ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)語録にスタッフも感激「その場に居る人を幸せにしちゃう癖がある」

【ROLAND/モデルプレス=2月21日】ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)が、23日発売の雑誌「ViVi」4月号に登場する。
ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド) (画像提供:講談社)
ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド) (画像提供:講談社)

ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)語録にスタッフも感激

世間をざわつかせている格言の真意や、下積み時代から今の活躍へ至るまでの徹底的な自己プロデュースについて語ったROLAND。“個の力”が試される今の時代にこそ、身につけておきたい心に響くローランド語録が満載となっている。

撮影は、1月初旬、都内某所のスタジオ。「よろしくお願いしますー!」と集合時間10分前に降臨したROLAND。この日のスタイルは、お馴染みのストレートブロンドヘアにベージュのコート、黒のパンツにブーツ。「今日撮影で着ようと思っていたジャケット、忘れて来ちゃったので、この服のままでいいですか?」と登場早々、おちゃめな発言で現場を和ませ、スタートから明るいムードに。

今回ヘアメイクに入ったのは有名ヘアメイクの奈良裕也氏。奈良氏との相談で、カールヘアにすることに。「スタジオ入った瞬間、すごいイケメンが居る!!と思ったら、ヘアメイクさんだったんですか」と奈良氏のイケメンぶりを褒めるROLAND。そしてヘアメイクが始まると「インスタライブやろっかなー」と自身のインスタライブを起動。「えっと、どうやってViViのアカウントつけるんですか?コメント固定……?なんですか、それ?」と操作には疎い様子。ヘアメイクが完成すると「おー!カールがいつもと全然違う!めちゃくちゃ気に入りました。またやって欲しいです!」と、すっかり奈良ヘアに夢中になっていた。

インタビューではスタッフ全員がローランド語録をナマで聞き感激。「その場に居る人を幸せにしちゃう癖がある」という本人の言葉通り、ポジティブなパワーをプレゼントした。ROLANDが帰った後、動画撮影に来ていた男性スタッフが「俺たちも明日からROLAND様の言ってたこと取り入れていこうぜ」と言いながら笑顔で帰り支度をするほど、制作スタッフもすっかりローランダーとなった。

表紙は自身4度目の単独表紙emma

「ViVi」4月号表紙:emma(2月23日発売、講談社) (画像提供:講談社)
「ViVi」4月号表紙:emma(2月23日発売、講談社) (画像提供:講談社)
今号は、おしゃれ番長として人気を博すemmaが、自身4度目となる単独表紙を務める。カバーストーリーでは本人の意向もあり、今までViViで見せてきたものとは一味違った、大人の女性を意識した撮り下ろしに挑戦。

emma (画像提供:講談社)
emma (画像提供:講談社)
ロングインタビューでは、去年、モデルの仕事をするようになってから初めてスランプに陥ったことを告白し「18歳からモデルの仕事を始めて、 がむしゃらに頑張ってはいたけれど、 今思えば何も考えていなかったんです。 ただ突っ走っていただけ。 その勢いが去年ピタッと止まって、 仕事や女性としての人生というものを深いところまで考えるようになったら、 一気に全部わからなくなっちゃった(笑)」と“本当の気持ち”を明かす。そして、そんな彼女を変えたという“旅”についても語る。

このほか、橋本環奈・あいみょんらが登場する。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)語録にスタッフも感激「その場に居る人を幸せにしちゃう癖がある」
今読んだ記事

ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)語録にスタッフも感激「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事