松井玲奈、小説家デビュー決定「自分の新しい感性に出会える予感がする」

参照回数:46,772

【松井玲奈/モデルプレス=10月12日】女優の松井玲奈が、直木賞作家も多く輩出するの文芸誌「小説すばる」2018年11月号(集英社、10月17日発売)で自身初の短編小説「拭っても、拭っても」を発表する。
松井玲奈(提供写真)
松井玲奈(提供写真)

松井玲奈、デビュー小説「拭っても、拭っても」発表

NHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)に出演中の松井は、幼少期から読書好きで、普段から多くの本を読んでいることから、小説誌への書評の寄稿や有名作家の文庫解説の執筆など、これまでも様々な文筆活動を積み重ねてきた。そして、この度初めての短編小説を執筆し、小説家としての活動を始めることになった。

「小説すばる」2018年11月号表紙(C)小説すばる2018年11月号/集英社
「小説すばる」2018年11月号表紙(C)小説すばる2018年11月号/集英社
デビュー小説「拭っても、拭っても」は、過去の恋愛によってトラウマを抱えたアラサー女性の主人公が、小さな、しかし確かな希望を持って、前を向くまでの物語。過去に囚われた主人公の姿を、ユーモラスかつ切実に、瑞々しい筆致で描いている。

松井は、「頭の中にある映像を言葉で人に伝えるのは、とてもエネルギーのいる作業でしたが、どこかで物語の続きを考えて遊んでいた子どもの頃を思い出して楽しんでいる自分がいました。書き続けることで、自分の新しい感性に出会える予感がしています」とコメントを寄せた。

なお、今後も文芸誌「小説すばる」での執筆を予定。また、月刊読書情報誌「青春と読書」11月号(10月20日発売、集英社)には、初めての小説執筆に関する松井のエッセイが掲載される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 松井玲奈、小説家デビュー決定「自分の新しい感性に出会える予感がする」
今読んだ記事

松井玲奈、小説家デビュー決定「自分の新しい感性に出会える予…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事