劇団EXILE町田啓太“現実離れした役”を熱演「とてもお似合いだった」

参照回数:157,904

【モデルプレス】劇団EXILEの町田啓太が、“現実離れした役”を演じきった。
劇団EXILE町田啓太“現実離れした役”を熱演「とてもお似合いだった」【モデルプレス】
劇団EXILE町田啓太“現実離れした役”を熱演「とてもお似合いだった」【モデルプレス】
(左から)松尾スズキ、谷村美月、町田啓太
(左から)松尾スズキ、谷村美月、町田啓太
6日、東京・NHK放送センターにて行われた岐阜発地域ドラマ『ガッタンガッタンそれでもゴー』(BSプレミアム、10月28日よる10時~)の完成披露試写会に共演の谷村美月、松尾スズキとともに出席。

同作で幼い頃からアメリカへ憧れを抱きながらも、老舗温泉旅館の跡取り息子であるがゆえに地元を離れることができない青年・森田信一を演じた町田は、劇中でテンガロンハットにウェスタンブーツといった“カウボーイ”ファッションを披露。制作統括をつとめた伊丹晃氏からは「ちょっと現実離れしている役で最初は大丈夫かなと思ったんですけど、町田さんに演じてもらって本当に良かった。とてもお似合いだったし、“カウボーイになりたい少年”っていうのがすごく自然でした」と絶賛された。

また、実在の人物をモデルにしていることもあり、町田は「元の方がいたりすると、『ちゃんとしないとな』とすごく思うんですけど、また今度お会いした時に感想をお伺いしてみたい」と語った。

(左から)松尾スズキ、谷村美月、町田啓太
(左から)松尾スズキ、谷村美月、町田啓太

自然豊かな飛騨を舞台に描く

同作は開局75周年を迎えたNHK岐阜放送局が手がけ、奥飛騨で悩みながら生きる若者達が、地域の人々や知られざる土地の宝との出会いを通じ、自分の進む道を見出していく姿を描いた物語。

このほか、会見には岩井秀人氏(脚本)らが出席した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 劇団EXILE町田啓太“現実離れした役”を熱演「とてもお似合いだった」
今読んだ記事

劇団EXILE町田啓太“現実離れした役”を熱演「とてもお似合いだっ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事