元AKB48光宗薫、主演映画舞台あいさつを急遽欠席 

主演映画「女子カメラ」の初日舞台挨拶を欠席する光宗薫
光宗薫
光宗薫
元AKB48の光宗薫が、24日に登壇を予定していた主演映画「女子カメラ」の初日舞台挨拶を欠席することが同日、発表された。 先月24日に体調不良を理由にAKB48の活動辞退し、今回のイベントが同グループ脱退以降初の公の場となる予定だった光宗。

イベント当日の夕方頃、映画「女子カメラ」の公式ツイッターアカウントが「主演の光宗薫が体調不良のため、本日の舞台挨拶の参加が不可能になりましたので、皆様にお詫びをさせて頂きますと共にご報告させて頂きます」と発表。「楽しみに待っていてくださった皆様には、残念なご報告となり大変申し訳ございません」と謝罪文をツイートした。

なお、今後については「本人からコメントを頂く予定です。劇場に来て頂いた皆様には、どのような形になるか分かりませんがお伝えできるように致します」としている。

光宗は、8月には同作の完成披露記者発表会で「話題性で主演に抜擢されたと思っている方の期待を裏切りたい」と意気込みをアピールしていたが、同月行われたAKB48初の東京ドーム公演「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」を3日間とも体調不良で欠席。その後も映画「私立バカレア高校」試写会や握手会を体調不良を理由に欠席し、ファンから心配の声が相次いでいた。(モデルプレス)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP