルプレス
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 菅田将暉、初の主演男優賞受賞 見据える先は?「何を言われようと…」
    菅田将暉、初の主演男優賞受賞 見据える先は?「何を言われようと…」
    モデルプレス
  2. 上白石萌音、初挑戦で“秘密”を紹介
    上白石萌音、初挑戦で“秘密”を紹介
    モデルプレス
  3. 上白石萌音「ラ・ラ・ランド」名曲を生披露「どういう顔をして来ればいいか…」
    上白石萌音「ラ・ラ・ランド」名曲を生披露「どういう顔をして来ればいいか…」
    モデルプレス
  4. 上白石萌音、池田エライザの“美ボディ”に興味津々!「苦じゃない」スタイルキープの秘密は?<モデルプレスインタビュー後編>
    上白石萌音、池田エライザの“美ボディ”に興味津々!「苦じゃない」スタイルキープの秘密は?<モデルプレスインタビュー後編>
    モデルプレス
  5. 上白石萌音×池田エライザ“愛しい狂気”を全力表現「かなり振り切ってる」「我に返ったら負けだ」<モデルプレスインタビュー前編>
    上白石萌音×池田エライザ“愛しい狂気”を全力表現「かなり振り切ってる」「我に返ったら負けだ」<モデルプレスインタビュー前編>
    モデルプレス
  6. 神木隆之介&上白石萌音「君の名は。」反響実感 同級生との思い出明かす
    神木隆之介&上白石萌音「君の名は。」反響実感 同級生との思い出明かす
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    WEBザテレビジョン
  2. 幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  3. あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  4. エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    WEBザテレビジョン
  5. 漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  6. 齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス
  7. 「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    WEBザテレビジョン
  8. 「デデデデ」原作・浅野いにお氏が“国民的キャラクター”の中からサプライズ登場 W主演・幾田りら&あのも驚き「見せてしまっていいのか」<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    「デデデデ」原作・浅野いにお氏が“国民的キャラクター”の中からサプライズ登場 W主演・幾田りら&あのも驚き「見せてしまっていいのか」<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  9. 齋藤飛鳥「何も考えずに生きてる」と驚き発言 佐々木蔵之介「センターが何言ってんねん!」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥「何も考えずに生きてる」と驚き発言 佐々木蔵之介「センターが何言ってんねん!」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事