池田エライザの告白に会場どよめき「兄のラブレターを…」

【池田エライザ/モデルプレス=5月28日】28日、都内にて映画『オオカミ少女と黒王子』公開初日舞台挨拶が行われ、W主演の二階堂ふみ、山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)、鈴木伸之、門脇麦、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒らが登壇。作品にちなみ“ドS”なプライベートエピソードを求められた池田は「兄の“ラブレターチェック”というのをやっていました」と驚きのエピソードを明かした。
池田エライザの告白に会場どよめき「兄のラブレターを…」(C)モデルプレス
池田エライザの告白に会場どよめき「兄のラブレターを…」(C)モデルプレス
鈴木伸之、池田エライザ(C)モデルプレス
鈴木伸之、池田エライザ(C)モデルプレス
兄の恋を応援したいという思いから、ラブレターを採点してあげていたという池田。しかし、便箋の種類を相談するなど「あまりにも兄がウジウジしていて“しっかりしろよ!”と思ってしまった」ことをきっかけに「あえてラブリーなキャラクターが描いてある便箋で書かせて“すごい良い!絶対落ちる!”って言って出させたことがあります(笑)」と告白した。

結果、兄の恋は実らず。会場から驚きの声が上がる中、「でも(ラブレターを)出した後に私からちゃんと種明かしもしたので」と弁解していた。

山崎賢人×二階堂ふみで描く胸キュンラブコメディー

(左から)菜々緒、吉沢亮、門脇麦、山崎賢人、二階堂ふみ、鈴木伸之、池田エライザ、玉城ティナ、廣木隆一監督(C)モデルプレス
(左から)菜々緒、吉沢亮、門脇麦、山崎賢人、二階堂ふみ、鈴木伸之、池田エライザ、玉城ティナ、廣木隆一監督(C)モデルプレス
八田鮎子氏の人気コミックを実写映画化した今作は恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”篠原エリカ(二階堂)と、「見た目は王子だが中身は超ドS」の“黒王子”佐田恭也(山崎)のラブコメディー。『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』で知られる廣木隆一監督がメガホンを握る。(modelpress編集部)

モデルプレス×『オオカミ少女と黒王子』コラボカフェがオープン





【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 池田エライザの告白に会場どよめき「兄のラブレターを…」
今読んだ記事

池田エライザの告白に会場どよめき「兄のラブレターを…」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事