大原櫻子、“人生初”バケツで水をかけられる「ビンタされたような感覚」<びしょ濡れ探偵 水野羽衣>

Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマ「ドラマパラビ」で放送される「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(7月3日スタート、毎週水曜深夜1時35分)に主演する歌手で女優の大原櫻子が、都内で行われた囲み取材会に出席。ドラマ初主演にして主題歌を担当する心境を語った。
大原櫻子(C)モデルプレス
大原櫻子(C)モデルプレス

「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」

大原が演じる主人公・水野羽衣(みずの・はごろも)は、実家であるラブホテルの一室で、兄が営む探偵事務所の手伝いをしている女子大生。水に濡れるとタイムリープできるという特殊な能力を持っており、誰かの手によりびしょ濡れになることで過去へ、そして、自らびしょ濡れになることで現在へ。その能力を生かし「びしょ濡れ探偵」として毎話事件を解決へと導いていく。

大原櫻子、毎回“びしょ濡れ”の衝撃

大原櫻子(C)モデルプレス
大原櫻子(C)モデルプレス
“毎回びしょ濡れになる”という設定を聞いた時の心境について、「そんなドラマ聞いたことない!っていうのが率直な感想」と笑いながら明かした大原。

“びしょ濡れ”という言葉のイメージから、色っぽいシーンになるのではないかと言う不安もあったそうで、「台本を読んでいくと結構笑えるシーンなんだなと。最初のイメージとは全く結果的には違いました」と振り返った。

大原櫻子(C)モデルプレス
大原櫻子(C)モデルプレス
衣装やヘアメイクの都合もあり、水を被るシーンは毎回本番一発勝負。バケツで水をかけられたのは人生初めての経験だったそうで「笑いが起きましたね。最初にそのシーンを撮ったときは(笑)」と回顧。「ビンタされたような感覚」と痛みもあったことを明かし、「撮影期間中も水泳に行ってたんですけど、冷たい水が一瞬嫌になりました(笑)」とプライベートにも影響があったよう。

しかし、回数を重ねるごとに「水の被り方というか被り終えたあとのケアの仕方が私含めスタッフさんも慣れてきた」とチームワークの良さにも触れ、「(水を)かける側の矢本悠馬さんが最初から上手かったんですけど、だんだん慣れてきている感じはありましたね(笑)」と語った。

初のドラマ主題歌も担当

カメラマンから「何かポーズを」と求められ、矢本悠馬が劇中で披露しているというポーズを拝借する大原櫻子(C)モデルプレス
カメラマンから「何かポーズを」と求められ、矢本悠馬が劇中で披露しているというポーズを拝借する大原櫻子(C)モデルプレス
また、今回ドラマ初主演にして初のドラマ主題歌を担当するが、「ダブルでやらせていただけることってなかなかないことだと思うので、素直に嬉しかったです」と喜び。

大原櫻子(C)モデルプレス
大原櫻子(C)モデルプレス
主演として意識したことを問われると、「とにかく現場が楽しければいいなと思っていたので、常に私もリラックスしようと思っていたんですけど、内容が内容でとても面白かったので、自然と常に笑っているような感じでした」と自然体で臨むことができたようで、スタッフのサポートにも感謝を述べた。

大原櫻子(C)モデルプレス
大原櫻子(C)モデルプレス
最後に「本当に笑えるし元気が出るドラマができたので、たくさんの方に見ていただきたい」と呼びかけ、「内容もわかりやすいし、変に頭を使って見るようなドラマではないので、ある意味深夜にピッタリだと思います。ぜひこのドラマを見て次の日のお仕事を頑張ってほしい」とアピールした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大原櫻子、“人生初”バケツで水をかけられる「ビンタされたような感覚」<びしょ濡れ探偵 水野羽衣>
今読んだ記事

大原櫻子、“人生初”バケツで水をかけられる「ビンタされたよう…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事