「この世界の片隅に」驚異の120万人突破!感動の連鎖が止まらない/(左から)山科ティナ、小島遊しほ、ゆーちゃそ王子(C)モデルプレス

「この世界の片隅に」感動の連鎖が止まらない!動員数120万人突破

2017.01.31 18:00

昨年から続く邦画ブームの中、日本アカデミー賞など数々の賞を総なめにした映画「この世界の片隅に」。口コミから大きなムーブメントを起こした作品というだけあって、SNSには賞賛の声が上がっている。

SNSが観客を呼び、現在120万人突破

公開当初、上映館数が63と小規模だった同作。作品を観た人によるSNS投稿や口コミの影響でじわじわと評判が広まり、累計上映館数も200を超えた。公開から2ヶ月経った今も勢いを増し、ヒットへとつながっている。

モデルの田中里奈、菅沼ゆり、村田倫子も映画を鑑賞したことをInstagramに投稿し、田中は「どんな境遇でも小さな幸せを大切にする主人公すずの姿がほのぼのと描かれていて、だからこそ生命のはかなさ、力強さがコントラストで滲み出た素敵な映画でした」と、作品への思いを吐露している。

インフルエンサーが語る「この世界の片隅に」の魅力

小島遊しほ(C)モデルプレス
小島遊しほ(C)モデルプレス
また、ヒットの一役を担ってきたインフルエンサーたちも、映画の感想をコメント。2度目の鑑賞を終えた小島遊しほは「“戦争”だけを切り取ることなく、その時代にも普通の生活があって…、自分たちとリンクしているからこそ何度観ても引き込まれる作品。主人公がリズミカルに料理していて、素朴ながらも食べてみたいと思わせる料理はお気に入りです!」と語った。

ゆーちゃそ王子(C)モデルプレス
ゆーちゃそ王子(C)モデルプレス
ゆーちゃそ王子は「主人公のすずは、純粋な普通の女のコ。どんどん成長し、力強く生きていく姿は女性としても素敵だなと思いました。繊細なアニメーションで日本らしい風景が描かれていて、海外の方にも作品を知ってもらいたい」と、海外上映が決定している今後に向け期待感を表していた。

山科ティナ(C)モデルプレス
山科ティナ(C)モデルプレス
鑑賞するたびに、涙を流したという山科ティナは「常に笑顔の女性でも、実はその裏には自己犠牲に隠された思いや辛さはあるんだと。それでも笑顔を忘れないすずさんが本当に魅力的でした。私も友達からオススメされて観に行きましたが、この作品に出会えてよかったなと思います。言葉では伝えきれないから観に行ってほしい」と呼びかけた。

大ヒット御礼舞台挨拶“観客に敬意”

片渕須直監督(C)モデルプレス
片渕須直監督(C)モデルプレス
1月25日に新宿ピカデリーで“100万人ありがとう”大ヒット御礼の舞台挨拶が行われ、片渕須直監督らが登壇。現在は動員数が120万に上ったことに対し、感謝を伝えた。監督は、大々的な宣伝ではなく口コミで作品が広まっていったことに触れ、「宣伝はお客さんお任せになっていましたが、お客さんがお客さんを呼んできてくださった」と、観客を信頼していたからこそ結びついた結果に感慨深い様子だった。

作品への自信を覗かせつつも「映画は存在するだけでは役に立たなくて、観てくれた人が心の中で感じるものがあってこそ初めて意味が出るもの」とし、作品に意味を持たせてくれた観客すべてに敬意を表していた監督。海外への上映も控え「この映画がもっと長く公開され、またたくさんの人々と出会えるように願っています」と結び、拍手の中舞台挨拶を終えた。

映画「この世界の片隅に」

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に主人公すずとその家族の生活を綴ったアニメーション映画。戦争映画でありながら、息づかいを感じられるような親しみのあるキャラクター、柔らかくぬくもりを感じる描写が評価を集め、現在動員は120万人を超えた。

感動の連鎖を生み出している「この世界の片隅に」、まだまだムーブメントは続きそうだ。

食べたり、笑ったり、喧嘩したり、愛したり…いつの時代も日常の中に普遍的な宝が存在する。生活のちいさな喜びをかみしめたくなる、そんな世界観に包まれてみては。(modelpress編集部)[PR]提供元:「この世界の片隅に」製作委員会

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. シネマトゥデイ
  2. 映画ランドNEWS
  3. シネマトゥデイ
  4. ABEMA TIMES
  5. シネマトゥデイ
  6. シネマトゥデイ
  7. シネマトゥデイ
  8. WEBザテレビジョン