日向坂46、初の快挙 紅白で“爪痕残す作戦”明かす

日向坂46が、2019年に最も検索数が急上昇した“今年の顔”<アイドル部門賞>に選出され、4日、都内にて行われた授賞式に出席した。
日向坂46 (C)モデルプレス
日向坂46 (C)モデルプレス

日向坂46、初の快挙

(後列左から)小坂菜緒、金村美玖、佐々木久美、佐々木美玲、加藤史帆(前列左から)ゆきぽよ、横浜流星、りんごちゃん (C)モデルプレス
(後列左から)小坂菜緒、金村美玖、佐々木久美、佐々木美玲、加藤史帆(前列左から)ゆきぽよ、横浜流星、りんごちゃん (C)モデルプレス
2015年に「けやき坂46」として結成、今年2月、「日向坂46」へと電撃改名。“ハッピーオーラ”を武器に、明るく笑顔あふれるパフォーマンスが特徴の日向坂46は、デビュー曲「キュン」、そして「ドレミソラシド」「こんなに好きになっちゃっていいの?」の怒涛の3作リリース、9月にはさいたまスーパーアリーナで改名後初のワンマンライブを開催。「ドレミソラシド」で日本レコード大賞・優秀作品賞受賞、年末には初のNHK紅白歌合戦出場を控えるなど、デビュー後も快進撃を続けている。

モデルプレスでは、2019年の音楽シーンを振り返る毎年恒例の企画「モデルプレス読者が選ぶ ベストアーティストアワード2019」にて、新人賞(ネクストアーティスト賞)に選出している。

日向坂46が新人賞に輝く 受賞コメント&動画メッセージ<モデルプレス読者が選ぶ「ベストアーティストアワード2019」>


佐々木久美 (C)モデルプレス
佐々木久美 (C)モデルプレス
授賞式には、小坂菜緒、加藤史帆、金村美玖、佐々木久美、佐々木美玲の5人が登場。トロフィーを受け取ったキャプテン・久美は、「今年は“日向坂46”という名前をいただいて、そこからデビューして本当にたくさんの経験をさせてもらえて、いろんな方に私たちのパワーが届くようにと頑張ってきたので、本当に嬉しいです」と喜び。

また年末の紅白歌合戦への出場などが決まっていることから、久美は「けやき坂の時代はあまり機会がなくて『いつか私たちも出たいね』って話していました。本当にありがたいですし、チャンスを逃さないように頑張りたいです!」と意気込んだ。

加藤史帆 (C)モデルプレス
加藤史帆 (C)モデルプレス
さらに、紅白には“坂道グループ”の乃木坂46・欅坂46も出場することから、その中でも爪痕を残す作戦を聞かれると、加藤は「先輩の乃木坂46さんは美しくて清楚、欅坂46さんはザ・クールなので、私たちはにこにこ笑顔で頑張ります!」と笑顔を見せた。

横浜流星・日向坂46・ゆきぽよらが出席

ゆきぽよ、佐々木久美、横浜流星、佐々木美玲、りんごちゃん (C)モデルプレス
ゆきぽよ、佐々木久美、横浜流星、佐々木美玲、りんごちゃん (C)モデルプレス
授賞式には日向坂46のほか、横浜流星、ゆきぽよ、りんごちゃんが出席。

授賞式は欠席となったが、<女優部門>を蒼井優が受賞したほか、<声優部門賞>を梶裕貴、<作家部門賞>を尾田栄一郎氏、<アスリート部門>を渋野日向子氏、<ミュージシャン部門>をあいみょんが受賞し、メッセージを寄せた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 日向坂46、初の快挙 紅白で“爪痕残す作戦”明かす
今読んだ記事

日向坂46、初の快挙 紅白で“爪痕残す作戦”明かす

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事