與真司郎、公開スカウト「AAAに入ってくれないかな」

参照回数:996,416

【モデルプレス】男女7人組パフォーマンスグループ・AAA(トリプル・エー)の與真司郎が、公開スカウトをした。
「第28回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会に審査員として参加したAAA與真司郎【モデルプレス】
「第28回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会に審査員として参加したAAA與真司郎【モデルプレス】
瀧上伸一郎(流れ星)、鳥潟和道さん、ちゅうえい
瀧上伸一郎(流れ星)、鳥潟和道さん、ちゅうえい
23日、都内で行われた雑誌「JUNON」主催の「第28回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」最終選考会に審査員として参加。以前他のメンバーと登場したことはあるが、一人では初めてのため「なかなか緊張します」という與。「自分もエイベックスのオーディションで勝ち上がって来たタイプなので」と感慨深い心境で審査を務めた。

パフォーマンス審査では、秋田県出身の17歳・鳥潟和道(とりかたかずみち)さんが“アクロバティックミット打ち”と題し、バク宙とキックボクシングを披露。コメントを求められた與は「アクロバットがすごくて、AAAに入ってくれないかな」と公開スカウト。MCのお笑いコンビ流れ星を「まさかここでスカウト発言ね」と驚かせた。

與が“公開スカウト”をした鳥潟和道さんのパフォーマンス
與が“公開スカウト”をした鳥潟和道さんのパフォーマンス

“告白”は「今でもできない」

1988年にスタートした同コンテストは「あなたの隣のすてきな男の子、推せんしてください」をキャッチフレーズに、「JUNON」にふさわしい“さわやかなハンサムボーイ”を選出。芸能事務所などに所属していない12歳~22歳の男子を対象とし、今年は1万3948人の応募が殺到。最終選考会には読者投票で選ばれた12名の候補者が参加し、自由なパフォーマンスやゲスト審査員の新川優愛を相手とした“告白”審査でアピール。「容姿」「ファッションセンス」「個性」「タレント性」「将来性」の5項目を基準とした審査が行われ、グランプリには北海道出身の19歳の飯島寛騎(いいじまひろき)さん、準グランプリには長野県出身の17歳の岡宮来夢(おかみやくるむ)さんが決定した。

(左から)山本裕典、飯島寛騎さん、新川優愛、與真司郎(AAA)
(左から)山本裕典、飯島寛騎さん、新川優愛、與真司郎(AAA)
イベント後、グランプリの飯島さんと共に囲み取材に応じた與は「自分も14歳でオーディションを受けたので、こっちまで見ててソワソワしちゃって、素晴らしいなと思いました」とコメント。パフォーマンス審査ではダンスミュージカル、スポーツ、ピアノなどバラエティ豊かな特技をファイナリストがそれぞれ行ったが、自身のオーディション時は「踊るだけであんなこと出来なかった」と思い返し、「皆さん本当に凄い」としきりに感心。“告白”審査についても「あんなの…今でもできないです」と明かし、隣に新川がいたため記者に「今やりますか?」と振られると慌てて「いやいや!俺がやっても」と笑っていた。(modelpress編集部)

コンテスト結果

グランプリ:飯島寛騎(いいじまひろき)北海道/19歳/大1/175cm/57kg/B型
準グランプリ:岡宮来夢(おかみやくるむ)長野県/17歳/高2/172cm/56kg/O型
フォトジェニック賞:阪本一樹(さかもといつき)兵庫県/17歳/高2/175cm/53kg/A型
審査員特別賞:今川碧海(いまがわあおい)東京都/16歳/高2/163cm/47kg/A型
笠原崇志(かさはらたかし)神奈川県/21歳/大3/173cm/53㎏/A型
明色美顔ボーイ賞:大熊隆也(おおくまりゅうや)東京都/18歳/高3/170cm/60kg/A型

「第28回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」

司会:流れ星、若井友紀子
審査員:山本裕典、新川優愛、與真司郎(AAA)、コンテスト協賛各社代表、JUNON誌上で募集した読者代表審査員50名、栃丸秀俊氏(JUNON編集長/コンテスト審査員長)
歴代ジュノン・ボーイゲスト:植田圭輔(第19回ファイナリスト)、菅田将暉(第21回ファイナリスト)、稲葉友(第22回グランプリ)、上遠野太洸(第23回グランプリ)、西川俊介(第26回準グランプリ)、西銘駿(第27回グランプリ)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 與真司郎、公開スカウト「AAAに入ってくれないかな」
今読んだ記事

與真司郎、公開スカウト「AAAに入ってくれないかな」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事