橋本愛、共演者から告白される

女優の橋本愛が2日、都内で行われた主演映画「さよならドビュッシー」の大ヒット御礼舞台挨拶に、ピアニストの清塚信也、相楽樹、利重剛監督と出席した。
映画「さよならドビュッシー」の大ヒット御礼舞台挨拶に出席した(左から)利重剛監督、相楽樹、橋本愛、清塚信也
映画「さよならドビュッシー」の大ヒット御礼舞台挨拶に出席した(左から)利重剛監督、相楽樹、橋本愛、清塚信也
橋本はもうすぐバレンタインデーということで、清塚にチョコレートをプレゼント。受け取った清塚から「かわいいですね。言ってくれるだけでいいので、手作りと言ってください」「本命と受け取っていいですか?」と積極的にアプローチされると、小さな声で「丁重にお断りします(笑)」とクールにかわした。

左から:利重剛監督、相楽樹、橋本愛、清塚信也
左から:利重剛監督、相楽樹、橋本愛、清塚信也
フォトセッションでは、清塚がもらったチョコレートを床に落としてしまうハプニングも。冷たい視線を送る橋本に気づいた清塚は「申し訳ありません…」と恐縮しながら謝罪。会場に爆笑の渦が巻き起こった。

同作は、第8回「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社主催)で大賞を受賞した中山七里原作の同名小説「さよならドビュッシー」が原作。劇中でいとこ同士を演じた相楽に、橋本は「樹ちゃんとは初共演だったのですが、似ているところが多かったです。お互い干渉しない、気を使わないので、私はコミュニケーションが苦手ですが、すぐに仲良くなれました」とにっこり。

相楽も「愛ちゃんはほっぺの伸びが良いんですよ」と実際につねって仲良しぶりをアピールし、「喧嘩のシーンをすべてアドリブでやりすぎて、監督にNG出されてしまいました」と撮影エピソードを明かした。

また、同作での初演技を通して“役者・清塚信也”の地位を確立した清塚は「今回言われて一番嬉しかったのは『ピアノがやたら上手い役者がいる』ですね。今後は俳優も表現の一つとして、取り入れていきたい」と胸を張った。(モデルプレス)

橋本愛(後方右)からもらったチョコレートを床に落とす清塚信也(手前右)
橋本愛(後方右)からもらったチョコレートを床に落とす清塚信也(手前右)
■映画「さよならドビュッシー」

出演:橋本愛、清塚信也、ミッキー・カーチス、柳憂怜、相築あきこ、山本剛史、清水紘治、熊谷真実、サエキけんぞう、戸田恵子、三ツ矢雄二、吉沢悠ほか
監督:利重剛
脚本:牧野圭祐、利重剛
主題歌:泉沙世子「境界線」
(C)2013さよならドビュッシー製作委員会

橋本愛/映画「さよならドビュッシー」より
橋本愛/映画「さよならドビュッシー」より
【ストーリー】
双子同然で成長してきた16歳の香月遥(橋本)と従姉妹の片桐ルシアには、ピアニストになるという共通の夢があった。ある晩、ルシアと祖父の玄太郎(ミッキー・カーチス)が暮らす家で火事に巻き込まれた遥は、全身やけどの大けがを負いながらも、ひとり生き残ってしまう。彼女に残された希望は、生前のルシアと約束したドビュッシーの「月の光」を弾くことだけだった。やけどの後遺症による厳しいリハビリにくじけそうになりながらも、新しいピアノ教師の岬洋介(清塚)に勇気づけられ、二人三脚でピアノコンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。しかし祖父から遺された24億円もの遺産を巡り、遥の身のまわりで不可解な出来事が頻発し…。

橋本愛(右)と清塚信也(左)/映画「さよならドビュッシー」より
橋本愛(右)と清塚信也(左)/映画「さよならドビュッシー」より


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 橋本愛、共演者から告白される
今読んだ記事

橋本愛、共演者から告白される

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事