飯豊まりえ、“同級生”玉城ティナとの高校時代の約束明かす「号泣しました」

参照回数:211,499

【飯豊まりえ・玉城ティナ/モデルプレス=4月1日】女優でモデルの飯豊まりえが1日、都内で行われた、清水富美加とW主演を務める映画「暗黒女子」の初日舞台挨拶に、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大、耶雲哉治監督と出席した。
飯豊まりえ、“同級生”玉城ティナとの高校時代の約束明かす「号泣しました」 (C)モデルプレス
飯豊まりえ、“同級生”玉城ティナとの高校時代の約束明かす「号泣しました」 (C)モデルプレス

“同級生”飯豊&玉城の約束とは…

印象的なシーンについての話題で、玉城は「クランクアップのシーンがまりえと2人だったんですけど、ここまでやってきて最後だっていう気持ちと、役の気持ちが重なって、すごく気持ちが入りました」と飯豊との撮影を回顧。

飯豊にとってもそのシーンは特別なものとなったようで、「ティナがクランクアップのときに号泣しました」と話すと、玉城は「まりえが号泣してくれるとは思わなかったので、びっくりしました。お互い、いろいろ話していたこともあったので」と感慨深げ。

また、飯豊は「高校が一緒なんですけど、卒業式で『いつか共演したいね』って話していた」と高校時代に玉城と交わしていた約束を明かし、「その後すぐ(撮影)だったので、こんなに早く、あの時約束したことが叶ってよかったねって」と玉城と笑いあった。

清水富美加&飯豊まりえW主演 壮絶な騙し合い

映画「暗黒女子」初日舞台あいさつ(C)モデルプレス
映画「暗黒女子」初日舞台あいさつ(C)モデルプレス
同作は、秋吉理香子の同名小説が原作の同作は、セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみ(飯豊)が遂げた謎の死を巡り、彼女をとりまく文学サークルの仲間たちが繰り広げる、壮絶なダマし合いを描く。玉城は、ブルガリアからの苦労人の留学生ディアナ・デチェヴァ役を演じる。(modelpress編集部)
モデルプレス
モデルプレス - 飯豊まりえ、“同級生”玉城ティナとの高校時代の約束明かす「号泣しました」
今読んだ記事

飯豊まりえ、“同級生”玉城ティナとの高校時代の約束明かす「号…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「映画」カテゴリーの最新記事