【2017年ヒット予測/モデル部門】ローレン・サイ(テラスハウス)・hibiki(lol)・堀田茜・わたなべ麻衣・泉里香…年代別に一挙紹介

2017年、頭角を現すモデル、そしてさらなる飛躍が期待できるモデルは?毎年ヒット的中させてきた恒例の「モデルプレスヒット予測」部門別発表のモデル部門。知っていると自慢できる20人を年代別に紹介する。/選考基準:女性ネットユーザーへのリサーチ及び、モデルプレス編集部の目利き(各芸能プロダクションへの忖度一切無し)で選抜。
【2017年ヒット予測/モデル】ローレン・サイ(テラスハウス)・hibiki(lol)・堀田茜・わたなべ麻衣・泉里香…年代別に一挙紹介(C)モデルプレス
【2017年ヒット予測/モデル】ローレン・サイ(テラスハウス)・hibiki(lol)・堀田茜・わたなべ麻衣・泉里香…年代別に一挙紹介(C)モデルプレス

目次

  1. 【年齢非公表/lolのエースがモデル界に新風】hibiki(ひびき/lol)
  2. 【10代前/“名古屋一可愛い”JC】めるる(生見愛瑠/ぬくみ・める)
  3. 【10代前/「ミスセブンティーン」出身の若手注目株】川津明日香(かわず・あすか)
  4. 【10代後/SNSで人気拡大の「Seventeen」モデル】横田真悠(よこた・まゆう)
  5. 【10代後/“世界レベルの美女”というキャッチコピーにも納得】ローレン・サイ(LAUREN TSAI)
  6. 【10代後/こじはる・まいやんに続くか?新たなファッションアイコン】渡邉理佐(わたなべ・りさ/欅坂46)
  7. 【10代後/“甘ギャル”路線「Popteen」次世代エース】なちょす(徳本夏恵/とくもと・なつえ)
  8. 【10代後/唯一無二の“イノセントオーラ”で脚光】モトーラ世理奈(もとーら・せりな)
  9. 【10代後/次世代ギャル“No.1”の注目株、2017年は“女優”スタート】遠山茜子(とおやま・あかね)
  10. 【20代前/「モデル界の新星」母は元ViViモデル】加藤雛(かとう・ひな)
  11. 【20代前/“ローラ×出川”を目指す動画クイーン】ゆきぽよ(木村有希/きむら・ゆき)
  12. 【20代前/次世代のファッションアイコン“Twitterの神”】江野沢愛美(えのさわ・まなみ)
  13. 【20代前/男女注目のまばゆい美ボディ】池上紗理依(いけがみ・さりい)
  14. 【20代前/伸びしろ無限大の「CanCam」看板モデル】堀田茜(ほった・あかね)
  15. 【20代後/看護師からパリコレモデルへ】萬波ユカ(まんなみ・ゆか)
  16. 【20代後/ネクスト“なりたい顔”に浮上】藤野有理(ふじの・ゆり)
  17. 【20代後/男女ともに愛される“インスタの女神”】わたなべ麻衣(わたなべ・まい)
  18. 【20代後/無敵の“エロふわボディ”で男女共に支持獲得】泉里香(いずみ・りか)
  19. 【30代前/“大人可愛い”から脱却 同世代女性の憧れの存在へ】矢野未希子(やの・みきこ)
  20. 【ママ/身長153cm スタイルアップコーデテクが話題のママモデル】二宮こずえ(にのみや・こずえ)


【年齢非公表/lolのエースがモデル界に新風】hibiki(ひびき/lol)

hibiki(C)モデルプレス
hibiki(C)モデルプレス
hibik/画像提供:所属事務所
hibik/画像提供:所属事務所
8月3日生まれ。2015年「日本レコード大賞」で新人賞を受賞した男女混成5人組パフォーマンスグループ・lol(エルオーエル)のメンバー。グループのセクシー担当と称され露出度の高い衣装も着こなす美ボディ、チャーミングな顔立ちが持ち味で、メンバー随一の人気を誇る。

SNSで発信するスタイルが注目を集め、2016年2月よりファッション誌「NYLON JAPAN」のレギュラーモデルとして活躍。モードからキュートまで体現できる力は、歌とダンスの表現力に定評のあるlolで培われたもの。2017年は初の全国ライブツアーを開催するなどグループとしてもさらなる飛躍が期待でき、hibiki個人もモデル界に新風を巻き起こす。

【10代前/“名古屋一可愛い”JC】めるる(生見愛瑠/ぬくみ・める)

生見愛瑠/画像提供:所属事務所
生見愛瑠/画像提供:所属事務所
生見愛瑠/画像提供:所属事務所
生見愛瑠/画像提供:所属事務所
2002年3月6日生まれ、14歳。愛知県出身。愛称は“めるる”。日本最大級のオーディションプロジェクト「TOKYO GIRLS AUDITION 2015」でモデル契約権を獲得し、2015年12月、13歳にして「Popteen」専属モデルに。当時、藤田ニコルら人気モデルを多数育ててきた同誌編集長の森茂穂氏は「この子はきっと将来の『Popteen』を背負って活躍するモデルになります」と太鼓判を押した。

“名古屋一可愛い”と評されるそのキュートなルックスに対し、性格は負けず嫌い。同誌1月号では「本当は目立ちたい。学校でもPopでも目立ちたい」とさらなる向上心をのぞかせており、次世代の「Popteen」看板モデルとなる日も遠くないだろう。

【10代前/「ミスセブンティーン」出身の若手注目株】川津明日香(かわず・あすか)

川津明日香(C)モデルプレス
川津明日香(C)モデルプレス
2000年2月12日生まれ、15歳。東京都出身。2014年、数々の人気女優を輩出した「ミスセブンティーン」でグランプリを獲得し、雑誌「Seventeen」専属モデルとして活動をスタート。2015年放送のスペシャルドラマ「黒崎くんの言いなりになんてならない」(日本テレビ系)で女優デビューを果たし、2016年公開の同タイトル映画にも出演。

川津明日香(C)モデルプレス
川津明日香(C)モデルプレス
また、菅野美穂主演ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)では、女子高生・橋口成美を演じ“お兄ちゃん”こと高野和樹(佐野勇斗)を気にかけつつ、和樹が盗撮した写真をばら撒くシーンで視聴者に印象づけた。2017年夏公開の映画「兄に愛されすぎて困ってます」にも出演することが決定している、注目株である。

【10代後/SNSで人気拡大の「Seventeen」モデル】横田真悠(よこた・まゆう)

横田真悠(C)モデルプレス
横田真悠(C)モデルプレス
1999年6月30日生まれ、17歳。東京都出身。「ミスセブンティーン2014」グランプリに選ばれ、同誌に専属モデルとして加入。親しみやすい癒し系のベビーフェイスに167cmの抜群のスタイルで、じわじわと読者人気が高まり、2016年1月号には大友花恋と2ショット表紙を飾った。

大友花恋、横田真悠(C)モデルプレス
大友花恋、横田真悠(C)モデルプレス
SNSでファンと密な交流を通じて支持を得ていくタイプで、頻繁に更新されるInstagramは、現在フォロワー10万人超。レギュラー出演中のNHKEテレ「すイエんサー」とAbemaTV「AbemaTVナビ」では、天真爛漫なキャラクターとコミュニケーション能力の高さを発揮しており、タレントとしてのブレイクも予感させる。

【10代後/“世界レベルの美女”というキャッチコピーにも納得】ローレン・サイ(LAUREN TSAI)

ローレン・サイ/PHOTO:筒井翼
ローレン・サイ/PHOTO:筒井翼
1998年2月11日生まれ、18歳。アメリカ・マサチューセッツ州出身。中国系とヨーロッパ系のハーフ。FODとNetflixで先行配信されている人気リアリティーショー「テラスハウス」の新シーズン「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」(フジテレビ系)のメンバー。“世界レベルの美女”というキャッチコピーにも納得の18歳とは思えない落ち着いた雰囲気と美貌で、配信開始直後から「美しすぎる」「番組史上最強の美女」などネット上でも大きく話題となった。

ローレン・サイ(C)モデルプレス
ローレン・サイ(C)モデルプレス
モデルとしては「Lala」(ララ)という名前で活動中。11月には米ハワイ州ホノルルのハワイコンベンションセンターで開催され、小嶋陽菜や梨花も登場したファッションの祭典「ホノルル・ファッションウィーク」にモデルとして出演するなど、その活躍はすでに世界を股にかける。これまで「テラスハウス」をきっかけにブレイクした人物が多数いるだけに、現メンバーで存在感を発揮するLalaはその筆頭候補であることは間違いない。

【10代後/こじはる・まいやんに続くか?新たなファッションアイコン】渡邉理佐(わたなべ・りさ/欅坂46)

渡邉理佐/画像提供:所属事務所
渡邉理佐/画像提供:所属事務所
1998年7月27日生まれ、18歳。茨城県出身。女性ファッション誌で活躍する専属モデルが多数在籍する乃木坂46の妹分、欅坂46のメンバー。愛称は“ベリサ”。2016年10月開催のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER」でモデルとして初めてランウェイを歩く。女の子から取り分け高い支持を集める「LARME」の誌面を飾った経験もあり、新規の女性ファンが増え続けている。

渡邉理佐(C)モデルプレス
渡邉理佐(C)モデルプレス
またバラエティ番組で見せるサバサバとしたクールな性格、それでいて不器用な優しさを持つことからにじみ出るギャップで古参ファンの心もつかんで離さない。もともと女性ウケする整った顔立ちやキャラクターなど、AKB48の小嶋陽菜、乃木坂46の白石麻衣らに通ずる部分も多く、新たなファッションアイコンとして声がかかることもありそうだ。

【10代後/“甘ギャル”路線「Popteen」次世代エース】なちょす(徳本夏恵/とくもと・なつえ)

徳本夏恵/画像提供:所属事務所
徳本夏恵/画像提供:所属事務所
「Popteen」10月号(角川春樹事務所、2016年9月1日発売)表紙:徳本夏恵、藤田ニコル
「Popteen」10月号(角川春樹事務所、2016年9月1日発売)表紙:徳本夏恵、藤田ニコル
1998年7月20日生まれ、18歳。大阪府出身。愛称は“なちょす”。2016年「Popteen」5月号にて誌面に初登場。10月号にて専属モデルデビューと同時に初表紙を飾るという異例の快挙を成し遂げる。

12月号では、にこるん(藤田ニコル)・みちょぱ(池田美優)とともに3ショットで2度目の表紙に抜擢。現在誌面ではにこるん・みちょぱにゆらゆら(越智ゆらの)を加えた同誌の3トップ“ゆらちょぱるん”に次ぐ扱いと、“甘ギャル”路線の次世代エースとして活躍。ヘアメイクによってガラッと印象が変わるビジュアルは、モデルとして無限の可能性を感じさせる。

【10代後/唯一無二の“イノセントオーラ”で脚光】モトーラ世理奈(もとーら・せりな)

モトーラ世理奈(Photo:Yoshihiro Ueno)
モトーラ世理奈(Photo:Yoshihiro Ueno)
RADWIMPS『人間開花』(2016年11月23日発売)初回盤
RADWIMPS『人間開花』(2016年11月23日発売)初回盤
1998年10月9日生まれの、18歳。東京都出身。2014年に原宿でスカウトされ、翌年に雑誌「装苑」へ登場して話題になった。現在は雑誌「NYLON JAPAN」をはじめ、ファッションブランドのイメージキャラクター、動画などに幅広く起用されている。

モートラ独特のイノセントな雰囲気は、ロックバンド・RADWIMPSのニューアルバム「人間開花」のジャケットビジュアルに抜てきされたことで、一躍脚光を浴びることに。その世界観は、Instagramにも表れており、魅了される人が続出中。活動開始から2年ほどだが、雑誌出演の回数は急激に増えており、モード誌に欠かせないモデルへと成長する可能性を十分に秘めている。

【10代後/次世代ギャル“No.1”の注目株、2017年は“女優”スタート】遠山茜子(とおやま・あかね)

遠山茜子(C)モデルプレス
遠山茜子(C)モデルプレス
1998年1月6日生まれ、18歳。愛知県出身。2016年8月、雑誌「週刊プレイボーイ24号」上で開催された「ギャルオーディション2016」でグランプリ。日本人離れしたルックスと正統派ギャルの系譜を踏む風貌で“No.1ギャル”として一躍注目。

遠山茜子(C)モデルプレス
遠山茜子(C)モデルプレス
その後、ギャル系雑誌出演や「マツコの知らない世界」(TBS系)にギャル役として登場。2017年1月3日放送の嵐・櫻井翔主演の新春ドラマ「君に捧げるエンブレム」(フジテレビ)で女優デビュー。初ドラマ出演にかかわらず、大型ドラマで大きな役を勝ち取るなど、そのポテンシャルは未知数。業界から熱い視線が注がれている注目株だ。

【20代前/「モデル界の新星」母は元ViViモデル】加藤雛(かとう・ひな)

加藤雛 (C)モデルプレス
加藤雛 (C)モデルプレス
1996年12月13日生まれ、20歳。兵庫県出身。母親が雑誌「ViVi」の元モデルで、自身は「Miss teen Japan 2014」ファイナリスト、「ティーンズスタイルアワード2013」グランプリという経歴を持つ。現役大学生ながらも、2016年11月に雑誌「S Cawaii!」12月号より専属モデルに決定し、モデル業を本格的にスタート。

加藤雛(C)モデルプレス
加藤雛(C)モデルプレス
スッキリとした目鼻立ちと165cmの長身はザ・モデルの雰囲気が漂う。モデル界のエリート加藤雛、2017年の飛躍を予感させる。

【20代前/“ローラ×出川”を目指す動画クイーン】ゆきぽよ(木村有希/きむら・ゆき)

ゆきぽよ(C)モデルプレス
ゆきぽよ(C)モデルプレス
1996年10月23日生まれ、20歳。神奈川県出身。フィリピンとスペインのハーフの母親を持つ。元「egg」読者モデルで、Vine動画が「面白い」と女子中高生を中心に支持を得て、再生回数が6000回を超えた“動画クイーン”。

ゆきぽよ(C)モデルプレス
ゆきぽよ(C)モデルプレス
2016年7月に舞台「膨らむ魚」で女優デビュー。8月には、ラップ界の“隠れモンスター”ACE(エース)とフィーチャリングし、配信限定シングル「#パリピ」をリリースするなど様々なジャンルに挑戦してきた。「見た目はローラ、中身は出川哲朗とイモトアヤコ」と唯一無二の目標を掲げており、バラエティ方面での活躍に期待したい。

【20代前/次世代のファッションアイコン“Twitterの神”】江野沢愛美(えのさわ・まなみ)

江野沢愛美(C)モデルプレス
江野沢愛美(C)モデルプレス
1996年11月1日生まれ、20歳。千葉県出身。2008年より雑誌「ピチレモン」専属モデルとしてティーンから圧倒的な人気を集め、現在「Seventeen」専属モデルとして活躍中。NHK Eテレ「すイエんサー」にレギュラー出演するほか、2017年2月に公開の映画「傷だらけの悪魔」の主演に抜てき、水着やファッションコスメをプロデュースするなど多方面で才能を発揮している。

江野沢愛美(C)モデルプレス
江野沢愛美(C)モデルプレス
特筆すべきは、“Twitterの神”と呼ばれるSNS発信力の高さで、ファンとの交流も積極的に行っている点。プロデュース商品が支持を集めているあたり、愛らしい容姿だけでなく、抜群のセンスも人気のポイントであることがわかる。2017年、「憧れ+親近感」の絶妙バランスでさらなる飛躍をねらう。

【20代前/男女注目のまばゆい美ボディ】池上紗理依(いけがみ・さりい)

池上紗理依(C)唐木貴央/週刊ヤングマガジン
池上紗理依(C)唐木貴央/週刊ヤングマガジン
1995年10月19日生まれ、21歳。新潟県出身。9歳の頃から子役として活動を始め、2012年には「ミスヤングチャンピオン グランプリ」を受賞。透明感たっぷりの色白美肌とぽってりとした唇、T157・B80・W58・H82の美ボディで様々な雑誌のグラビアを飾り、人気を上昇させている。

また、女優としても舞台経験を重ね、2017年には映画「イタズラなKiss THE MOVIE2~キャンパス編~」に出演。さらに、雑誌「LARME」のレギュラーモデルとしても活躍しており、キュートなルックスで女性からの支持も。メディアに登場する度に「カワイイ…逸材の予感」「一瞬で惚れました」などと男女から注目を浴びていることから、露出が増えれば瞬く間にブレイク街道を突き進みそう。

【20代前/伸びしろ無限大の「CanCam」看板モデル】堀田茜(ほった・あかね)

堀田茜(C)モデルプレス
堀田茜(C)モデルプレス
堀田茜(C)モデルプレス
堀田茜(C)モデルプレス
1992年10月26日生まれ、24歳。東京都出身。立教大学在学中に“ミスすっぴん美人”に選出され、2014年より「CanCam」専属モデル。2015年春の大学卒業と同時に、2013年よりレギュラー出演していた朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)を卒業。

その後は「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の“出川ガール”を始め、バラエティ番組の出演も絶えず、整ったルックスと、真面目なキャラクターで、出演の度に新規のファンを獲得してきた。さらに、ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)のほか、2016年は合わせて3本のドラマに出演。幅広い分野で知名度を拡大しており、本格ブレイクに向けて下地は充分に整った。

【20代後/看護師からパリコレモデルへ】萬波ユカ(まんなみ・ゆか)

萬波ユカ(C)モデルプレス
萬波ユカ(C)モデルプレス
1991年8月23日生まれ、25歳。三重県出身。大学卒業後、看護師として1年間勤務していたが、「人生1回だから、やりたいことをやろう」と思ったことをきっかけに上京。2015年7月にモデル事務所に所属するやいなや、「UNIQLO」の広告モデルや「FENDI」の来日ショーに出演。同年9月に行われた「FENDI」にてミラノコレクション、「Olympia Le-Tan」などでパリコレデビューも果たした。

萬波ユカ(C)モデルプレス
萬波ユカ(C)モデルプレス
現在世界中を股に掛け、ショーモデルとして活躍している彼女だが、日本では「VOUGE」や「ELLE」などのモード誌を中心に活躍。一方自身のInstagramでは、お茶目な素顔を投稿することが多く、「可愛いし、面白い」「ランウェイでのクールな姿と全然違う」など、“ギャップ”にやられている女性ファンが多い。今後も、日本でも世界でも活躍するモデルとして注目を集めるだろう。

【20代後/ネクスト“なりたい顔”に浮上】藤野有理(ふじの・ゆり)

1990年11月23日生まれ、26歳。岩手県出身。玉城ティナらを輩出したオーディション「ミスiD」で2016年「ミスiD 2016」を受賞。その後、美容モデルを中心に露出を増やすと、圧倒的な美貌とミステリアスなオーラに注目が集まり、「MAQUIA」「美的」「VOCE」など美容誌ではレギュラーモデル的ポジションとなるほど引っ張りだこに。登場の度に「この可愛い子は誰?」と話題を集め、いま女性が憧れる“なりたい顔モデル”に浮上している。

CMやMVなど映像界にも進出しており、透明感抜群のルックスは各ジャンルで注目の的。美容モデルの枠を超え、女優、タレントとしても活躍する可能性も秘めた注目株だ。

【20代後/男女ともに愛される“インスタの女神”】わたなべ麻衣(わたなべ・まい)

わたなべ麻衣(C)モデルプレス
わたなべ麻衣(C)モデルプレス
1989年9月23日生まれ、27歳。広島県出身。本格的な芸能活動前から、愛らしいルックスが「可愛すぎる」とInstagramで話題を呼び、“インスタの女神”と称される。なかでもトレードマークでもある唇をとがらせた“ぷぅ顔”はトレンドになるほどで、「20代のなりたい顔ナンバーワンモデル」と女性から高く支持される。一方、昨年グラビアで披露したFカップのマシュマロボディにも注目が寄せられ、男性人気も急上昇中だ。

わたなべ麻衣(C)モデルプレス
わたなべ麻衣(C)モデルプレス
着実に活躍の場を広げ、作品ごとに様々な表情を見せる彼女。今後演技にも挑戦したいと本人が公言している通り、女優シーンでもその力が活かされていくだろう。

【20代後/無敵の“エロふわボディ”で男女共に支持獲得】泉里香(いずみ・りか)

泉里香(C)モデルプレス
泉里香(C)モデルプレス
1988年10月11日生まれ、28歳。京都府出身。約7年半専属モデルをつとめた雑誌「Ray」卒業後、「美人百花」や「MAQUIA」など多数の女性誌にレギュラー出演し、同世代の女性から圧倒的な支持を集めている。

泉里香(C)モデルプレス
泉里香(C)モデルプレス
また、誰もが憧れる“エロふわボディ”を武器に、2016年11月には「週刊 ヤングジャンプ」にて初の男性誌表紙で水着グラビアを解禁。「ヤングジャンプ」以外にも同月発売の「美人百花」「MAQUIA」でも表紙を飾り、自身初の3誌同時表紙も達成。女性からも男性からも支持されている彼女は、この勢いのまま2016年も数多くの表紙を飾りそうだ。

【30代前/“大人可愛い”から脱却 同世代女性の憧れの存在へ】矢野未希子(やの・みきこ)

1986年12月4日生まれ。30歳。大阪府出身。愛称は“みっこ”。高校在学時からモデル活動をはじめ、「non・no」「MORE」など各ファッション誌で表紙を飾るなど、そのキャリアは10年以上。

シンプルかつファッショナブルな私服にも定評があり、2016年2月より「Oggi」専属モデルに加入、8月からは表紙キャラクターに就任。それまでの“大人可愛い”路線から一転、同世代女性が憧れる凛とした女性を体現し、人気を拡大している。

【ママ/身長153cm スタイルアップコーデテクが話題のママモデル】二宮こずえ(にのみや・こずえ)

雑誌「mamagirl」などで活躍する35歳のママモデル。6歳の長女と4歳の長男を持つ2児の母。Instagramでは、プチプラアイテムやクセのあるアイテムを上手く取り入れた私服スタイルを公開。身長153cmとは思えないスタイルアップコーデが人気を呼び、フォロワー数は6万人を超える。

カジュアルからモード、レディスタイルまで幅広く網羅するファッションセンスはもちろん、ハッピーオーラに溢れる家族写真も公開しており、「理想の家族」としても注目を集めている。(modelpress編集部)

2017年ヒット予測【女優】編はこちら


【2017年ヒット予測】「モデルプレス2017年ヒット予測」発表 ファッション、メイク、ダイエット、グルメ、旅、エンタメの注目を総まとめ



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 【2017年ヒット予測/モデル部門】ローレン・サイ(テラスハウス)・hibiki(lol)・堀田茜・わたなべ麻衣・泉里香…年代別に一挙紹介
今読んだ記事

【2017年ヒット予測/モデル部門】ローレン・サイ(テラスハウ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事