【中間発表】「男子高生ミスターコン」中部地方予選、上位10人を発表<速報>

日本一のイケメン高校生を決定する「男子高生ミスターコン2017」中部地方予選の投票サイトが7日にオープン。13日の投票締め切りを前に、上位10人の中間発表が行われた。
「男子高生ミスターコン」中部地方予選【中間発表の上位者5人】
「男子高生ミスターコン」中部地方予選【中間発表の上位者5人】
投票サイトでは、「サイト投票」「応援メッセージ」「リツイート」「ページ閲覧」「総合ポイント」の5項目により審査が行われている。各項目の上位2人ずつ、計10人が中部エリアの“地方ファイナリスト”として次に進める。

中間発表/「男子高生ミスターコン2017」中部地方予選

「サイト投票」1位:西尾勇大
「サイト投票」2位:鈴村梨公
西尾勇大
西尾勇大
鈴村梨公
鈴村梨公
「応援メッセージ」1位:河﨑哲太
「応援メッセージ」2位:仲上直樹
河﨑哲太
河﨑哲太
仲上直樹
仲上直樹
「リツイート」1位:杉浦柊真
「リツイート」2位:水野陽裕
杉浦柊真
杉浦柊真
水野陽裕
水野陽裕
「ページ閲覧」1位:長嶋輝
「ページ閲覧」2位:田中陣
長嶋輝
長嶋輝
田中陣
田中陣
「総合ポイント」1位:杉山一輝
「総合ポイント」2位:高橋陽向
杉山一輝
杉山一輝
高橋陽向
高橋陽向

投票する!「中部」投票サイト


なお投票は、13日午後8時に締め切られ、翌14日の夜に結果が発表される。

なお「男子高生ミスターコン2017」は昨年同様、全国を6エリアに分けて地方予選が行われており、中部地方予選は、新潟県、富山県、石川県、福井県、岐阜県、長野県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県からエントリーした高校生が対象。

全国6エリアでSNS審査が一斉スタート

一次・二次審査を通過した205人の候補者たちが対象となるSNS審査は、「北海道・東北」「関東」「関西」「中部」「中国・四国」「九州・沖縄」の6つのエリアに分け、地方ごとに投票サイトを用意。

各エリアから10人選ばれるため、6エリア合わせて60人が次に進める。

「北海道・東北」投票サイト/候補者の写真公開中


「関東」投票サイト/候補者の写真公開中


「中部」投票サイト/候補者の写真公開中


「関西」投票サイト/候補者の写真公開中


「中国・四国」投票サイト/候補者の写真公開中


「九州・沖縄」投票サイト/候補者の写真公開中


※「男子高生ミスターコン2017」に関する問い合わせは下記メールアドレスまで
contact@dkmrcon.jp

選ばれた60人の候補者たちは“地方ファイナリスト”としてSNOW審査に進み、9月30日に行われる「全国ファイナリスト発表イベント(仮)」にて、10~14人の全国ファイナリストに絞られる。

その後、合宿や週末レッスンなどを経て、12月24日に行われる「全国ファイナルイベント(仮)」にて“日本一のイケメン高校生”が決定する。

昨年の男子高生ミスターコンの様子


「男子高生ミスターコン」とは

昨年行われた「男子高生ミスターコン2016」地方ファイナル審査
昨年行われた「男子高生ミスターコン2016」地方ファイナル審査
男子高生ミスターコンは「みんなで選ぶ、日本一かっこいい男子高生」をコンセプトに掲げ、今年で3回目を迎える、全国規模の男子高校生限定のコンテスト。高校生に広く使われているSNSやアプリを使用した投票審査が組み込まれているため、グランプリ決定までの過程を全員参加型で楽しめるのが特徴。昨年の総投票数は36万票を記録している。

2017年は、8月13日にエントリーを締め切り、昨年同様全国を6地方(北海道・東北/関東/中部/関西/中国・四国/九州・沖縄)に分け地方予選を実施。勝ち残った上位10~14人(予定)が全国ファイナリストとして、12月24日(予定)に東京で行われる本選で、“日本一のイケメン高校生”の称号をかけて競い合う。

グランプリ受賞者は副賞として、大手芸能事務所に所属できるほか、賞金の贈呈、人気美容室「OCEAN TOKYO」の専属モデルである”OCEANS STAR”に選出されることも決定。

「男子高生ミスターコン2016」グランプリ・本田響矢、準グランプリ・那須泰斗
「男子高生ミスターコン2016」グランプリ・本田響矢、準グランプリ・那須泰斗
なお昨年の「男子高生ミスターコン」は、雑誌「Poteen」などで活躍中の本田響矢がグランプリ、那須泰斗が準グランプリに輝いた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 【中間発表】「男子高生ミスターコン」中部地方予選、上位10人を発表<速報>
今読んだ記事

【中間発表】「男子高生ミスターコン」中部地方予選、上位10人…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事