「半分、青い。」衝撃展開で長時間トレンド入り 涼次(間宮祥太朗)の“離婚決意”に反響殺到

女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第105回が1日、放送された。鈴愛(永野)の夫・涼次(間宮祥太朗)のある決断が巻き起こした、波乱の展開が大きな反響を呼んでいる。<※以下、ネタバレあり>
永野芽郁、間宮祥太朗 (C)モデルプレス
永野芽郁、間宮祥太朗 (C)モデルプレス

涼次(間宮祥太朗)、鈴愛(永野芽郁)に衝撃の一言(第104回)

7月31日放送の第104回では、鈴愛と涼次の子ども・花野(かの)が、おたふく風邪で高熱を出して病院へ。一方涼次は映画監督の祥平(斎藤工)に呼び出され、新たな映画の脚本と監督を依頼された。

家族のことを考え、もう映画業界には未練はないときっぱりと伝えたものの、頼まれた映画の脚本を切ない表情で見つめる涼次。

そして年月は流れ、花野が5歳を迎えた誕生日の日、涼次は突然鈴愛に「別れて欲しい」と告げるところで終了した。

「半分、青い。」撮影秘話・これまでの反響を振り返る


涼次(間宮祥太朗)、離婚決意の理由が波乱巻き起こす※ネタバレあり

永野芽郁 (C)モデルプレス
永野芽郁 (C)モデルプレス
間宮祥太朗 (C)モデルプレス
間宮祥太朗 (C)モデルプレス
突然の離婚話に戸惑いを隠せない鈴愛に、涼次は自分が書いた脚本が認められ、映画監督デビューすることになったと伝える。

鈴愛は「花野のために諦めたんじゃなかったの?安定した生活選んでくれたんじゃなかったの?」と問い詰めるが、ようやく訪れた夢へのチャンスを諦められない涼次。「生活あるじゃん!花野いるじゃん!いくつだよ!寝言言ってないで!」と鈴愛にまくしたてられるも、映画作りへの熱意を必死に語る。

自分が子育てに必死だった時、涼次が脚本作りに夢中だったことを知り許せない鈴愛。「それは裏切りじゃないのか?なんで言わなかった?」と責めると、涼次は「言えなかった」「引き返しては行けないと思った」「でも映画の世界が僕を呼ぶんだ」と話す。

永野芽郁、間宮祥太朗 (C)モデルプレス
永野芽郁、間宮祥太朗 (C)モデルプレス
結婚したまま映画を撮るわけにはいかないのか、鈴愛がたずねると、この先何本も撮るために定職には就かず、フリーターになると明かす涼次。「家族は邪魔になる」と告げた。

たまらず涼次に物を投げつけた鈴愛。すると花野がやってきて、2人の手を取り「はい仲直り」と手をつないであげるのだった。

しかし、涼次は本当に分かれるつもりであることを叔母の光江に伝え、その決断に光江は「何故結婚した。今すぐ家から出て行け」と言い放った。

波乱の展開に反響殺到 関連ワードは長時間トレンド入り

ネット上では、涼次の決断に様々な意見が殺到。「突然すぎて辛い。胸が痛い」「母親としては鈴愛の気持ちがものすごく分かる」「夫婦なのに分かり合えないことがしんどいんだよね」「涼ちゃんを擁護したい気持ちもあるし…」「夢と生活、永遠のテーマ」「芽郁ちゃんも間宮くんも若いのにハードな夫婦問題をちゃんと表現していてすごい」など様々な立場からコメントが寄せられた。

Twitterでは「#半分青い」「#涼ちゃん」など、関連ワードが長時間トレンド入りするほどの話題となった。

永野芽郁がヒロイン・朝ドラ「半分、青い。」

前列左から:滝藤賢一、松雪泰子、永野芽郁、佐藤健、原田知世、谷原章介/後列左から:風吹ジュン、中村雅俊、余貴美子 (C)モデルプレス
前列左から:滝藤賢一、松雪泰子、永野芽郁、佐藤健、原田知世、谷原章介/後列左から:風吹ジュン、中村雅俊、余貴美子 (C)モデルプレス
連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜けるおよそ半世紀の物語。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「半分、青い。」衝撃展開で長時間トレンド入り 涼次(間宮祥太朗)の“離婚決意”に反響殺到
今読んだ記事

「半分、青い。」衝撃展開で長時間トレンド入り 涼次(間宮祥…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事