「花より男子」新章、聖地でクランクイン 杉咲花×平野紫耀に「花男」の2人が重なる…撮影現場で見せた姿<花のち晴れ~花男 Next Season~レポ>

TBS系4月期の火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(毎週火曜よる10時)が都内にて2月某日、クランクイン。取材会が行われ、主演の杉咲花平野紫耀(King&Prince)、中川大志、“C5”メンバーを演じる濱田龍臣今田美桜鈴木仁中田圭祐の7人が出席した。
撮影中の姿はすっかり音/杉咲花 (C)モデルプレス
撮影中の姿はすっかり音/杉咲花 (C)モデルプレス

「花のち晴れ~花男 Next Season~」

同作は、日本中に“花男”旋風を巻き起こした『花より男子』の新章で、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす痛快青春ラブストーリー。F4が卒業し落ち目になった英徳学園を舞台に、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす「自分らしく生きる」ことがテーマの痛快青春ラブストーリー。

杉咲花、平野紫耀/「にこやかに」とリクエストするとにっこり笑ってくれました (C)モデルプレス
杉咲花、平野紫耀/「にこやかに」とリクエストするとにっこり笑ってくれました (C)モデルプレス
主人公は、コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校の英徳学園に通う“隠れ庶民”の江戸川音(えどがわ・おと/杉咲)。そんな音に深く関わってくるのが、神楽木晴(かぐらぎ・ハルト/平野)だ。晴は、かつて英徳学園のカリスマ的存在だった道明寺司に心酔し、“C5”と呼ばれる5人組を結成。そのリーダーとして、生徒たちから崇められている。

C5のリーダーである晴の幼馴染で、英徳学園歴代トップのIQの持ち主・平海斗を濱田、C5の紅一点で、幼い頃から晴に恋心を抱き続けている真矢愛莉を今田、C5随一のイケメンで、華道の家元の家に生まれた超女好き・成宮一茶を鈴木、類まれなる運動神経の持ち主で武道の達人・栄美杉丸を中田が演じる。

クランクイン取材会/ソロショットも多数フォトギャラリー


「花より男子」と同じ撮影場所でシーン撮影

クランクインしたのは晴天の朝、花男と同じ撮影場所で、英徳学園の制服に身を包んだ杉咲、そしてC5のブラックジャケットをまとった平野らが勢揃い。そこに英徳学園のライバル校・桃乃園学院の生徒会長で音の婚約者・馳天馬(はせ・てんま/中川)を演じる中川も加わった7人で、高級外車が並ぶ校舎前から正門へ歩いてきた。横1列に並んだ美男美女が歩いてくる瞬間は様になっており、7人は顔を見合わせながら照れ笑い。1人1人丁寧に報道陣に向けて頭を下げ、クランクインを報告した。

そして、すぐに最初のシーンの撮影へ。この日公開されたのは英徳学園の校門前へ、桃乃園学院の生徒たちが突撃しビラを配り始めるが、そこにC5が現れ…というシーン。

撮影中/杉咲花 (C)モデルプレス
撮影中/杉咲花 (C)モデルプレス
撮影中/杉咲花 (C)モデルプレス
撮影中/杉咲花 (C)モデルプレス
威圧感たっぷりのC5に生徒たちは恐れる/撮影中:濱田龍臣、鈴木仁、中田圭祐 (C)モデルプレス
威圧感たっぷりのC5に生徒たちは恐れる/撮影中:濱田龍臣、鈴木仁、中田圭祐 (C)モデルプレス
C5に“隠れ庶民”がバレることを恐れる音が考え事をしながら校門を出ると、桃乃園学院の生徒の勢い良い勧誘が。音が驚いて渡されたビラを凝視していると、後ろから晴の怒号が響き、C5が桃乃園学院の生徒たちと対峙する。

主に晴が主導となって会話をする場面で、初めて晴として第一声を出した平野は何度もリハーサルを繰り返し、カットがかかった瞬間にイントネーションを心配するなど、注意深く演技をチェック。それでもカメラが回っていないちょっとした瞬間にはそれまでの険しい表情から一転して、報道陣に向けて笑顔を見せるなどキャスト陣はリラックスした雰囲気。

平野は撮影が終わると様々な方向のスタッフに向かって丁寧に頭を下げ、感謝する謙虚な姿が印象的だった。

クランクイン取材会/ソロショットも多数フォトギャラリー


杉咲花に井上真央と重なる存在感…C5の華やかオーラも再現

撮影中/杉咲花 (C)モデルプレス
撮影中/杉咲花 (C)モデルプレス
肩につかないくらいのスッキリした音のミディアムヘアにイメージチェンジし、2005年と2007年に放送されたドラマ版『花より男子』で主人公・牧野つくしが着ていたものと、同じ色、同じ型の制服を着用した杉咲。つくしと音は共通点も多く、かつてつくしを演じた井上真央がそうだったように、同じ子役出身の杉咲も、小さい身体ながら主役にふさわしい圧倒的な存在感を見せていた。

鈴木仁、今田美桜、平野紫耀、濱田龍臣、中田圭祐 (C)モデルプレス
鈴木仁、今田美桜、平野紫耀、濱田龍臣、中田圭祐 (C)モデルプレス
そして、英徳学園の憧れの的・C5の象徴でC5だけが着用できる特別な制服である‟ブラックジャケット”を着た5人は、エンジ色の制服の生徒たちの中で一際華やかなオーラを放出。少女漫画にぴったりの端正な顔立ちの平野を、これまでとはイメージが異なるクールな眼鏡男子になりきった濱田、ツインテールにキュートなルックスで小悪魔キャラの紅一点・愛莉を演じる今田、“さすが2人とも「MEN'S NON-NO」モデル”と唸ること間違いなしの抜群のスタイルの鈴木と中田の4人が囲んだ姿はまさにC5。かつて『花男』で嵐・松本潤演じた道明寺司が率いる大金持ちのイケメン集団・F4キャスト(小栗旬・松田翔太・阿部力)にとってそれぞれ同作が代表作になったように、今回も1人1人に注目が集まることは必至だろう。

晴天の天候といえども、真冬の野外。長時間立っていると記者も震えるほどの寒さだったが、キャスト陣は淡々と何度も別角度や別パターンで繰り返される撮影を進行。待ち時間には日向で和気あいあいと会話を楽しんでいた。

「夜行観覧車」コンビ再来は胸熱/杉咲花、中川大志 (C)モデルプレス
「夜行観覧車」コンビ再来は胸熱/杉咲花、中川大志 (C)モデルプレス
中川は今回の撮影シーンには登場せず、別シーンの撮影のために現場を訪れており、もともと取材会には出席予定ではなかったが、C5の面々がクランクインするなら、とのことで急遽取材会にも参加。2013年の同局ドラマ『夜行観覧車』での共演で知られている杉咲と仲睦まじく、杉咲が“音グラム“として更新するドラマ公式Instagram(@oto_edogawa)に投稿する動画を撮影していた。

クランクイン取材会/ソロショットも多数フォトギャラリー


杉咲花「花男」衣装に「鳥肌が立った」

杉咲花 (C)モデルプレス
杉咲花 (C)モデルプレス
杉咲花、中川大志 (C)モデルプレス
杉咲花、中川大志 (C)モデルプレス
シーンの撮影後、前日に一足早くクランクインしていた杉咲と平野の2人が報道陣の囲み取材に応じた。「昨日はどこかまだクランクインした感じがしないなという思いがどこか自分の中にあったんですけど、目の前にブラックジャケットの皆さん(C5)が現れて、『ああ、ここが英徳学園だな、始まったんだな』と思いました」(杉咲)、「昨日クランクインだったんですけど、口パクでセリフを言っただけだったので(笑)、クランクインらしい日を迎えられたのかなと。周りのC5のメンバーもクランクインして、『花より男子』でも使っていた英徳学園で撮影をしてとても身が引き締まりました。昨日も締まってたんですけど今日の方が締まってます(笑)!」(平野)とそれぞれ率直な心境を言葉に。

つくしが着ていた制服と同じ型に袖を通した杉咲は「最初は『つくしさんが着た衣装だ』と思うと鳥肌が立った」と思い返し、格式ある最高級服地ブランドのオーダーメイドで、一人ひとりを採寸して作られたブラックジャケットを着た平野は「シャツに『SH』ってイニシャルが入ってるのがお気に入り」と笑顔を見せた。

杉咲花、原作にも「敬意を払いながら」

杉咲花(C)モデルプレス
杉咲花(C)モデルプレス
杉咲は、音役のため、トレードマークでもあった長い髪をバッサリと30cmカットし、人生初だという前髪をつくり今作に挑戦。「ここまでバッサリ切ったのが初めてなので最初は慣れないというか寝癖とかもどうやったら良い感じになるのか未だに分からないんですけど、でも切ったときにより音ちゃんに近づけた思いになった」と慣れないヘアスタイルに戸惑いながらも、音役を楽しんでいるよう。

クランクインを迎え、「読みあわせをしていたときよりも感覚が違くて、深く考えずに自分がふと音になれてる感覚がありつつ」と役を段々と掴みだした心境を語りつつも、「でも原作の魅力だったり音らしさも忘れずに。慣れてくるとオリジナルになってしまいそうなのでそこは忘れずに敬意を払いながらやっていけたら良いなと思います」と原作にもリスペクトを示し心がけを語った。

平野紫耀、“第ニの道明寺”がぴったり?

平野紫耀 (C)モデルプレス
平野紫耀 (C)モデルプレス
晴は、英徳学園高等部の男子生徒でC5のリーダー。神楽木グループの御曹司で生徒から憧れられているという設定。すぐに格好つける癖があり、生徒の前では“第二の道明寺”“カリスマリーダー”を演じているが、実際はメンタルが弱い“ヘタレ男子”というキャラクター。平野は前日の撮影を振り返り、「セリフのないシーンを撮ったんですけど、そこでも机の下で盗み聞きしてて出るときに頭をぶつけてみたり晴らしいことを入れてみたりとか…(笑)」とアドリブ(?)を入れたことを報告。しかし、杉咲からは「え!ぶつかったんじゃないんですか(笑)?」とツッコミが入り、平野が「実は、みたいな!実は(わざと)やってみた、みたいな」と胸を張って宣言。素の平野の天然ぶりに、すでに役柄が重なって見える瞬間だった。

「今まで違う作品に入るときは緊張とか不安が多かったんですけど今回はワクワクの方が大きくて」という平野。スタッフから「昨日もずっと音ちゃんの撮影を見ながらずっとニコニコしながら歩いてましたよね」と明かされると、「『俺も早くあの中に入ってお芝居したい!』って思ってチラチラ見てたんですけど変質者みたいになって(笑)」と頷き、「今日やっと皆と混じれて、ワクワクしながら緊張感もありながら。でもワクワクはなくさずに行きたいなと思ってます」と意気込んだ。(modelpress編集部)

“道明寺”嵐・松本潤からの激励も


クランクイン取材会/ソロショットも多数フォトギャラリー




【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「花より男子」新章、聖地でクランクイン 杉咲花×平野紫耀に「花男」の2人が重なる…撮影現場で見せた姿<花のち晴れ~花男 Next Season~レポ>
今読んだ記事

「花より男子」新章、聖地でクランクイン 杉咲花×平野紫耀に「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事