土屋太鳳、福士蒼汰への思いを語る

【土屋太鳳・福士蒼汰/モデルプレス=2月19日】女優の土屋太鳳が、18日付でブログを更新。土屋がヒロイン役で出演する4月スタートの日本テレビ系ドラマ「お迎えデス。」(毎週土曜、よる9時~)で主演を務める俳優の福士蒼汰について「とても心強い」と印象を語った。
土屋太鳳、福士蒼汰への思いを語る(C)モデルプレス
土屋太鳳、福士蒼汰への思いを語る(C)モデルプレス

土屋太鳳、福士蒼汰は「とても年上の大人に感じる」

これまでもドラマ特別企画「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」、映画「図書館戦争 THE LAST MISSION」で共演してきた2人。土屋は「年齢は1歳しか違わないのにとても年上の大人に感じる役者さん」と印象をつづり、「今回、収録した番宣でもいろいろとフォローしてくださって、とても心強く、勉強になってます」と“座長”福士に信頼を寄せている様子。

福士との撮影オフショットを公開するとともに「失礼のないよう、全力で幸として、ぶつかっていこうと思います!」と決意を語った。

福士蒼汰×土屋太鳳が奇抜なラブコメに挑む

土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス
福士蒼汰(C)モデルプレス
福士蒼汰(C)モデルプレス
ドラマ「お迎えデス。」は、1999年から「LaLa」(白泉社)で連載された田中メカ氏による少女漫画が原作で、幽霊の未練を叶える中で育まれるちょっと奇抜なラブコメディー。福士は幽霊を自分の体に「憑依」させることができる不思議な能力を持つ大学生・堤円を、土屋は、円とともに幽霊の未練を解決する猪突猛進の女子大学生・阿熊幸を演じる。

同局のドラマ初出演となる土屋は「私自身、たくさんの魅力的な作品をわくわくしながら拝見してきました。なんとなく『キラキラした作品』を多く観てきた印象がある枠なので、緊張の気持ちはありますけど、思いきり演じたいと思います!」と撮影に向け意気込みをつづっている。

人気少女漫画を実写化 ファンから期待の声高まる

人気少女漫画の実写化とあり、発表時から「福士くんと太鳳ちゃんでお迎えデス!期待しかない」「すごい面白そう」「お迎えデス。楽しみ~」と期待の声が上がっていたが、今回の投稿にもファンからは「太鳳ちゃん土9ドラマ決定おめでとう!新しい太鳳ちゃんが観られそうでワクワクしています」「福士くんと太鳳ちゃん、大好きな2人で楽しみでしょうがないよ」「太鳳ちゃんドラマ嬉しいです。素敵な雰囲気が伝わってくる」などコメントが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 土屋太鳳、福士蒼汰への思いを語る
今読んだ記事

土屋太鳳、福士蒼汰への思いを語る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事