ジェジュン、現在の恋愛事情を明かす

【ジェジュン/モデルプレス=5月11日】アーティストのジェジュンがニューヨーク発の女性ファッション誌「Harper’s BAZAAR」の日本版『ハーパーズ バザー』7・8月合併号特別版(5月19日発売)の表紙に登場。インタビューでは、現在の恋愛事情を明かしている。
ジェジュン(提供写真)
ジェジュン(提供写真)
誌面では、撮り下ろしグラビアとロングインタビューを10ページにわたってお届け。また、通常版は、グラビアの内容が異なる10ページで展開。さらに、『ハーパーズ バザー』の公式ウェブサイトでは、フォトシューティングやインタビューのメイキング映像を5月19日から公開する。

ジェジュンの魅力に迫る

ジェジュン(提供写真)
ジェジュン(提供写真)
今年から、9年ぶりに日本での活動を再開したジェジュン。『ハーパーズ バザー』では “歌う、愛の歌を” をテーマにしたファッションストーリーでジェジュンの現在の魅力に迫る。ジェジュンはグッチ、ヴァレンティノ、プラダ、ディオールオム、ルイ・ヴィトンなど、ハイブランドのウェアを多彩な表情で着こなし。またインタビューでは、歌うこと、表現すること、日本での活動などについて語っている。

現在の恋愛については「恋愛をしないと恋愛系の歌詞は書けないじゃないですか」と言いつつも、「最近まったく恋愛をしてなくて、みんなが望んでいるとおり、さびしく生きています。はい、安心してください(笑)」とファンを安堵させた。

ジェジュンインタビュー抜粋

日本版『ハーパーズ バザー』7・8月合併号特別版(ハースト婦人画報社、5月19日発売)表紙:ジェジュ(提供写真)
日本版『ハーパーズ バザー』7・8月合併号特別版(ハースト婦人画報社、5月19日発売)表紙:ジェジュ(提供写真)
― ご自身の曲のなかで、おすすめしたい愛にまつわる歌は?

「んー、何だろう。やっぱり『守ってあげる』ですね。歌詞の内容が僕とファンの皆さんの関係にぴったりの歌詞じゃないかなと思います。この曲はすごく切なくなるんですよ。君を守ってあげるっていう歌詞なのに、もどかしいというか。だから僕とみんなの縁をもっと深く大事にしたいし、したくなるっていう曲ですね。」

― もう一曲挙げるとしたら?

「難しいな…。あえていうなら『パラダイス』かな。(中略)僕と一緒に生きているこの世界がパラダイスなんだっていうイメージで作った曲です。みんなの夢をすべて叶えてあげたいっていう希望の曲ですね。」

― ファンの方の夢ってどんなものだと思いますか?

「(前略)でも結局、お互いに元気で長生きしようっていうのがあって(笑)。それ以外だと、いちばんの希望は、一生独身でいてほしい、かもしれないですね(笑)。たぶん僕のファンの8割以上はそう思っているかもしれない。僕の未来はまだわからないですから。どういう人に出会って、いつ結婚するか、わからないですから!恋愛をしないと恋愛系の歌詞は書けないじゃないですか。最近まったく恋愛をしてなくて、みんなが望んでいるとおり、さびしく生きています。はい、安心してください(笑)。」

― 今年2月行われたJリーグ、サガン鳥栖戦のハーフタイムショーでのパフォーマンスについて

「(前略)あの時はアウェイで、さびしかったです。ダンス曲じゃないし、ダンサーもいないし、ひとりで歌ったから、本当にさびしかったですね(笑)。ちょっとでもすべったら、微妙な雰囲気になる状況だったんです。でも一生懸命がんばって、乗り越えました。僕のことを知らない人に僕の存在を知らせることは嬉しいことですよね。いい機会でした。」

(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ジェジュン、現在の恋愛事情を明かす
今読んだ記事

ジェジュン、現在の恋愛事情を明かす

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事