山崎紘菜、金髪ショート&背中ざっくりドレスの鮮烈ビジュアル 「ローマ国際映画祭」レッドカーペットで存在感

女優の山崎紘菜が、自身初の国際映画祭で洗練された美貌を披露した。
「第9回ローマ国際映画祭」のレッドカーペットに参加した山崎紘菜【モデルプレス】
「第9回ローマ国際映画祭」のレッドカーペットに参加した山崎紘菜【モデルプレス】
イタリアの首都ローマにて現地時間18日に開催された「第9回ローマ国際映画祭」のコンペティション部門(ガラ部門)で、映画「神さまの言うとおり」のワールドプレミア上映が行われた。主演の福士蒼汰、三池崇史監督と共にレッドカーペットを歩いた山崎は、背中のカッティングがセクシーなブラックのミニドレス姿でため息が出るほど美しいスタイルを披露。タイトにまとめた金髪のショートヘアも相まって、現地ファンに鮮烈なイメージを残した。

(左から)三池崇史監督、山崎紘菜、福士蒼汰
(左から)三池崇史監督、山崎紘菜、福士蒼汰
(左から)三池崇史監督、山崎紘菜、福士蒼汰
(左から)三池崇史監督、山崎紘菜、福士蒼汰
ワールドプレミア上映ではスタンディングオベーション
ワールドプレミア上映ではスタンディングオベーション
公式記者会見では福士と共にイタリア語であいさつ、続いて英語でのスピーチも披露し、早くも国際派女優の片鱗を見せた山崎。ワールドプレミア上映では1000人超の観客から約4分間に及ぶスタンディングオベーションが起き、「本当に夢のような瞬間でした。今日、私も初めて映画を観て、ひとつの作品が出来上がる喜びとそれをイタリアの方々と共感できる喜びを味わえて本当に幸せでした。イタリアの方々は本当に温かいですね。またこのローマ国際映画祭に役者として来ることができたらいいなと思いました。この作品でこの場所に来られた事、素晴らしい作品に携わることが出来たことに感謝しています。本当に会場で観たあの景色は一生忘れられないし、嬉しくて涙がでそうになりました」と喜びをあらわにした。

(左から)山崎紘菜、福士蒼汰、三池崇史監督
(左から)山崎紘菜、福士蒼汰、三池崇史監督
同作は金城宗幸原作の人気コミック「神様の言うとおり」を実写化。平凡な高校生が、なんの前触れもなく「命を賭けた謎のゲーム」へ巻き込まれる。なお三池監督は今映画祭で、映画の新たな可能性を切り開く作品を多く生み出す監督に贈られる特別賞「マーベリック賞」を日本人監督として初めて受賞した。

映画「神さまの言うとおり」は11月15日公開。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 山崎紘菜、金髪ショート&背中ざっくりドレスの鮮烈ビジュアル 「ローマ国際映画祭」レッドカーペットで存在感
今読んだ記事

山崎紘菜、金髪ショート&背中ざっくりドレスの鮮烈ビジュアル…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事