能年玲奈主演「ホットロード」、新キャスト発表

女優の能年玲奈が主演をつとめる映画「ホットロード」(8月16日公開)の新キャストが発表された。
映画「ホットロード」で共演する木村佳乃、能年玲奈(C) 2014『ホットロード』製作委員会
映画「ホットロード」で共演する木村佳乃、能年玲奈(C) 2014『ホットロード』製作委員会
能年演じる14歳の少女・宮市和希の“ママ”役に、木村佳乃が決定。初共演となる2人は「能年さんはシャイだけれどとても瞳のきれいな方でした。あまり口数は多くないけれど、瞳でたくさん語りかけてきてくれる素敵な女優さんだと思いました」(木村)、「凄く嬉しかったです。木村さんとガッツリ演技をさせていただいて、とても勉強になりました」(能年)と互いの印象を語っている。

久々の茶髪に…家族の反応は?

漫画家・紡木たくによる不朽の名作コミックを実写映画化。母親から愛されずに育ち心に傷を持った少女・宮市和希(能年)と、夜の湘南で“Nights”というバイクチームに所属する不良少年・春山洋志(登坂広臣/三代目J Soul Brothers)のほろ苦い青春を描く。

木村が演じる“ママ”は、夫の死後女手一つで娘・和希を育てながらも、高校時代から好き合っていた相手・鈴木を想うあまり娘を悩ませてしまうという役どころ。木村は、今回の母親像について「少女のようなふわっとした女性でした。思春期の和希ときちんと向き合うことができないくらい彼女自身も子供だったんじゃないかと演じながら思いました」とコメント。人生初の茶髪で今作に臨んだ能年と同じく、木村も久々に髪を染め「ずいぶん、久しぶりに髪を染めました。家族の反応は良かったです。ただ、やはり髪が傷むので、しばらくは(やらない方が)いいかな」と語った。

能年は、木村との共演を「とにかく楽しかったです!たくさん遊んでいただきました。会う度こちょこちょってされるのが面白かったです。私は緊張しやすいのですが、こちょこちょっとくすぐられると、自分が木村さんの子供になった気分で、ホッとしました」と楽しげに振り返った。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 能年玲奈主演「ホットロード」、新キャスト発表
今読んだ記事

能年玲奈主演「ホットロード」、新キャスト発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事