前田敦子、マンガにゲームの“食っちゃ寝”ニート姿を公開

解禁された映画「もらとりあむたま子」(11月23日公開)のポスタービジュアル(c)2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
解禁された映画「もらとりあむたま子」(11月23日公開)のポスタービジュアル(c)2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
前田敦子/映画「もらとりあむタマ子」の場面カット(c)2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
前田敦子/映画「もらとりあむタマ子」の場面カット(c)2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
前田敦子/映画「もらとりあむタマ子」の場面カット(c)2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
前田敦子/映画「もらとりあむタマ子」の場面カット(c)2013『もらとりあむタマ子』製作委員会
女優の前田敦子が主演する映画「もらとりあむタマ子」(11月23日公開)のポスタービジュアルと予告編が24日、解禁された。
前田敦子扮する主人公のタマ子は、東京の大学を出た後、就職せずに甲府の実家へ帰省。しかし家事もせず、家業も手伝わずに、食っちゃ寝の毎日を過ごす。ひとたび起きれば、マンガにゲームと、その姿はまさにニート。父からは「就職活動くらいしろ!」と一喝されるも「いつか動く!」と逆ギレ状態。そんなタマ子がちょっと一歩を踏み出すまでの1年を、秋に始まり夏に至るまで四季を通して描かれる。

予告編では、前田が布団の上でとにかくゴロゴロする姿や、精気の抜けた目で虚空をみつめたり、時には父親にぼやいたりと、見事なぐうたら女子を演じる姿が見られる。また解禁されたポスタービジュアルでは、白いパーカー姿に、中途半端にまくられたスウェット、だらなしない靴下という出で立ちで、タマ子がどんな人物がひと目で分かる一枚となっている。

メガホンを執ったのは「マイ・バック・ページ」「リンダ リンダ リンダ」など国内外で絶大な人気をほこる山下敦弘監督。脚本は山下監督と大学時代からコンビを組み続け、昨年は「ふがいない僕は空を見た」が高い評価を得た向井康介氏。主題歌は星野源が提供した「季節」が作品のエンドロールを締めくくる。

なお、「もらとりあむタマ子」はアジア最大級の映画祭「釜山国際映画祭」A Window on Asian Cinema部門に出品される。(モデルプレス)

■「もらとりあむタマ子」
11月23日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
監督:山下敦弘
脚本:向井康介
出演:前田敦子、康すおん、鈴木慶一、中村久美、富田靖子
配給:ビターズ・エンド

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 前田敦子、マンガにゲームの“食っちゃ寝”ニート姿を公開
今読んだ記事

前田敦子、マンガにゲームの“食っちゃ寝”ニート姿を公開

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事