長谷川潤“3カ国語”で子育て 結婚の決め手も明かす

0
0
モデルの長谷川潤が、子育てのポリシーを明かした。
子育てについて語った長谷川潤【モデルプレス】
子育てについて語った長谷川潤【モデルプレス】
長谷川潤
長谷川潤
5日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系、毎週木曜よる10時)に出演。番組では、5年前にも訪れたことがあるお気に入りのスポット・屋久島へ。中でも、大川(おおこ)の滝に感銘を受けた様子の長谷川は「悩みがある人に来てほしい」と勧め、自身も子育てに対して悩んでいることを吐露した。

幼少期、ハワイで育ち、15歳で来日。2011年、25歳のときに中国系アメリカ人の一般男性と結婚し、二人の子どもに恵まれた彼女は現在、ハワイを拠点に生活を送っている。

二人の子どもを3カ国語で育てているという長谷川は、英語は学校、日本語は長谷川、中国語は夫が教えていることを紹介。3つの言葉を教えることへの思いを「子どもたちの世界がばーって広がる。だから言葉は最高のギフト」と語り、母親の顔をのぞかせた。

夫との結婚の決め手は?

また、同じくゲスト出演した浅田舞から、夫との“結婚の決め手”について聞かれた長谷川。恋人の存在を公言している浅田に向けて、長谷川は「旦那と付き合って、付き合いたての自分は全然結婚に興味がなかった」と告白するも「急に彼の子どもが欲しいと思った。それイコール結婚だなって」と当時の心境の変化を明かした。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 長谷川潤“3カ国語”で子育て 結婚の決め手も明かす
今読んだ記事

長谷川潤“3カ国語”で子育て 結婚の決め手も明かす

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事