“日本一のコスプレイヤー”えなこの美ボディがすごい!初となる快挙達成 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

参照回数:81,548

【デイリーランキング/モデルプレス=2月16日】2月16日にモデルプレス内で読まれたニュースをランキング形式でご紹介。
「週刊ヤングジャンプ」12号に登場したえなこ(C)桑島智輝/集英社/今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】
「週刊ヤングジャンプ」12号に登場したえなこ(C)桑島智輝/集英社/今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】
16日は前日放送のドラマ「東京タラレバ娘」の話題が2つランクイン。関心度の高さをうかがわせた。

5位:ゴールデンボンバー樽美酒研二、名字を告白 中居正広ら総ツッコミの事態

樽美酒研二(C)モデルプレス
樽美酒研二(C)モデルプレス

5位の記事はこちら


元SMAPでタレントの中居正広がMCを務める日本テレビ系バラエティー番組「ナカイの窓」(毎週水曜23時59分~)の15日放送回では、“白塗り芸能人”が集結。ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの樽美酒研二が名字を告白する一幕があった。

「樽美酒研二(だるびっしゅ・けんじ)」といういかにも芸名の名前で活動している樽美酒だが、「名字だけ教えて」と中居に迫られると「いや~ダメでしょ」と一瞬拒否するも、「一応、あの、○○ですけど」とあっさり名字を告白。名字の部分には規制音がかかったがスタジオは大盛り上がりで、中居は「普通!」とズッコケ。アシスタントMCの陣内智則も驚き、「え~!ショックやわ!なんや、樽美酒研二って嘘ばっかりやん!」とツッコむ事態となった。

4位:比嘉愛未、“親友”新垣結衣の言葉に涙「飼われたいくらい大好き」 自宅飲みエピソードも披露

新垣結衣、比嘉愛未 (C)モデルプレス
新垣結衣、比嘉愛未 (C)モデルプレス

4位の記事はこちら


女優の比嘉愛未が15日、NHK総合トーク番組「スタジオパークからこんにちは」(月~金曜、13時5分~)にゲスト出演。

比嘉の素顔に迫るコーナーでは、比嘉をよく知る人物からのメッセージが到着。そのうちの一人が新垣結衣と知ると、比嘉は「わー!結衣~」と驚きながら、「同じ沖縄出身で、歳は結衣が2つ下なんですけど、魂レベルで大人。人生を悟っているようで芯があってしっかりしてる。一緒にいると甘えちゃう」と頬を緩ませた。さらに親密な間柄がうかがえるエピソードが紹介され、最後に新垣からの「直して欲しいところを含めて大好き。いつ会っても笑顔にしてくれるところ、何年経ってもすごく素直で無邪気でまっすぐなところが好き」との言葉が伝えられると、比嘉は「泣きそうになっちゃう」と瞳を潤ませ、「その言葉、そのままそっくり結衣に返したい。こういう業界で長く仲良くいられるのは、彼女のブレずにいるところが好きだから。同じように思ってくれていたんだと思うと嬉しいです」と感激していた。

3位:「タラレバ」大島優子、田中圭とのキスシーンに反響 不倫やめられず…「バカ、嘘つき、大嫌い」

大島優子、田中圭 (C)モデルプレス
大島優子、田中圭 (C)モデルプレス

3位の記事はこちら


女優の吉高由里子が主演を務める日本テレビ系ドラマ「東京タラレバ娘」(毎週水曜よる10時)の第5話が15日、放送された。

大島優子演じる小雪は不倫関係を絶とうと決意し、田中圭演じる丸井からの連絡を無視するが、丸井が「呑んべえ」に訪ねてくる。子どもがいることを聞いてないと責める小雪に「でも(奥さんと)上手くいってないのは本当」「だって子どもいるって言ったら小雪さん僕と付き合ってくれなかったでしょ」と弁解。「ガキみたいなこと言わないでよ…」と呆れた小雪に、丸井は「ごめん、ガキみたいに小雪さんのこと好きだから」と切ない表情で告白。「でももうこれ以上苦しめたくないからもう会わない方がいい…」と諦めて帰ろうとするところを、小雪が突然キスをし、「バカ、嘘つき、大嫌い」と抱きしめ合い、不倫関係を断ち切ることはできなかった。

2位:「タラレバ」KEY(坂口健太郎)が結婚した相手&理由が明らかに「泣いちゃう」「切ない」

坂口健太郎 (C)モデルプレス
坂口健太郎 (C)モデルプレス

2位の記事はこちら


続いても「東京タラレバ娘」第5話から。今回、俳優の坂口健太郎演じる金髪イケメンモデル・KEYが過去に結婚していた相手と理由が明らかとなった。

劇中ではKEYの回想シーンが登場。病院の屋上で「結婚すれば良かった。まさか独身のまま死んじゃうなんて」という年上の女性(村川絵梨)に黒髪の若かりしKEY(=鍵谷)は、「先生のその夢、俺に叶えさせてよ」とプロポーズ。「現実から逃げるみたいに鍵谷くんのこと利用するなんて…」と戸惑う女性に「俺があなたの逃げ道になる」と宣言し、優しく抱き寄せた。現在とは異なるルックスの過去のKEYが決断した結婚に、視聴者からは「こんな理由だったのか、なんて切ないんだ」「泣いちゃう」「かっこよすぎやん、、、、」「過去には自分が逃げ道になってたんだね」「すごい過去だな」といった感想が寄せられ、「最初嫌な奴かと思ったけど見る度に好きになっていく」「倫子さんと上手く言って欲しい」と、秘められた思いや素性が徐々に明らかになっていく内に、KEYを応援する声も大きくなっていた。

1位:“日本一のコスプレイヤー”えなこの美ボディがすごい!初となる快挙達成

えなこ(C)桑島智輝/集英社
えなこ(C)桑島智輝/集英社
「週刊ヤングジャンプ」12号 表紙:えなこ(C)桑島智輝/集英社
「週刊ヤングジャンプ」12号 表紙:えなこ(C)桑島智輝/集英社

1位の記事はこちら


“日本一のコスプレイヤー”と名高いえなこが、16日発売の「ヤングジャンプ」12号の表紙・巻頭グラビアを飾った。

昨年、同誌に登場し反響を呼んだ彼女。12月の漫画誌初グラビアから、わずか2か月弱で同誌史上初となるコスプレイヤーの表紙起用となった。今号のグラビアは一冊通して、人気連載野球コミック「BUNGO-ブンゴ-」応援企画となっており、えなこも主人公・ブンゴのユニフォームを模した水着で表紙に登場。グラビア内容は「学園生活の放課後」をテーマに、様々なクラブ活動姿でえなこが5変化で魅せる。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “日本一のコスプレイヤー”えなこの美ボディがすごい!初となる快挙達成 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】
今読んだ記事

“日本一のコスプレイヤー”えなこの美ボディがすごい!初となる…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事