水嶋ヒロ、サプライズに号泣「自分が地球上で一番幸せな人」

参照回数:565,118

3年ぶりの復帰作が公開となり、涙を流す水嶋ヒロ
3年ぶりの復帰作が公開となり、涙を流す水嶋ヒロ
映画「黒執事」初日舞台挨拶(写真左から)大谷健太郎監督、優香、水嶋ヒロ、剛力彩芽、山本美月
映画「黒執事」初日舞台挨拶(写真左から)大谷健太郎監督、優香、水嶋ヒロ、剛力彩芽、山本美月
俳優の水嶋ヒロが18日、3年ぶりの復帰作が公開となり涙を流した。 水嶋はこの日、都内で行われた主演映画「黒執事」の初日舞台挨拶に出席。剛力彩芽優香山本美月からサプライズで花束を贈呈されると、涙を浮かべ「感謝の気持ちで胸がいっぱいです。もともと僕は皆さんが出演してくださるというだけでも嬉しかったですし光栄でした。こうして一緒にお仕事をして、さらにこんな言葉までいただけて、いま自分がこの地球上で一番幸せな人なんじゃないかって思ってしまうぐらい、頭の中が幸福の色でいっぱいです」と感無量の様子。

「皆さんに支えられた」

「絶対に頼りない主役だったと思います。でも僕は皆さんに支えられたと思っているんです。こうしてこの場に立っていられるのも絶対に自分ひとりではどうしようもできなかった」と周りの支えあって今であることを強調し「この感謝の気持ちを忘れずに、できることなら皆さんにこの現場がより一層記憶に残るようなものになってほしいので、僕は微力ながらこの映画がもっともっと大きな広がりを見せられるように努めていきたいと思います」と力強く意気込み、会場から大歓声を浴びた。

男泣きで「やってきたことは間違っていなかった」

水嶋は冒頭から涙をこらえていた。先に山本が作品への思いを話しながら泣き出し、大谷健太郎監督から「先日のジャパン・プレミアの時に(水嶋さんが映画をヒットさせて)『僕はこの勝負に勝ちたい』とおっしゃっていました。僕も勝たせてあげたいなと思います」と熱いメッセージ。水嶋は「(涙をこらえるのが)無理だ」と目を潤ませ「監督の言葉が嬉しいです。やってきたことは間違っていなかった」と男泣きした。

「とにかく嬉しいの一言」

プロデューサーとしても同作に関わり、約2年半にわたる制作期間を費やした水嶋。「無事今日という日を迎えられて本当に嬉しく思っています。天気にも恵まれましたし、胸がいっぱいで今の気持ちをどのように表したらいいのか、ずっと悩んでいたんですけど…『とにかく嬉しい』その一言に尽きるなと思っています。やれることは全部やったので、あとは神様、お客さんに任せるだけ。とにかく嬉しいです。ありがとうございます」と喜びを噛みしめるように挨拶。

さらに「とにかくいい作品を作りたい、その一心で頑張ってきました。原作に対するリスペクトがないんじゃないかという声もありますが、原作があってファンの支えがあって、こうして実写化を実現できました。そこに対する皆さんへの感謝の気持ちは、一瞬たりとも忘れたことはありません。キャストもスタッフも一丸となって、そのことを胸にとどめながら、自分たちがその時にできる最高の仕事をしようという想いで頑張ってきたのが『黒執事』です」と作品への想いを語り「僕らの想いが少しでも原作ファンの方、原作ファンではない方にも届けばいいなと思います」と呼びかけた。

映画「黒執事」

枢やな氏の人気コミックを実写化した同作は、枢氏の承認のもと、原作から130年後と舞台を変え新しいストーリーを構築。大谷健太郎氏、さとうけいいち氏の2人がメガホンをとり、脚本は「LIAR GAME Season2」「ストロベリーナイト」「謎解きはディナーのあとで」など数々のヒット作を手がける黒岩勉氏。冷酷で美しい執事・セバスチャン(水嶋)とその主人・幻蜂清玄(剛力)の2人が、世界を巻き込む“連続ミイラ化怪死事件”の解決に挑む。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 水嶋ヒロ、サプライズに号泣「自分が地球上で一番幸せな人」
今読んだ記事

水嶋ヒロ、サプライズに号泣「自分が地球上で一番幸せな人」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事