木村文乃、宮迫博之から意外な“ギャップ”暴露「嫌い!って思った」

【木村文乃/モデルプレス=3月27日】27日、都内で映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(4月29日公開)の完成披露舞台挨拶が行われ、主演の野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、高畑淳子、脚本の古沢良太氏、金子修介監督が登壇。宮迫は撮影の際に、木村に対し「この人、嫌い!って思った」というエピソードを明かした。
木村文乃、宮迫博之から意外な“ギャップ”暴露「嫌い!って思った」(C)モデルプレス
木村文乃、宮迫博之から意外な“ギャップ”暴露「嫌い!って思った」(C)モデルプレス
木村文乃(C)モデルプレス
木村文乃(C)モデルプレス
森で撮影した際、大きな昆虫のナナフシに出くわしたようで「僕、虫がダメやから『うわっ!』って言ったら、『うわぁ!ナナフシ』って掴んでいて、その時はこの人嫌いって思いました」と驚く宮迫を横目に、木村が嬉しそうにナナフシを捕まえていたことを告白。「すっごい大きくて、思わず手にとってしまったんですよね」としみじみ振り返る木村に、宮迫は「ギャップ萌えにはならなかったですよ…」とタジタジな様子だった。

木村文乃、野村萬斎に“ホの字”?「可愛らしい」



木村は初共演の萬斎に対し、「虫眼鏡を持っているような、少年のような方。物事に対してすごく前のめりに関心があるんだなぁと思いました。その姿がとてもキラキラしていて、大変失礼な話ではあるんですが、思っていたより可愛らしい方だなぁと」と印象を明かすと、萬斎は「撮影中にも一度言っていただいてキュンとしました。幸せでした」とニッコリ。宮迫と安田は「僕らにはそんな言葉なかったですよ?」「ねぇ?」と嫉妬心を滲ませながら確認し合い、笑いを誘っていた。

(左より)野村萬斎、宮迫博之、杉咲花(C)モデルプレス
(左より)野村萬斎、宮迫博之、杉咲花(C)モデルプレス
今作は、初の現代劇に挑戦する萬斎が残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読むことができる元・お笑い芸人で人間嫌いの仙石和彦を熱演し、宮迫が口は悪いが仙石が唯一、本音でぶつかれる元相方の丸山竜司を演じる、これまでにないコンビがスクリーンで様々な事件に挑むミステリー。木村はピアノのコンクールに向け、才能溢れる教え子・秋山亜美(杉咲)のために全力でぶつかり共に練習の日々を送っていたが、突然その行方が判らなくなるピアノ教師・沢村雪絵役を演じる。(modelpress編集部)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Cinema List映画一覧

YouTube Channel


TOP