大原優乃、たわわバスト武器に初の大賞受賞 グラビア続行宣言「求めていただける限り」<第5回カバーガール大賞>

カバーガール大賞実行委員会が、3月4日「雑誌の日」を記念して『第5回 カバーガール大賞』を発表。2018年に最も雑誌の表紙を飾った大賞、及びグラビア部門、10代部門をグラビアアイドルで女優の大原優乃が受賞した。
大原優乃(C)Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.
大原優乃(C)Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.
大原は、持ち前のFカップのたわわボディを武器に、グラビアデビュー作『週刊プレイボーイ』(集英社)から『FRIDAY』(講談社)や『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)『週刊アスキー』(KADOKAWA)などのカバーガールを担当。2018年にはドラマデビューをし、現在は日本テレビ系ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に出演中。2019年も数々の映画出演が決まっており、女優としても目が離せない存在だ。

大原優乃、“初めて公言した目標”大賞受賞に喜び

大原優乃(提供画像)
大原優乃(提供画像)
今回の受賞に大原は「写真集を出すという目標を叶えることができて、次の目標は何にしようと考えてるときに、1番にこのカバーガール大賞さんで賞をとりたいっていう目標を作って、ファンの皆さんにも初めて自分の目標を公言しました。みなさんと一緒に頑張れて、賞をとることができたので本当に嬉しいです」と念願叶った喜びをあらわに。

大原優乃(提供画像)
大原優乃(提供画像)
グラビア、演技と多方面で活躍しているが、今後もグラビアを続けていくか聞かれると「求めていただける限りは。毎回毎回初心を忘れずに感謝を忘れずに頑張りたいなって思います!」と意気込んだ。

「第5回 カバーガール大賞」とは?

『第5回 カバーガール大賞』(C)Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.
『第5回 カバーガール大賞』(C)Fujisan Magazine Service Co., Ltd. All Rights Reserved.
同賞は、2018年(1月~12月まで)に発売され、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10000誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、「第5回カバーガール大賞」受賞者として表彰。

昨年に引き続き、大賞およびエンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞と10代・20代・30代でトップを飾った人のほかに、読者やファンに印象的な話題やニュースを届けたカバーガールを讃え、カバーガール大賞実行委員が選ぶ『話題賞』を設けている。(modelpress編集部)

「第5回 カバーガール大賞」結果

【大賞】 大原優乃

【エンタメ部門】 齋藤飛鳥(乃木坂46)
【コミック雑誌部門】 浅川梨奈
【ファッション部門】 井川遥
【グラビア部門】 大原優乃
【話題賞】 ELLE JAPON/ Koki,(7月号)

【10代部門】 大原優乃
【20代部門】 吉岡里帆 
【30代部門】 石原さとみ

【トップ10】
1位:大原優乃
2位:浅川梨奈
3位:齋藤飛鳥(乃木坂46)
4位:小倉優香
4位:吉岡里帆
6位:与田祐希(乃木坂46)
6位:石原さとみ
8位:西野七瀬
9位:綾瀬はるか
9位:白石麻衣(乃木坂46)
9位:広瀬すず 


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大原優乃、たわわバスト武器に初の大賞受賞 グラビア続行宣言「求めていただける限り」<第5回カバーガール大賞>
今読んだ記事

大原優乃、たわわバスト武器に初の大賞受賞 グラビア続行宣言…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事