杉咲花“お母ちゃん”と親子受賞「何度も救って頂きました」

女優の杉咲花が、「第90回キネマ旬報ベスト・テン」で助演女優賞を獲得し、5日に都内で行われた表彰式に出席した。
杉咲花 (C)モデルプレス
杉咲花 (C)モデルプレス

杉咲花「すべての出会いに感謝」

杉咲が同賞を受賞するに至った映画「湯を沸かすほどの熱い愛」からは、親子役を演じた主演の宮沢りえも「主演女優賞」を獲得。杉咲は、宮沢との親子共演を「カメラに映っていないときでも、お母ちゃんでいて下さって何度も救って頂きました」と振り返った。

役作りは撮影前から行っていたそうで、「りえさんと1日1回は必ずメールをして写真を送り合うことと、敬語を止めることと、『お母ちゃん』と呼ぶルールが事前にありました」と述懐。「すべての出会いにただ感謝しかありません。まだまだ未熟なところばかりなのですが、これからもひとつ、ひとつ丁寧に向き合って行けるように頑張ります」とさらなる活躍への意気込みを語った。

宮沢りえ、杉咲花 (C)モデルプレス
宮沢りえ、杉咲花 (C)モデルプレス

宮沢りえ「私の人生でとっても豊かなもの」

一方、“お母ちゃん”の宮沢は、スピーチ中に杉咲の方に顔を向けて「はな、おめでとう!」と祝福する一幕も。

「最近、演じることは、声や、肉体だけで表現をするのではなくて、自分の体の中をその役が通って行くのだなと思うと、演じた役は全部、自分の人生のひとつなのだなと思うようになりました」と心境の変化を明かし、「(同作が)私の人生でとっても豊かなものだと思います」と笑顔を弾けさせた。

宮沢りえ、中野量太監督、杉咲花(C)モデルプレス
宮沢りえ、中野量太監督、杉咲花(C)モデルプレス

親子受賞に歓喜

そして、同作が長編映画デビューとなった中野量太監督は、宮沢と杉咲の出演が決まった際に「いけるのではないか」と手ごたえを掴んでいたことを告白。

中野監督が2人の受賞を「めちゃくちゃ、嬉しいです」と自分のことのように喜んでいると、宮沢が自分が受けとった花束から花を1本抜いて贈呈し、会場からは大きな拍手が贈られた。

宮沢りえ (C)モデルプレス
宮沢りえ (C)モデルプレス
杉咲花 (C)モデルプレス
杉咲花 (C)モデルプレス

主演女優賞は宮沢りえ、主演男優賞は柳楽優弥

同賞は、老舗映画雑誌「キネマ旬報」が1924年(大正13年)からスタートさせたもので、その年を代表する「日本映画」「外国映画」を10本挙げるほか、「日本映画主演男優・女優賞」「日本映画助演男優・女優賞」「新人男優・女優賞」などその年の賞賛すべき映画作品や映画人を表彰。

今年度は日本映画1位に「この世界の片隅に」、外国映画1位に「ハドソン川の奇跡」が輝いたほか、「主演女優賞」を宮沢、「主演男優賞」を柳楽優弥が受賞した。(modelpress編集部)

(左から)小松菜奈、柳楽優弥、宮沢りえ、杉咲花、竹原ピストル(C)モデルプレス
(左から)小松菜奈、柳楽優弥、宮沢りえ、杉咲花、竹原ピストル(C)モデルプレス

「第90回キネマ旬報ベスト・テン」受賞作品&受賞者

日本映画ベスト・テン第1位:「この世界の片隅に」
外国映画ベスト・テン第1位:「ハドソン川の奇跡」
文化映画ベスト・テン第1位:「ふたりの桃源郷」

主演女優賞:宮沢りえ
主演男優賞:柳楽優弥

助演女優賞:杉咲花
助演男優賞:竹原ピストル

新人女優賞:小松菜奈
新人男優賞:村上虹郎

監督賞:片渕須直
脚本賞:庵野秀明

外国映画監督賞:クリント・イーストウッド

読者選出 日本映画監督賞:片渕須直
読者選出 外国映画監督賞:クリント・イーストウッド



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 杉咲花“お母ちゃん”と親子受賞「何度も救って頂きました」
今読んだ記事

杉咲花“お母ちゃん”と親子受賞「何度も救って頂きました」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事