映画「コープスパーティー Book of Shadows」に出演する(左から)前田希美、生駒里奈(C)2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

乃木坂46生駒里奈「前作以上にボロボロ」主演映画続編にクランクイン

2016.04.21 13:56
0
0

乃木坂46生駒里奈が主演を務める映画「コープスパーティー Book of Shadows」(7月30日全国順次ロードジョー)が4月19日にクランクインした。同作は2015年に公開された山田雅史監督による「コープスパーティー」の続編。生駒は前作に引き続き、女子高生の中嶋直美を演じる。

コンシューマーゲームシリーズ計15万本以上、コミカライズシリーズ100万部以上、そのほかにノベライズ、オリジナルアニメ、ドラマCDなど幅広く展開したホラーゲームシリーズ「コープスパーティ」を映画化し、2015年8月に生駒を主演に迎え、実写映画として劇場公開した前作。原作の世界観を忠実に再現し、初主演とは思えない演技が評判となり、10月までのロングラン公開で、動員人数1万を超えるヒットを記録した。

映画のワンシーン(C)2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会
映画のワンシーン(C)2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

生駒里奈・前田希美が引き続き出演

主演を務める生駒は、続編について「内容は前作よりも、より怖く、過激になっているところもありますし、直美ちゃんやあゆみちゃんたちの思い、人とのつながりがより色濃く描かれていると思うので、登場人物たちの心の動きも前作以上に見どころになってます」とコメント。そして「前作以上にボロボロになりながらも、目的に向かって一所懸命がんばっている姿を観ていただければと思います」とファンにメッセージを送った。

また引き続き出演する篠崎あゆみ役の前田希美は、作品への愛を語り「大好きな作品の続編が決定したと聞いた時には、マネージャーさんに何度も確認するほどうれしかったです」と感激しきり。「前作同様に原作ファンの方の期待を絶対裏切りたくないし、その方たちもよかったよ、って言っていただけるような作品に絶対したいと思っています」と意気込み十分だ。

共演には前作にも出演した池岡亮介、喜多陽子、JUN(BEE SHUFFLE)のほか、今作からシリーズに参加する青木玄徳、石川恋、水石亜飛夢が決定している。(modelpress編集部)

映画のワンシーン(C)2016 2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会
映画のワンシーン(C)2016 2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

ストーリー

呪いのおまじない「しあわせのサチコさん」を行い、怨霊の棲む異空間へと飛ばされた女子高校生の直美(生駒里奈)は、幼なじみの哲志(池岡亮介)や親友の世以子(喜多陽子)など、多くの仲間を失った。あれから半年。生き延びたあゆみ(前田希美)と直美は、死んだ友達を取り戻すべく、悲劇の舞台となった天神小学校へと戻ってくる。同じおまじないで別の学校から囚われて来た刻命(青木玄徳)たちとも合流し、切なる想いで生還の道を模索する。だが、待っていたのは繰り返す「死の運命」に囚われた、仲間たちとの再会だった。命と心を弄ぶ、残酷な運命の歯車は、ゆっくりと廻り始める…。

撮影現場で真剣に演技に取り組む乃⽊木坂46・生駒里奈(C)2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会
撮影現場で真剣に演技に取り組む乃⽊木坂46・生駒里奈(C)2016 Team GrisGris/MAGES. /5pb./ 映画「コープスパーティー Book of Shadows」製作委員会

生駒里奈コメント

続編である「コープスパーティー Book of Shadows」で中嶋直美役を演じさせていただき、本当に光栄に思っております。内容は前作よりも、より怖く、過激になっているところもありますし、直美ちゃんやあゆみちゃんたちの想い、人とのつながりがより色濃く描かていると思うので、登場人物たちの心の動きも前作以上に見どころになってます。本作で私が演じた直美ちゃんも前作以上にボロボロになりながらも、目的に向かって一所懸命がんばっている姿を見ていただければと思います。前作からのキャラクターも登場するし、本作から登場する原作で人気の刻命裕也など、新たなキャラクターも登場しますので、原作からのコープスパーティーファンも映画でファンになってくれた方も、皆さん最新作「コープスパーティー Book of Shadows」も好きになっていただいて、ゾッとしていただけるとうれしいです。

前田希美コメント

コープスパーティーは私も1ファンとして好きな作品なので、その作品の映画に私が出演することが決まって、すごくうれしかったですが、今回はさらに大好きな作品の続編が決定したと聞いた時には、マネージャーさんに何度も確認するほどうれしかったです。続編である「コープスパーティー Book of Shadows」では、前作同様に原作ファンの方の期待を絶対裏切りたくないし、その方たちもよかったよ、って言っていただけるような作品に絶対したいと思っています。さらに、前作出演後には、映画を見ていただいた方に、よかったよ、もう少しこうしたほうがいいなどのいろんな意見を聞いたので、その意見をもとにより「あゆみ」に近づけるようにがんばりたいです。
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. オリラジ、生駒里奈、足立梨花と「おそ松さん」4ショットに反響
    オリラジ、生駒里奈、足立梨花と「おそ松さん」4ショットに反響
    モデルプレス
  2. 乃木坂46生駒里奈、TGC初ランウェイ  “タッキースタイル”で魅了<TGC2016 S/S>
    乃木坂46生駒里奈、TGC初ランウェイ “タッキースタイル”で魅了<TGC2016 S/S>
    モデルプレス
  3. 乃木坂46生駒里奈&松村沙友理、妄想炸裂 後輩から「ちょっと引いちゃいました」
    乃木坂46生駒里奈&松村沙友理、妄想炸裂 後輩から「ちょっと引いちゃいました」
    モデルプレス
  4. 乃木坂46生駒里奈、スクール水着は「ちょっと危うい感じ」着用の経緯と“ビキニ”解禁への本音を語る
    乃木坂46生駒里奈、スクール水着は「ちょっと危うい感じ」着用の経緯と“ビキニ”解禁への本音を語る
    モデルプレス
  5. 乃木坂46生駒里奈「ANNA SUI」モデル就任 フェミニン×ロックでアジアを魅了<コメント到着>
    乃木坂46生駒里奈「ANNA SUI」モデル就任 フェミニン×ロックでアジアを魅了<コメント到着>
    モデルプレス
  6. 乃木坂46生駒里奈「生き残りたい」「バナナマンさんに奢ってもらいたい」
    乃木坂46生駒里奈「生き残りたい」「バナナマンさんに奢ってもらいたい」
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. 三吉彩花、山田孝之発足のプロジェクトで短編映画監督デビュー 次回作にも意欲<MIRRORLIAR FILMS Season1>
    三吉彩花、山田孝之発足のプロジェクトで短編映画監督デビュー 次回作にも意欲<MIRRORLIAR FILMS Season1>
    モデルプレス
  2. 『マスカレード・ホテル』オリジナルシーンの秘密 鈴木雅之監督、さんま出演にも言及
    『マスカレード・ホテル』オリジナルシーンの秘密 鈴木雅之監督、さんま出演にも言及
    シネマトゥデイ
  3. ジェームズ・マカヴォイ、イアン・マッケラン……。ナショナル・シアター・ライブのアンコール上映決定!
    ジェームズ・マカヴォイ、イアン・マッケラン……。ナショナル・シアター・ライブのアンコール上映決定!
    SCREEN ONLINE
  4. 『DUNE/デューン』ヴィルヌーヴ監督、原作映像化の旅は終わらない!パート2実現に期待
    『DUNE/デューン』ヴィルヌーヴ監督、原作映像化の旅は終わらない!パート2実現に期待
    シネマトゥデイ
  5. 吉田美月喜「落ち込んだりもするけれど、頑張らなきゃ!」進路に悩む女子高生役に共感
    吉田美月喜「落ち込んだりもするけれど、頑張らなきゃ!」進路に悩む女子高生役に共感
    WEBザテレビジョン
  6. ジョニー・デップ“日本”を描く話題の新作『MINAMATA―ミナマタ―』を語る【今月の顔】
    ジョニー・デップ“日本”を描く話題の新作『MINAMATA―ミナマタ―』を語る【今月の顔】
    SCREEN ONLINE
  7. ジャッキー・チェンの新作はアクションよりドラマ性を重視した作品に?
    ジャッキー・チェンの新作はアクションよりドラマ性を重視した作品に?
    SCREEN ONLINE
  8. 瀧内公美、“自主映画”の飛躍に感激 言葉詰まらせる
    瀧内公美、“自主映画”の飛躍に感激 言葉詰まらせる
    シネマトゥデイ
  9. 押井守監督、攻殻機動隊が“戦う女”のスタート
    押井守監督、攻殻機動隊が“戦う女”のスタート
    シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事