鈴木絢音/乃木坂46 (C)フジテレビ

乃木坂46鈴木絢音、アニメ好き女子高生役でSFドラマ出演 自身の分身が現れて…

2021.02.26 05:00
0
20

乃木坂46鈴木絢音が、2月27日放送のフジテレビ系バラエティー「ヨーロッパ企画のYou宇宙be」(深夜1時45分~2時45分、全5回)の新作ドラマパートに出演する。

鈴木絢音「ヨーロッパ企画のYou宇宙be」ドラマパート出演

鈴木絢音/乃木坂46 (C)フジテレビ
鈴木絢音/乃木坂46 (C)フジテレビ
同番組は、京都を中心に活動をする人気劇団・ヨーロッパ企画とフジテレビがタッグを組んだ新感覚SFバラエティー番組で、今年3月まで不定期で全5回のシリーズを放送する。

(左から)酒井善史、藤原麻里菜、中川晴樹 (C)フジテレビ
(左から)酒井善史、藤原麻里菜、中川晴樹 (C)フジテレビ
ドラマあり、コントあり、はたまたドキュメンタリーありの新感覚SF総合バラエティー番組となっており、今回は第4回目の放送となる。今回は、舞台「ナナマルサンバツ」シリーズや、昨年公演予定だった「たけしの挑戦状ビヨンド」など、ヨーロッパ企画と演劇でのかかわりも深い、乃木坂46・鈴木が新作のドラマパートに出演決定。そのほかにも、ドローンドラマ、発明ドラマなどヨーロッパ企画ならではのエッジの効いた多彩なジャンルの映像作品を届ける。

(左から)中川晴樹、鈴木絢音、土佐和成 (C)フジテレビ
(左から)中川晴樹、鈴木絢音、土佐和成 (C)フジテレビ

鈴木絢音、アニメ好きな女子高生に

鈴木絢音/乃木坂46 (C)フジテレビ
鈴木絢音/乃木坂46 (C)フジテレビ
今回の放送の見どころの一つが、乃木坂46の鈴木が主演を務めたドラマパート。鈴木演じるアニメ好きな女子高生の主人公・ワコが映画を見ていると、自分の分身が現れて…というマルチバースの世界線が交錯するというSFドラマで、前回の「エンドレスチャンネルエイト」に引き続き、新作書き下ろしの脚本を上田誠が担当。演出・山口淳太とのタッグで魅せる。なお、前回放送に引き続き「ヨーロッパ企画の26世紀フォックス」(2014年2月28日)から、分身ドラマ「サラリーマンは電気鮪の夢を見るか?」も再び全編放送が決定している。

総合演出・構成を務める上田は「乃木坂46鈴木絢音さんが、分身ショートムービーに挑んでくれました。『時をまたぐ少女』、自分と会話する絢音ちゃんとヨーロッパ企画メンバーを、ぞぞぞっとご覧ください」とコメントしている。

石田剛太 (C)フジテレビ
石田剛太 (C)フジテレビ
さらに、YouTubeチャンネル登録者数60万人超えを誇るバーチャルライバーでありゲーム実況者である月ノ美兎(つきのみと)への挑戦状とも言うべき「MKHプロジェクト」も遂に佳境を迎える。前回、撮影が終了した「名探偵スワー2」のテストプレーを実施。月ノ美兎の実況に向けて最終調整をする一行であったが、大みそかに雪が降りしきる中、撮影したゲーム映像を見た一同は―。なお、月ノ美兎の出演部分は、新規収録ではなく、以前に配信した動画を使用する。

石田剛太 (C)フジテレビ
石田剛太 (C)フジテレビ
その他にも、メンバースタッフの一人がドローンの操縦免許を取得したことを受け、ドローンが主演を務める、新作のドローン人情ドラマ「もどろんか」を放送。また、酒井善史の発明パートは今回も健在で「はつめけ!イコちゃん」(第1回、第3回で放送)、「A.I.棒」(第2回)に引き続き、“発明”シリーズ最新作の「ナディちゃんははつめかない」を放送する。

このドラマの中では、前回、酒井が配信企画「サカイ発明センター」で紹介した発明物「吊り橋効果を得られる靴」を実際に劇中で制作するという展開も。さらに、酒井と藤原麻里菜の2人の発明家の対談模様もお届け。そして、第1回で放送したスタ屋の「THE TONCHI ODYSSEY」の続編も放送するなど、今回も濃密な1時間を送る予定だ。(modelpress編集部)

番組あらすじ

(左から)石田剛太、諏訪雅、角田貴志 (C)フジテレビ
(左から)石田剛太、諏訪雅、角田貴志 (C)フジテレビ
20XX年、人類が宇宙へと進出している世界。エンターテインメント界は、コンテンツ大航海時代!メディアの垣根はなくなり、動画、アニメ、配信、ドラマに映画、過去のアーカイブに海外作品。そんな中、テレビ局「ヒュージテレビ」は生き残りと威信をかけて、大型宇宙ロケ番組「ことほど!ザ・ユニバース」を立ち上げた。

主人公は、この「ことほど!ザ・ユニバース」のロケクルーたち。予算がべらぼうにかかるため、宇宙船は払い下げのもの。クルーも少人数。というかほとんどロボット。それでも、まだみぬエンターテインメントのフロンティアを求めて、果敢に宇宙をかけるテレビクルーたちであった。

とはいえ、いざ宇宙へ行く羽目になったスタッフは、たまったものではなく。「6次元クジラを追え!」というよくわからないミッションを課せられた。局員リポーター・リコ(藤谷理子)は、不満たらたら。それをなだめるスタッフロボ・ナッガーノ(永野宗典)とザカイ(酒井善史)。宇宙の長旅は退屈であり、ネットも入らず。ミッション達成のめども立たず。

そこへ飛んでくる、謎めいた動画電波。こんな深宇宙に、いったい誰が送ってきたのか。映像をみたところ、地球のやつらが作っているっぽいが、出所は不明。というか、へんてこでギークな動画ばかり。一体、何が目的なのだろう…。道中、リコたちは、宇宙のレンタルビデオ屋や、宇宙海賊に遭遇しながら、6次元クジラの謎を、そして動画群の謎を、追いかけるのであった。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. ジェイタメ
  2. クランクイン!
  3. クランクイン!
  4. しらべぇ
  5. fumumu
  6. ザテレビジョン
  7. インターネットTVガイド
  8. クランクイン!