浜崎あゆみが涙 LGBTイベントで自身初のフリーライブ「マジョリティが正しいということは絶対にない」魂の訴えにファン感動<セットリスト>

参照回数:687,590

【浜崎あゆみ/モデルプレス=5月6日】歌手の浜崎あゆみが6日、東京・代々木公園で開催された日本最大級のLGBT関連イベント「東京レインボープライド2018」に出演。ライブパフォーマンスを披露した。
浜崎あゆみ(提供写真)
浜崎あゆみ(提供写真)

浜崎あゆみ、生きるのがつらくなった時を支えてくれた新宿二丁目

浜崎あゆみ(提供写真)
浜崎あゆみ(提供写真)
約20分遅れでライブはスタート。その20分の間、“あゆコール”が途切れることはなかった。

「STEP you」から始まったメドレーの後、MCへ。「あんまりこういう機会はないので、今回お誘いいただいたことをとても光栄に思っています」と切り出した浜崎。会場には「知り合いのねえさん方もいっぱいいる」と明かし、「20年前のデビューしたての頃、生きるのがすごくつらくなりまして。どうしたらいいのか、全くわからなくなってしまったとき、初めて行ったのが二丁目でした」と回顧 (※新宿二丁目はLGBTのコミュニティタウンとして知られており、マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブらを輩出。マツコも浜崎のLGBT支援活動を「本物」と認める発言をしている)。

それ以来、二丁目は自身にとって“ホーム”であり、「二丁目に帰ればお母さんたちがいっぱい待っていてくれる」と笑顔を見せ、「喜怒哀楽全てを二丁目の仲間たちと過ごしてきたからこそ、今の私がいると思っています」と感謝を語った。

浜崎あゆみ、日本社会に訴え「自分に誇りを持って、進み続けて」

浜崎あゆみ(提供写真)
浜崎あゆみ(提供写真)
「まだまだ日本はコンサバティブ(保守的)ですから、どこかマイノリティ(少数派)であることが間違いであるとか、社会的に弱者であるとか、そういったイメージが拭えないところは正直あると思います。でも、だからといって、マジョリティ(多数派)が社会的な勝ち組で正しいということは絶対にないと私は思っています」と強く訴え、「これから先も生きるのにちょっと肩身が狭いなと思ったり、何かを諦めたくなってしまいたくなることがたくさんあると思います。ですけど、どうかその時は今日のことを思い出してください。ずっとずっと自分に誇りを持って、進み続けていってほしいと思います。私もマイノリティ(仲間)の1人として、みなさんとこれからも一緒に歩んでいかせていただきたいと思っております」と呼びかけると、会場からは拍手が沸き起こった。

浜崎あゆみ(提供写真)
浜崎あゆみ(提供写真)
「これ以上しゃべると泣いてしまうけん…」とMCを切り上げ、バラードコーナーへと移った。しかし、「how beautiful you are」を歌いだしたところで、感極まり涙。胸を抑え、天を仰いで涙をこらえながら魂を込めて歌い上げる姿に涙するファンもいる中、“どんな人でも美しい”というメッセージを一人ひとりに訴えかけるように熱唱。

アンコールでは「BLUE BIRD」と「Boys&Girls」の2曲を披露し、「これからもともに生きましょう!」と呼びかけ、ステージを後にした。

「東京レインボープライド2018」

同イベントは、「性」と「生」の多様性を祝福する人たちの祭典。浜崎がこうしたフリーライブに出演するのは今回が初となった。(modelpress編集部)

セットリスト

01.STEP you
02.You&Me
03.Sparkle
04.curtain call
05.how beautiful you are
アンコール06.BLUE BIRD
アンコール07.Boys&Girls

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 浜崎あゆみが涙 LGBTイベントで自身初のフリーライブ「マジョリティが正しいということは絶対にない」魂の訴えにファン感動<セットリスト>
今読んだ記事

浜崎あゆみが涙 LGBTイベントで自身初のフリーライブ「マジョリ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事