乃木坂46生駒里奈、初主演映画に手応え「私の名前が残ったんだな」

0
乃木坂46の生駒里奈が、初主演を務める映画への手応えを語った。
映画「コープスパーティー」の舞台挨拶に出席した生駒里奈【モデルプレス】
映画「コープスパーティー」の舞台挨拶に出席した生駒里奈【モデルプレス】
生駒里奈
生駒里奈
生駒は2日、都内で行われた映画「コープスパーティー」の舞台挨拶に、女優でモデルの前田希美、俳優の池岡亮介らとともに登壇。劇場公開された感想を問われると、「昨日、名古屋で1人で初日舞台挨拶をしたんですけど、寂しいかなと思っていたら、乃木坂46のファン方が見に来てくださっていて、今日の握手会で直接、感想を聞いたら『めっちゃ怖い』って言ってくださって、ちゃんと皆さんに怖いと思ってもらえるものをみんなで作ることができて、私もそれに参加して、皆さんのこの夏の恐怖の思い出に私の名前が残ったんだなと思うと、本当に手応えを感じました」と充実した表情を見せた。

注目してほしいシーンを聞かれると、「やっぱり嘔吐するところ」とコメント。「あそこは『コープスパーティー』でしか見られないと思うので、まだ見てない人に『生駒ちゃん嘔吐しちゃったよ』と言って、『えっ!?』と言った瞬間に捕まえてまた2回3回と見に来ていただけたらなと思います」とアピールし、会場を沸かせた。

生駒里奈
生駒里奈
(左から)生駒里奈、前田希美
(左から)生駒里奈、前田希美

ホラーゲームシリーズを実写化

同作は、コミカライズやアニメ化もされるなど、長きにわたり絶大な人気を誇る同名ホラーアドベンチャーゲームを実写映画化したもの。高校生活最後の文化祭も終わり、直美(生駒)は幼なじみの哲司(池岡)やクラスメイトたちと後片付けをしていると、怪談好きの委員長・あゆみ(前田)の提案で“ここにいるみんながずっと友達でいられる”と言われているおまじない「幸せのサチコさん」をすることに。しかし、そのおまじないは過去に陰惨な殺人事件により廃校になった、閉鎖された異空間「天神小学校」へと誘う呪いの儀式であった。呪われた校舎に閉じ込められた直美たちを待ち受ける運命とは…というストーリーが展開される。

(後列左より)小坂温子、諒太郎、山田雅史監督、祁答院慎氏(前列左より)JUN、池岡亮介、生駒里奈、前田希美、喜多陽子<br>
(後列左より)小坂温子、諒太郎、山田雅史監督、祁答院慎氏(前列左より)JUN、池岡亮介、生駒里奈、前田希美、喜多陽子
このほか、同舞台挨拶にはJUN(BEE SHUFFLE)、喜多陽子、諒太郎、小坂温子、山田雅史監督、祁答院慎氏(原作者)も出席。舞台挨拶の最後には、通常版ではカットした残虐表現を余すことなく収録したスペシャルバージョン「コープスパーティー アンリミテッド版」の公開が決定したことが、生駒より発表された。9月19日より公開される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46生駒里奈、初主演映画に手応え「私の名前が残ったんだな」
今読んだ記事

乃木坂46生駒里奈、初主演映画に手応え「私の名前が残ったんだ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事