【乃木坂46「NOGIBINGO!10×モデルプレス」連載Vol.10】松村沙友理が考案“肉ダリング” 伊藤理々杏・新内眞衣・向井葉月と胸キュンシチュエーションも<ロケ感想&番組見どころ紹介>

参照回数:44,261

【乃木坂46・NOGIBINGO!10/モデルプレス=12月6日】モデルプレスでは、日本テレビ『NOGIBINGO!10』(毎週月曜深夜25:29~)とコラボレーションして、ロケの様子や参加メンバーの感想、番組の見どころなどを独占写真とともに毎回紹介中。

今回は、松村沙友理伊藤理々杏新内眞衣向井葉月が登場する12月11日放送「#10」の模様をお届けする。【「NOGIBINGO!10 ×モデルプレス」連載企画Vol.10】
新内眞衣、松村沙友理、伊藤理々杏、向井葉月(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
新内眞衣、松村沙友理、伊藤理々杏、向井葉月(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会

全編ロケに!新装開店「NOGIBINGO!10」

スタジオを飛び出しシリーズ初の全編ロケで送る『NOGIBINGO!10』では、毎回1人の乃木坂46メンバーを“わがままセンター”として選抜し「普段はガマンしているやりたい事」を解放。わがままセンターがずっと行きたかった場所へ行ったり、食べたいものを食べつくしたり、今だからこそやりたい事に挑戦する。

そしてロケに同行するメンバーたちは“盛りあガール”として、わがままセンターのやりたい事を全力で応援。MCを務めるイジリー岡田も彼女たちに付き添い、乃木坂46の可愛い表情から意外な一面まで、グイグイ引き出していく。

過去のコラボ連載もチェック!


「NOGIBINGO!10」#10“わがままセンター”は松村沙友理

新内眞衣、松村沙友理、伊藤理々杏、向井葉月(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
新内眞衣、松村沙友理、伊藤理々杏、向井葉月(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
今回わがままセンターを務めるのは「食べることが大好き」という松村。大好きな“肉”をどうしたらよりおいしく食べられるのか考えた結果、「運動して汗をかいたあとにお肉を食べたらもっとおいしくなる!」と思いついたそうで、“ボルダリング”と“肉”を掛け合わせ、「肉ダリングをガマンしない!」と宣言した。

松村沙友理ら“肉ネーム”は?

「NOGIBINGO!10」には、ロケ中“タメ口”で話す番組恒例のルールがあるため、松村が「ブリアン」、伊藤が「コムタン」、新内が「小皿」、向井が「マルチョウ」と、それぞれの肉(ニック)ネームを決定。3期生の伊藤は1期生の松村へのタメ口ルールに戸惑いを見せるも、松村が「ウェルカムです!」と手でハートマークを作って言いやすい空気を作っていた。

柔軟体操が不気味なメンバーは?

松村沙友理(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
松村沙友理(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
過去にボルダリングを体験したことがある松村は「記憶の中ではちょちょいのちょいだった」と余裕の表情だったが、いざボルダリングジムに到着して、そびえ立つウォールを前に「見たらちょっと…」と自信喪失。しかし、「“肉ダリング”は理にかなってる」と語る日本女性初のプロクライマー・尾川智子氏の全面協力してくれることに。

柔軟体操で体をほぐしていると、運動神経の良いメンバー、いまいちなメンバーが発覚。“あのメンバー”の柔軟体操の不気味さに一同爆笑してしまう。

高難度の壁に悲鳴連発

その後、まずは垂直壁を先生の指示に従って練習していると、「そのホールドをお肉だと思って!」という松村の励ましによって、「ハラミを掴んだよ!」「ラストサーロイン!」「レバーに足をかけて!」と、お肉を目標に声を掛け合う4人。

難易度の高い前傾斜にチャレンジした際には、気合いの入った肉ダリングの掛け声で頂上を目指すも、4人とも悲鳴を連発していた。

焼肉デートで胸キュンシチュエーション

そして、汗を流した後の焼肉店では、極厚な“幻の黒タン”を目の前に4人は大興奮。「初デートの焼肉店」を舞台に、店長を一番胸キュンさせる言葉を言えたメンバーが“幻の黒タン”を多めにゲットできるだけあって、4人とも渾身の焼肉デート胸キュンをみせる。

松村沙友理・伊藤理々杏・新内眞衣・向井葉月

「NOGIBINGO!10」ロゴ(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
「NOGIBINGO!10」ロゴ(C)「NOGIBINGO!10」製作委員会
松村:“肉ダリング”は、楽しく体を動かしたうえ、さらにおいしいお肉を食べるという、ただただ幸せな、いいことを発明してしまったと思いました。やりたいことを組み合わせただけなんですけど、運動したあとにお肉を食べるのは体にいいと、先生もおっしゃっていたので、みなさんにもぜひやってみてもらえたらと思います。タメ口ルールは、2人にとって難しかったかもしれないんですが、私は仲よくなりたいと思っていたので、より距離が縮まったような気がしてうれしかったです。今回は、スポーツならではの「やってやろう!」っていう精神も見ることができるし、おいしいものを食べるメンバーそれぞれのかわいい癒やしの顔もあるので、みんなのかわいさとかっこよさがたくさん詰まっていると思います。

伊藤:ボルダリングはずっとやってみたかったんですけど、1人では行けないし機会もなかったので、今回初めて体験できました。疲れちゃうかなと思ったら、すごく楽しくて、またやりたいです。さらに、みんなで応援し合ったり、一緒になって楽しんだりできたことがすごくうれしくて。それに加えて最高のお肉を食べられるのは至福の時間でした。最高です。先輩たちとはところどころ敬語になっちゃいましたが、みんなでおいしいものも食べたし仲が深まるといいなあと思いました。

新内:戦力外だったんですけど(笑)、ボルダリングを久々にできて楽しかったです。少し上に登れただけでも達成感があったので、続けていきたいなと思いました。後輩たちとは昔に比べたらだいぶしゃべるようになったんですけど、ロケに行く機会はあまりなかったので、いろんなことをみんなで一緒にできて楽しかったです。

向井:ボルダリングで上まで登ることができないときはすごく悔しいんですけど、できなかったからこそまた次、次って、向上心というか、挑戦したいと思う気持ちを改めて取り戻せてすごく楽しかったです。先輩と関わるのは、こういうロケじゃないとできないので、今日はいっぱいしゃべれてすごくうれしかったです。

Huluで完全版限定配信

番組放送終了後には、オリジナルコンテンツ、テレビ未公開部分を含む完全版がHuluにて限定配信される。全11回、毎週火曜日更新予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 【乃木坂46「NOGIBINGO!10×モデルプレス」連載Vol.10】松村沙友理が考案“肉ダリング” 伊藤理々杏・新内眞衣・向井葉月と胸キュンシチュエーションも<ロケ感想&番組見どころ紹介>
今読んだ記事

【乃木坂46「NOGIBINGO!10×モデルプレス」連載Vol.10】松村沙…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事