初瀬礼「呪術」(2018年1月22日発売/新潮社)

異色の作家・初瀬礼が描くサスペンス「呪術」が話題

2018.02.09 20:58
0
0

処女作「血讐」で第1回日本エンタメ小説大賞優秀賞を受賞した作家・初瀬礼氏の3作目の小説「呪術」が話題になっている。

初瀬礼「呪術」内容

アフリカ大陸で今も受け継がれる「呪術」の風習。多くは快癒や商売繁盛のためのよい呪(まじな)いだが、中には呪(のろ)いをかけた相手を失脚させたり、時には死に至らしめるほどの力を持つ呪術師もいるという。

30代のツアーコンダクター・麻衣は、仕事として訪れたモロッコで、テロに巻き込まれる。ピンチをくぐり抜け後、偶然に救うことになったのは、呪術師に追われているというアルビノの少女・ケイコだった。その肉体は、呪術師にとって「最高の材料」だというのだ。

麻衣はケイコを連れ日本に渡るが、待ち受けていたのはさらなる危機。不穏な動きを察知した警視庁公安部の「落伍者」園部と共に、「敵」を迎え撃つ計画を練るが…。

アルビノ・エンターテイナー、粕谷幸司氏が協力

タイトル、そして帯にならぶ言葉から、一見“怖い話”と捉えてしまいがちだが、カーチェイス、銃撃戦などのアクション要素も強い同作。加えて、著者の経験が活かされた警察・マスコミ・テロなど社会性も詰め込まれている。

さらに、“アルビノ”に関してはアルビノのエンターテイナー・粕谷幸司氏が協力。ネット上の反応をみると、それらが絡み合うストーリーを一気に読み進めてしまう人も多い。(modelpress編集部)

初瀬礼プロフィール

1966年長野県安曇野市生まれ。2013年日本エンタメ小説大賞・優秀賞となったサスペンス小説「血讐」(リンダパブリッシャーズ)が処女作。2016年に出版されたパンデミックをテーマとした小説「シスト」(新潮社)に次ぎ、今回の「呪術」が三作目となる。松本深志高校、上智大学ロシア語学科卒。フジテレビジョン勤務。入社以来、20年余りに渡り報道畑を歩み、社会部記者やモスクワ特派員、ディレクターを経験。
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. 石田ひかり、アルマーニ“制服”導入問題に持論 反響呼ぶ
    石田ひかり、アルマーニ“制服”導入問題に持論 反響呼ぶ
    モデルプレス
  2. MR.BIGのドラマー、パット・トーピーが死去
    MR.BIGのドラマー、パット・トーピーが死去
    モデルプレス
  3. 藤井聡太五段らバレンタインに向け…将棋会館の“異例”ツイートが話題に
    藤井聡太五段らバレンタインに向け…将棋会館の“異例”ツイートが話題に
    モデルプレス
  4. トップリード新妻悠太、芸人引退へ 逮捕後初ブログ更新
    トップリード新妻悠太、芸人引退へ 逮捕後初ブログ更新
    モデルプレス
  5. 愛川ゆず季、第1子妊娠を発表<コメント全文>
    愛川ゆず季、第1子妊娠を発表<コメント全文>
    モデルプレス
  6. トップリード新妻悠太逮捕 所属事務所がコメント
    トップリード新妻悠太逮捕 所属事務所がコメント
    モデルプレス

「その他」カテゴリーの最新記事

  1. 広島・宇草 鈴木誠也との自主トレで飛躍目指す「理想は3番、5番を任せてもらえる選手」
    広島・宇草 鈴木誠也との自主トレで飛躍目指す「理想は3番、5番を任せてもらえる選手」
    東スポWeb
  2. 村田充 シナモンの髪ピン 元妻・神田沙也加さんファン反応「さやちゃん笑ってそう」「優しい」
    村田充 シナモンの髪ピン 元妻・神田沙也加さんファン反応「さやちゃん笑ってそう」「優しい」
    デイリースポーツ芸能
  3. JR鹿児島線で信号系トラブル 一部区間の下り線で運転見合わせ
    JR鹿児島線で信号系トラブル 一部区間の下り線で運転見合わせ
    西日本新聞
  4. 中国恒大、半年で再建計画か 投資家向けに表明と報道
    中国恒大、半年で再建計画か 投資家向けに表明と報道
    共同通信
  5. 濱口竜介監督がコンペ審査員に ベルリン国際映画祭
    濱口竜介監督がコンペ審査員に ベルリン国際映画祭
    共同通信
  6. 中国恒大が半年以内に再建計画
    中国恒大が半年以内に再建計画
    共同通信
  7. 住商がウクライナの駐在員出国、家族から順次隣国へ 伊藤忠も
    住商がウクライナの駐在員出国、家族から順次隣国へ 伊藤忠も
    ロイター
  8. 濱口監督がベルリン国際映画祭審査員に
    濱口監督がベルリン国際映画祭審査員に
    共同通信
  9. NY円、114円前半
    NY円、114円前半
    共同通信

あなたにおすすめの記事