「クレヨンしんちゃん」矢島晶子が卒業 野原しんのすけの“最後のセリフ”に視聴者涙

0
0
テレビ朝日系人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(毎週金曜よる7時30分)で野原しんのすけ役を番組スタートから26年間にわたり演じてきた声優・矢島晶子が、29日放送をもって降板。ネット上では多くの反響が寄せられている。
矢島晶子(C)モデルプレス
矢島晶子(C)モデルプレス
矢島にとって最後の放送となったのは「野原家プリンウォーズだゾ」「防衛隊の会議だゾ」。そして最後に、約35秒のショートエピソード「いつものオラだゾ」を放送。しんのすけが憧れるヒーロー・アクション仮面を観ながら真似するなど、何気ない日常が描かれ、最後のセリフは「あ~、オラ、毎日楽しい」で幕を閉じた。

視聴者からは「しんちゃん…毎日楽しい…泣いた」「矢島さんお疲れ様でした!長い間しんちゃんを演じてくださってありがとうございました」「矢島さんのラストしんちゃんに涙がとまらない」「矢島さんのしんちゃんに何度笑って泣いたかわからない。本当にお疲れ様でした」など感動する声や労いの声が殺到。Twitterでは「クレヨンしんちゃん」「しんのすけ」などがトレンド入りを果たした。

矢島晶子「野原家から離れることに致しました」

テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより
テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより
矢島は1992年4月13日の番組放送開始から、26年3ヶ月、しんのすけの声優を担当。今月1日、テレビ朝日が「ご本人より『しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった。』との理由で降板のお申し出があり、番組制作スタッフと協議を重ねた結果、この度の決定となりました」と矢島本人から申し出があり、降板に至ったことを発表。矢島は今後も声優としては活動していく。

なお、7月からの後任には、「デュエル・マスターズ!」の切札ジョー役などを担当してきた小林由美子が決定している。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 「クレヨンしんちゃん」矢島晶子が卒業 野原しんのすけの“最後のセリフ”に視聴者涙
今読んだ記事

「クレヨンしんちゃん」矢島晶子が卒業 野原しんのすけの“最後…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事