「海月姫」泉里香の“振り切り演技”に視聴者くぎ付け 過激セリフに色仕掛け…インパクト絶大キャラを好演 

参照回数:502,991

【泉里香/モデルプレス=1月30日】フジテレビ系月9ドラマ『海月姫』(毎週月曜よる9時~)で稲荷翔子を演じるモデル・女優の泉里香に注目が集まっている。
「海月姫」泉里香“振り切れ”がすごい 過激セリフに色仕掛け…インパクト絶大キャラを好演 (C)モデルプレス
「海月姫」泉里香“振り切れ”がすごい 過激セリフに色仕掛け…インパクト絶大キャラを好演 (C)モデルプレス

新月9ドラマ「海月姫」

同作は“オタク女子”が自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、複雑な3角関係に巻き込まれながら新しい自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”。

クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”・倉下月海役を芳根京子、“女装美男子”・鯉淵蔵之介役を瀬戸康史、“童貞エリート”・鯉淵修役を工藤阿須加が演じる。

泉里香、振り切った演技で存在感

泉里香(C)フジテレビ
泉里香(C)フジテレビ
東村アキコ氏が描く同名漫画を原作とする同作では、月海、蔵之介を始めとし、“キャラの濃い”人物が多数登場。その中でも、ひときわ存在感を放つのが泉演じる稲荷翔子だ。

稲荷は鯉淵修(工藤阿須加)に色仕掛けで迫り、街の再開発を進めようとするイケイケのデベロッパー(通称:女狐)。仕事のためにはいわゆる枕営業も厭わない野心家でグラマラスな美女、一方で修を口説き落とすため、なぜか催眠術を持ち出す、など強烈なキャラクターだ。

泉里香(C)フジテレビ
泉里香(C)フジテレビ
泉は劇中、喫煙所で電話をかけるシーンでは悪女感漂う貫禄の表情、再開発の住民説明会シーンでは高圧的な表情、修の前で見せる“女”全開の表情…と豊かな表情を顔芸と言えるほど大きな度合いで次々と繰り出す。その美しいビジュアルからは想像できぬ振り切れ具合に、思わず目で追ってしまうほどだ。

泉里香、ベッドシーンに過激セリフも

泉里香(C)フジテレビ
泉里香(C)フジテレビ
さらに体を張ったシーンも多数。修と一緒のベッドに入る場面では、あの女子憧れのエロふわボディを大胆に見せた黒キャミソール姿で修にキスをし、抱きつきながら「かなり相性良いみたいですね」と囁き。第3話では「心の奥底でもう一度、私とセックスしたいって思ってるからよ」と過激なセリフも飛び出すなど、これまでの泉のイメージからはガラッと変わった姿を見せている。またセクシーなシーンの反面、ベッドの上で修に振りほどかれるくシーンでは、大きく転げ周り床に転落。コメディーらしく、明るいエロを見事に表現した。

視聴者からも「泉里香さんがコメディー全開で面白い」「海月姫で一番気になるキャラはなんだかんだ稲荷さん(笑)」「泉里香って超絶美人だし原作の稲荷よりも稲荷(笑)」「毎回稲荷さんのキャラが濃すぎて最高」「泉里香ちゃんがめっちゃはっちゃけキャラやっててすごい」と好評の声が多数。振り切った演技と強いインパクトで絶賛されている。

泉里香、新たな才能を開花

泉里香(C)フジテレビ
泉里香(C)フジテレビ
昨年は、完売が続出した写真集の発売や、ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)出演、初の冠レギュラー番組『泉里香 Happy Guide』(ニッポン放送)スタート、など多方面で活躍が目立った泉。年末のイベントでは「2017年は本当に勇気を持って一歩踏み出したことが沢山の仕事に繋がった。来年も新たなことに挑戦したい」と語っていた。

今回、初の月9レギュラー。コメディエンヌとしての新たな才能を開花させた泉に注目したい。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「海月姫」泉里香の“振り切り演技”に視聴者くぎ付け 過激セリフに色仕掛け…インパクト絶大キャラを好演 
今読んだ記事

「海月姫」泉里香の“振り切り演技”に視聴者くぎ付け 過激セリ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事