小栗旬「逆に傷ついた」ファンの言葉に苦笑い

俳優の小栗旬妻夫木聡野村周平が12日、都内で行われた映画「ミュージアム」の初日舞台挨拶に出席した。
小栗旬「逆に傷ついた」ファンの言葉に苦笑い(C)モデルプレス
小栗旬「逆に傷ついた」ファンの言葉に苦笑い(C)モデルプレス
妻夫木聡(C)モデルプレス
妻夫木聡(C)モデルプレス

小栗旬「逆に傷ついたよ」

小栗は“キャスト全員と握手できる刑”に抽選で選ばれた一般女性が「誰のファン?」との問いかけに「小栗…」と言いかけて「野村周平さん」と訂正すると、「なんで今気を遣ったの?逆に傷ついたよ」と苦笑い。

握手が野村の番になると「来たよ、来たよ、周平だよ」とイジり、当の野村は握手からのハグで場を盛り上げた。

野村周平 (C)モデルプレス
野村周平 (C)モデルプレス
尾野真千子 (C)モデルプレス
尾野真千子 (C)モデルプレス

妻夫木聡「殺意を覚えた」

カエルのマスクをかぶった殺人鬼役の妻夫木は、「マスクをかぶると視界が全然見えなくて、セットの廊下が続いていると思ってダッシュしていったら廊下がなくてカメラに突っ込んで倒れてお尻を強打した」と告白。

その痛みを「子供の頃にスネをぶつけて『アウッ!』って声が出なくなる時と同じくらい」と表現しながら、「でも周りは『大丈夫か~』みたいに僕のことを笑っていて、この人たち何かの刑にしてやろうと殺意を覚えた。スタッフも全員マスクをかぶってやってほしかったですよ」と恨み節だった。

野村周平「感謝しかない」

また、尾野真千子も大友啓史監督によるドS演出に心当たりがあるようで、「何かの刑にしてやろうかと思った」と流れに乗ってコメント。

すると、続く野村は「ワイヤーで吊られたのも初めての経験で文句は出ません。大友監督には感謝しかない。皆さんのように“刑にしてやろう”なんて思いませんよ!」と“優等生”を演じて会場を笑わせた。

“刑事”小栗旬VS“カエル男”妻夫木聡

同作は、2013年「ヤングマガジン」(講談社)で連載されるや否や、その過激な描写と緊迫のストーリー展開で話題になり、連載終了後も熱狂的な支持を受け続ける巴亮介氏の同名コミックが原作。

小栗が演じる警視庁捜査一課の刑事・沢村久志が、残虐な猟奇殺人を繰り返す“カエル男”(妻夫木)を追うはずが、逆に絶望的な状況に追い詰めていくという衝撃のスリラーエンターテイメントとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小栗旬「逆に傷ついた」ファンの言葉に苦笑い
今読んだ記事

小栗旬「逆に傷ついた」ファンの言葉に苦笑い

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事