SKE48松井珠理奈は男を餌に生きていく?

SKE48松井珠理奈が、手厳しい分析を受けて撃沈した。
ン映画「もののけ姫」ブルーレイ発売記念スペシャルイベントに出席したSKE48松井珠理奈
ン映画「もののけ姫」ブルーレイ発売記念スペシャルイベントに出席したSKE48松井珠理奈
2日、都内で行われたアニメーション映画「もののけ姫」ブルーレイ発売記念スペシャルイベントに、同グループの松井玲奈と共にサプライズゲストとして登壇。ミニスカ制服姿でスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに花束を贈呈した珠理奈は「私は『もののけ姫』が公開された年に生まれました」とアピールしながら、現在公開中の映画「かぐや姫の物語」について「6回泣きました。観ている時に喜怒哀楽すべての感情が出たし、気づいたら泣いていた」と熱弁。

しかし劇中のかぐや姫と自身を重ねた感想を述べると、鈴木プロデューサーから「自分中心の子だね」と分析をされ、さらに「君って強がりだよね。玲奈さんは声の出し方が優しそう。好対照だよ」とピシャリ。「名古屋の女の人は気が強いんです。芯があるんです」と必死に弁解する珠理奈だったが「君の場合、表面に出てきているよ。男を餌に生きていくような感じ」と言われ、撃沈していた。

同作は、映画「風立ちぬ」がヒット中の宮崎駿監督が1997年に手がけた、スタジオジブリによる長編アニメーション映画。自然を侵す人間たちと神々の戦いを舞台に、狼に育てられた少女サンとエミシ一族の若者アシタカの出会いを描き、当時の日本映画が持つ興行記録を塗り替えた。

一方、アニメ好きという玲奈は「ジブリ作品のキャラクターで、『もののけ姫』のタタリ神が一番好き」と語り、鈴木プロデューサーから「頭おかしいんじゃないの?」と怪訝そうな顔をされてしまった。司会者からジブリ作品への出演希望について聞かれると「夢でもあります…なので…。でもそんなアピールは厚かましいかな」と控えめにしつつも、しっかりと名プロデューサーに思いを伝えていた。

映画「もののけ姫」ブルーレイは、12月4日より発売。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP