インスタグラム、新機能「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」を発表

0
0
インスタグラムが米国時間2日、従来のフィードへの投稿に加えて、日常のあらゆる瞬間をシェアすることができる新機能「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」を発表。シェアした写真や動画は、ユーザーのストーリーとしてスライドショー形式で表示される。
インスタグラム、新機能「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」を発表
インスタグラム、新機能「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」を発表

気軽に投稿可能!24時間後には自動削除

Instagram Storiesでは投稿の頻度や回数を心配する必要はなく、存分にクリエイティビティを発揮しながら多くのコンテンツをシェアすることが可能。テキストツールやおえかきツールを使用して、ユーザーのストーリーを新たな方法で表現することができ、Instagram Storiesでシェアされた写真や動画は、投稿後24時間で自動的に消え、プロフィール画面やフィードには表示されなくなる。

Instagram Storiesの使用方法

使い方は簡単で、友達からお気に入りの人気アカウントまで、すでにインスタグラム上でフォローしているアカウントのストーリーは、フィード画面上部にバーのように横並びに表示される。新しいストーリーが投稿されると、プロフィール写真の枠がレインボーカラーになり、それぞれのプロフィール写真をタップするとシェアされたストーリーが閲覧可能に。

Instagram Storiesの使用方法は誰でも簡単に
Instagram Storiesの使用方法は誰でも簡単に
そして写真や動画を再生中に画面をタップすると、その投稿者のひとつ前や次の投稿を見ることができ、横へスワイプすると、他の利用者がシェアしたストーリーへ飛べるなど、自分のペースで再生することが可能となっている。また、コメントを送りたい場合は画面左下の「メッセージを送信」をタップすれば、Instagramダイレクト機能で非公開メッセージを送信することができる。

従来の投稿と違って「いいね!」や公開コメントはつかず、ストーリーの公開範囲はアカウント自体のプライバシー設定に則している。アカウントが非公開設定の場合、ストーリーを閲覧できるのはフォロワーのみ。ストーリーを公開したくない相手がいる場合は、その利用者からフォローされていても、ストーリーを隠す(公開範囲から外す)ことも可能。また、自分が投稿したストーリーを再生中に画面を上方向にスワイプすると、誰が閲覧したかを確認することもできる。さらに、シェアしたストーリーの一部を、従来のプロフィール画面に投稿することも可能となっている。

落書きもInstagram Storiesで可能
落書きもInstagram Storiesで可能
これまでインスタグラムは、記憶に留めたい大切な思い出をシェアする場所となっていたが、今後はそんな日々のハイライトに加えて、その合間に存在する何気ない瞬間も気軽にシェアできるように。Instagram StoriesはiOS・アンドロイド版ともに、全世界で今後数週間以内に展開予定。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - インスタグラム、新機能「Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)」を発表
今読んだ記事

インスタグラム、新機能「Instagram Stories(インスタグラム …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事