浜崎あゆみの元彼・マロ、男同士の過激な濡れ場を公開

アーティストの浜崎あゆみと破局し、バックダンサーからアーティストに転身した“マロ”こと内山麿我が、映画デビューを果たし男同士の濡れ場シーンを公開した。
韓国人俳優JKとの男同士の濡れ場を披露した内山麿我(右)
韓国人俳優JKとの男同士の濡れ場を披露した内山麿我(右)
内山の映画俳優デビューとなる作品は、俳優の木村敦と韓国人俳優のJKが主演を務める「東京~ここは、硝子の街~」(寺西一浩監督、来年公開)。今作は、「東京」という街の光と闇の中で蠢く哀しい人間の本性を描いている。

内山は、芸能プロダクション社長・青木カズ役を演じ、ヨン(JK)と男性同士の濃厚な濡れ場を大胆披露。内山は、「今回はボーイズラブもテーマの映画ということで、始めて男性の体を愛撫したり、今まで味わったことのないドキドキ感がありました」とコメント。また、「今は音楽をメインに活動していますが、今後俳優業にも力を入れていきたいので、自分の知らない世界を直に感じれたのはとても良い経験になりました」と俳優業にも意欲を示し、「『東京』が描いてる愛は、ある種歪んだ愛の形かも知れませんが、なんとも言えない美しさも感じます。素敵な作品なので是非見て下さい」とアピールした。

(左から)内山麿我、JK
(左から)内山麿我、JK

寺西監督のコメント



寺西監督は、「東京には様々な情報、沢山の人、多種多様な趣味が集中する。世界から東京にコレクションされた人の中で、私は常に変動する若い男性達の価値観に焦点を当てた。今、若者文化に影響を与える男性達のファッションやセクシャリティ、恋愛の仕方、価値観、仕事、sexを赤裸々に描いています」と今作について語った。(モデルプレス)

映画俳優デビューを果たした内山麿我
映画俳優デビューを果たした内山麿我
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

Cinema List映画一覧

YouTube Channel


TOP