世界3大フェス「EDC」のファッション&楽しみ方をチェック

【EDC JAPAN/モデルプレス】世界3大フェスの一つとも言われ、通年の動員数100万人を誇る「EDC」。日本初となる上陸まで数日を切った。
GWの熱狂間近!世界3大フェス「EDC」のファッション&楽しみ方をチェック(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
GWの熱狂間近!世界3大フェス「EDC」のファッション&楽しみ方をチェック(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
花火が上がり、ステージ全体を覆うほどの光にあふれる世界最大級のフェス「EDC」。派手な演出で注目される同フェスは、参加者のファッションもかなり個性的で派手だと有名だ。そこで今回は、海外で行われた「EDC」のフェスファッションと、楽しみ方をまとめて紹介する。

個性全開のカラフルコーデが定番

「EDC」のファッションスタイルはとにかく自由。それぞれの個性を自由に表現しているのが同イベントの特徴でもある。

派手ファッションの中でも、特に多く見られるのが蛍光カラーや原色を取り入れたもの。ファッションはもちろん、メイクからヘアカラーまでカラフルにすれば目立つこと間違いなし。



個性全開ファッションで「EDC」に参加


誰ともかぶらない派手なコーデだからこそ「EDC」のテーマでもある“究極の光と音のカーニバル”に最適なファッションと言える。

お揃いコーデもEDC流のフリースタイルで


グループや友人とのペアルックスタイルもフェスファッションの楽しみ方の一つ。「EDC」でも多くの参加者がトップスやメインカラーを合わせてペアルックスタイルを楽しんでいる。

小物を合わせるスタイルも人気で、今では定番となっているフラワークラウンや、ビジューメイクもペアスタイルに。やはりペアルックスタイルでも派手なアイテムはマストのようで、光るサングラスを合わせるなど、自由に楽しむスタイルは変わらない。


露出度高めでさらに目立つスタイルに

「EDC」のフェスファッションは水着やへそ出しも当たり前。露出度を高めれば、さらに注目度は上がる。さり気なく肌見せするスポーティースタイルから、セクシーさを全面に出しているスタイルなど、露出度高めでも個性が光る。


パフォーマーや曲芸師のファッションがとにかく派手な「EDC」では、周りを気にする必要はなく、中にはコスプレ風のファッションを楽しむ姿もあった。


音楽だけじゃない!「EDC」の楽しみ方

派手な演出が見どころのメインステージ(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
派手な演出が見どころのメインステージ(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
オーディエンスを包み込むような大量の光や、何分間も打ち上げられるメインステージの花火など、大規模な演出が注目される「EDC」だが、様々なブースやアート作品が点在するフォトスポットなども見どころの一つ。

日本で初開催される「EDC」では、数万個のボールが浮かぶ「ボールプール」や、風船ほどの大きさがあるシャボン玉「バルーンバブル」が幻想的な世界観を演出。

ステージ以外にも見どころ多数(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
ステージ以外にも見どころ多数(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
また、アメリカでも話題になったロンドン発の「YR live painting ブース」が日本初上陸する。“YR live”とは自身が大型スクリーンでTシャツなどのデザインを決め、その場でプリントして購入することが出来るシステム。「EDC JAPAN」ではTシャツ、トートバッグ、バンダナの3つのアイテムが用意されており、「EDC JAPAN」オリジナルデザインを作ることができる。

オリジナルTシャツも作れる
オリジナルTシャツも作れる
光るデイジー花飾り
光るデイジー花飾り
光るデイジー花飾りやタイダイT、フラッシュで光るTシャツ・キャップなど、フェスを盛り上げるオフィシャルグッズも多数揃う。そのため、オフィシャルグッズでカラフルコーデを決める参加者も少なくない。

自由なスタイルで楽しむ(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
自由なスタイルで楽しむ(Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)
「EDC」ではDJではなく、オーディエンスをヘッドライナーと呼んでいる。それほど参加者に楽しんでもらうことを一番に考えている。

初開催の「EDC」を楽しむ秘訣は、固定概念にとらわれない自由な発想。個性を全面に出したファッションで、ここでしか味わえない幻想的な空間に身を任せれば、貴重な体験を味わうことができるだろう。(modelpress編集部)[PR]提供元:EDC JAPAN

EDC JAPAN 2017

日程:2017年4月29日(土・祝)・30日(日)2日間
場所:ZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市美浜区美浜1)&幕張海浜公園(千葉県千葉市美浜区ひび野)EDC特設会場
時間:開場/開演12時
※雨天決行、荒天中止
※18歳以上入場可、VIPは20歳未満入場不可
※入場時IDチェック有り、顔写真付き身分証明書必須

「#私をベガスに連れてって」キャンペーン

世界最大規模の動員数を誇るEDMフェス「EDC」が日本で初開催されるのを記念したキャンペーンを実施。当選者は本場ラスベガスの「EDC」へ招待される。

■応募方法/EDC Japan公式twitterアカウント(@EDC_Japan)をフォローし、期間中に一緒に行くフレンドに向けてリツイート。抽選により商品をプレゼント。

キャンペーンに応募する


■キャンペーン期間/2017年4月14日(金)12:00〜4月28日(金)23:59

■参加資格
・日本国内にお住まいの満21歳以上の方で、twitterアカウントをお持ちの方
・21歳未満の方は応募できません
・twitterを非公開設定にしている方は対象外となります
・EDC Japan関係者の応募はできません

■キャンペーン賞品
・3000リツイート以上:EDC Las Vegasご招待(VIPペア)+バックステージツアーをはじめとした限定VIP体験 2組4名
・2000リツイート以上:EDC Las Vegasご招待(VIPペア)2組4名
・1000リツイート以上:EDC Las Vegasご招待(GAペア)2組4名
※キャンペーン投稿のリツイート数に応じて賞品が異なります。予めご了承ください。

■注意事項
・リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
・ダイレクトメールを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・ご当選連絡のダイレクトメッセージ記載のご返答締切日までに入力がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - 世界3大フェス「EDC」のファッション&楽しみ方をチェック
今読んだ記事

世界3大フェス「EDC」のファッション&楽しみ方をチェック

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事