カーリング女子「そだねー」が可愛いと話題 芸能界でも流行語に?<平昌五輪>

参照回数:888,551

【平昌五輪・カーリング/モデルプレス=2月20日】平昌五輪(2018平昌冬季オリンピック)のカーリング女子日本代表・LS北見が、五輪過去最多の5勝目をあげる快進撃をみせている。白熱の試合展開とともに、試合中の選手たちの会話が「可愛い」「癒される」と話題を呼んでいる。
カーリング女子日本代表(Photo by Getty Images)
カーリング女子日本代表(Photo by Getty Images)
本橋麻里、鈴木夕湖、吉田夕梨花、吉田知那美、藤澤五月の、北海道北見市出身の5人からなる日本女子代表。19日にはソチ五輪銀メダルのスウェーデンとの激闘を制し、メダルに向け大きく前進した。

カーリング女子の会話が「かわいい」「癒される」と話題

カーリング女子日本代表(Photo by Getty Images)
カーリング女子日本代表(Photo by Getty Images)
試合中、激しく声を掛け合ったり、追い詰められて苛立ちを見せたりするチームもあるなか、日本代表は「こっちいってみよっかー?」「うん、そだねー(そうだね)」「とりあえずやってみよー」「ナイスー」と北海道訛りが混じった穏やかな口調で作戦会議。ナイスショットを決めると笑顔で喜び合ったりと、試合に集中しつつ時折リラックスした顔ものぞかせている。

そんな選手のやりとりに、ネット上では「カーリングのみなさんかわいいw」「会話聞いてるとめっちゃ癒される」「そだねーは頻繁に使っていきたい」「女子の会話だ笑 かわいいからずっと聞いていたい」など話題に。試合中には「そだねー」がTwitterのトレンド入りするほど注目を集めている。

また、試合中には軽食をとることが許されるハーフタイムが設けられており、選手たちがフルーツなどの糖分をとりながら話し合うシーンも放送される。この模様も“おやつタイム”として視聴者を楽しませており「ピクニックみたい」「モグモグタイム待ってました」「きょうのおやつはいちご!かわいいがすぎる」といった声が続出している。

芸能界からも注目「そだねー」は流行語候補?


芸能界からもカーリング女子の会話に注目が寄せられており、有吉弘行はスウェーデン戦後、「スゥエーデンに勝利だねーナイスだねー そだねー」(原文ママ)とツイート。さまぁ~ずの三村マサカズも「行けるよ、カーリング!やっぱり面白いわ。駆け引きが。あつめでもいいよねー!そーだねー。うーん。これで金メダル行こう!」と“そだねー”がお気に入りの様子だ。加藤浩次は、MCを務める「スッキリ」で選手たちの会話を取り上げた際、「流行語になるかも」と予想していた。

有吉弘行(C)モデルプレス
有吉弘行(C)モデルプレス
三村マサカズ(C)モデルプレス
三村マサカズ(C)モデルプレス
20日、日本代表は準決勝進出をかけ強豪イギリスに挑む。試合展開とともに選手たちの会話にも注目したい。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - カーリング女子「そだねー」が可愛いと話題 芸能界でも流行語に?<平昌五輪>
今読んだ記事

カーリング女子「そだねー」が可愛いと話題 芸能界でも流行語…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事