有村架純、三角関係は「ちょっとアカンな」 菅田将暉は「割とドキドキ」

0
0
女優の有村架純が30日、都内で行われた映画「何者」(10月15日公開)完成披露舞台あいさつに、主演の佐藤健をはじめ、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之、三浦大輔監督とともに出席した。
有村架純、三角関係は「ちょっとアカンな」 菅田将暉は「割とドキドキ」(C)モデルプレス
有村架純、三角関係は「ちょっとアカンな」 菅田将暉は「割とドキドキ」(C)モデルプレス
有村架純(C)モデルプレス
有村架純(C)モデルプレス
佐藤演じる拓人と、菅田演じる光太郎の間で揺れ動く瑞月役に挑んだ有村。三角関係を演じた感想を問われると、「(瑞月は)拓人(佐藤)の気持ちに気付いていないので、本人的には悪気はないけど、客観的に見ると、瑞月にも『ちょっとアカンな』ってところもありますよね」とキュートな関西弁で紹介。

一方菅田は、「大変ですよ。みんなのたけるんよりモテるって設定ですから。割とドキドキしてました」と恋のライバルとなった佐藤との共演を振り返っていた。また、菅田は撮影中、有村に自身が演じる光太郎の魅力を質問したといい、「有村さんにどこが好きなのか聞いたら『真っすぐなところじゃない?』って言われたので、あまり考えずにやろうと決めました」と語ると、佐藤は「ノロケ?」とつっこみ。菅田は「いやいや、演技論です」と返し、会場の笑いをさらった。

“恋愛・友情・就活・裏切り”現代のリアルな青春物語

(左から)三浦大輔監督、岡田将生、二階堂ふみ、佐藤健、有村架純、菅田将暉、山田孝之(C)モデルプレス
(左から)三浦大輔監督、岡田将生、二階堂ふみ、佐藤健、有村架純、菅田将暉、山田孝之(C)モデルプレス
平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した朝井リョウ氏によるベストセラー「何者」(新潮文庫刊)を実写化した同作。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生の姿が描かれる。

かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤)、天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田)、光太郎の元カノで拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村)、人一倍「意識高い系」でありながら結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂)、社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田)の5人のほか、拓人のサークルOB・サワ先輩役として山田も出演。『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『愛の渦』といった映画を手がけた三浦氏が監督・脚本を担い、“痛いほど圧倒的な現代のリアル”が詰まった同作を作り上げる。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 有村架純、三角関係は「ちょっとアカンな」 菅田将暉は「割とドキドキ」
今読んだ記事

有村架純、三角関係は「ちょっとアカンな」 菅田将暉は「割とド…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事